10.1 リニューアル
「美肌菌※」は「うるおい」を好む。

QuSomeモイスチャーゲルクリーム

<ゲル>

30g / 1.06oz

販売価格: 6,600円 (税込)

※皮膚常在菌の一種 ※1 QuSome化製造している成分量を旧QuSomeモイスチャーゲルクリームと比較した値

繰り返す肌悩みからの脱却「美肌菌を育てる」という新着想

QuSomeモイスチャーゲルクリーム

肌には、すこやかに保つための美肌菌が常在しています。ダメージを抱えた乾燥肌は、肌悩みを撃退する美肌菌が減少し、反対にアクネ菌などは活発状態に。だから、トラブルが連鎖し、繰り返されてしまう…。保湿力を極め、美肌菌が好む肌環境を整えるだけでなく、育成をサポートすることで、ゆらがない肌へ導きます※肌荒れ

こんなお悩みありませんか?

  • Check 治っても、しつこく出来る
    ブツブツ
  • Check アクネ菌ケア製品による肌荒れや乾燥
  • Check 時間が経つと失われてしまう、みずみずしさ・透明感
  • Check 改善されない毛穴の黒ずみ、肌のごわつき
  • Check 合ってると思った化粧品なのに、ゆらぎやすい肌状態

そんな肌悩みに必要なのは

ダブル処方

2種類のQuSome
処方1
処方1
美肌菌のエネルギーとなる成分で育成をサポート。さらに、乾燥知らずのたっぷり保湿で、美肌菌にとって何よりも心地の良い肌環境に整えます。
QuSome® Control Complex
BioEcolia®︎
BioEcolia®美肌菌をサポート、すこやかな肌を育む
アミトース®︎MGA
アミトース®MGA美肌菌を守り、肌バランスを整える※アミトースは(株)成和化成の登録商標です
アクアタイド®︎
アクアタイド®うるおいを蓄える力を高める
処方2
処方2
バリア機能を強化しながら、肌トラブルをダイレクトケア。すこやかな肌状態を保つことで、美肌菌を活性化する環境を整え直します。※肌荒れ
QuSome® Prevention Complex
セラメーラHG
セラメーラHG外的ストレスから守る
Azeclair™
Azeclair™オイリー肌の水分バランスを整える
ナイアシンアミド
ナイアシンアミド 肌荒れを防ぐ
10.1 リニューアル
守り抜く。一点の曇りもない肌へ

QuSomeモイスチャーゲルクリーム

<ゲル>

30g / 1.06oz

販売価格: 6,600円 (税込)

ひと足お先に体験された方々より
実感の声が届いています!

ゆかりさん
ゆかりさん(30代後半)

「つけた瞬間から、保湿感が上がったのを感じます」

もともと肌がゆらぎやすく、生理周期であご周りのブツブツを繰り返したり、肌表面はオイリーなのに、内側が乾燥している感じもあって。
でもこのゲルは、肌につけただけで感じる保湿感が好き!「美肌菌の育成をサポートして、ゆらがせない」という新発想のコンセプトも私の肌に合っているなって実感できます。

美菜子さん
美菜子さん(40代後半)

「ゲルの長年愛用者ですが、もう新しいゲルのファンです」

今までのゲルが大好きだったので、どんな風に変わるのかなぁと思っていました。指でつけるときのゲルにしかないみずみずしさも、肌に乗せたときのうるおい感もアップしていて、試してから数回ですっかり新しいゲルのファンです。
肌の乾燥やごわつきが特に気になる季節になっても、これ一つだけで乗り切れそうです。

よくある質問

Q1旧QuSomeモイスチャーゲルクリームとの違いは何ですか?
A

「自ら水分を生み出す力と、蓄える力」の根本にアプローチする旧製品の魅力とサラッとしたテクスチャーはそのままに、「美肌菌育成」や「肌荒れケア」の新機能がプラスされ、さらにパワーアップしています。

Q2ニキビがあるときも使用できますか?
A

乾燥により角質層が厚く硬くなると毛穴を塞ぎ、ニキビの原因となります。特に肌が乾燥する大人ニキビには保湿を高めることが大切です。ニキビ肌に負担をかけず角層の奥にまでたっぷりとうるおいを与え、保持してくれます。

Q32種類のコンプレックスを配合しているのはどうしてですか?
A

バリア機能を強化するコンプレックスと、肌の常在菌に働きかけるコンプレックスを配合することにより、どんなときもゆらがない肌環境に整えます。

Q4肌の菌をコントロールすることで、どうなるのですか?
A

肌の保湿力、バリア機能がしっかりと働き、安定したすこやかな肌状態を維持することができます。

Q5ニキビの原因といわれるアクネ菌をなくすことはできますか?
A

悪者だと思われているアクネ菌は、肌を弱酸性に保っている必要な常在菌の一つです。 肌環境や食生活、ストレスによって増加すると肌トラブルを引き起こします。逆に減少し過ぎると肌がアルカリ性に傾き、菌バランスが崩れることで肌状態が悪化します。アクネ菌は、肌をすこやかに保つ菌の一つなので、うまく付き合っていくことが大切です。

Q6QuSomeモイスチャーゲルクリームは、しわやたるみが気になる肌にも使えますか?
A

すこやかな肌は弱酸性に保たれていますが、それは「美肌菌」のおかげです。トラブルを抱えた肌は酸性に傾きやすく、年齢肌が加速する環境。安定した肌状態をキープしてくれる「美肌菌」はうるおいに満ちた肌を好むので、保湿力の高いQuSomeモイスチャーゲルクリームをぜひお使いください。

Q7肌の常在菌とは具体的にはどのようなものなのですか?
A

肌には目に見えない「皮膚常在菌」が常在しています。代表的なものでは、善玉菌と呼ばれる「表皮ブドウ球菌」、日和見菌である「アクネ菌」、「悪玉菌」といわれている「黄色ブドウ球菌」です。 これらの菌は、それぞれバランスを取りながら、肌のうるおいを保ち、安定した状態を維持しています。 すこやかな常在菌バランスを維持することは、美肌の条件の一つです。

HOW TO USE使い方
INGREDIENTS全成分
TOP