数量限定!豪華特典付キャンペーン

TOP

 

ナチュラルクレイ・化粧品の開発秘話

私が、この不可思議な鉱物・クレイと出会ったのは1983年の春、大手の製薬会社に勤める友人から、クレイを長年にわたり研究していた理工学者の手塚先生を紹介されたのがきっかけでした。当時、手塚先生は、大手企業の新規事業プロジェクトの傘下でクレイを主剤としたスキンケア商品の開発に没頭されていました。

クレイの持つさまざまな効用について時間をかけてご説明くださった先生の目の輝きは今でも忘れません。

モンモリロナイト顕微鏡写真

「クレイがスキンケア製品を作るのに適している理由は、まず、メイク汚れや垢などの肌表面の汚れはもちろん、毛穴に詰まった老廃物、皮脂、ニキビ菌などを吸着してくれることです。が、それだけではなく実はクレイは同時に面白い働きをするのです。クレイには独特の“イオン交換”という機能があって、クリーム状に仕上げる段階で配合した保湿剤や抗炎症剤などの有効成分を、肌表面や毛穴の内部で放出して、代わりに不用な老廃物や皮脂を吸着してはなさないのです。」

「汚れを吸着したクレイは酸素を求めて毛穴から勝手に出て行ってくれるということ。洗顔などに使うには最高の素材なのです。界面活性剤を使った洗顔剤と違って肌を痛めたり、乾燥させたりすることもないのです。」

このように、スキンケア製品を作るための素晴らしい素材であるクレイなのですが、手塚先生は、「クレイを使ったこのプロジェクトは全く初めての試みで、過去の事例がないために、どのように販売していいのかさっぱり見当がつかない」という悩みもお持ちでした。

モンモリロナイト鉱石

お話を伺ううちに、私自身の気持ちはすっかり、この不可思議な鉱物に惹かれていきました。当時私は女性の衣料品関連のビジネスをしていたのですが「その流通経路でこのクレイ製品を販売できないだろうか?」、さらには「自分の販売チャネルだけではなく、もっと世に広める方法があるのでは?」と考えはじめ、手塚先生のクレイ製品を世に広めていくお手伝いをさせていただくことを決心しました。これが、私が半生にわたってナチュラルクレイと共に歩むことになったきっかけでした。

しかし、一年後の1984年、この新規事業プロジェクトは突如中止されてしまいました。大企業ではよくある事業の統廃合によるものでした。会社の決定とはいえ、今までの研究と時間が水泡と化すような廃止決定に、手塚先生は相当落胆されていました。それは私にとっても、ショックな出来事でした。今でもあの時の事を鮮明に覚えています。

クレイの魅力を諦めきれなかった私は、大企業のバックアップを失った先生の研究を個人的に援助するようになり、自分の本業はそっちのけにしてまで、製品の開発や販路の開拓に日夜の区別なくのめり込んでいきました。

当時は、子供のアレルギー、アトピー性皮膚炎などが急激に多くなり、社会問題として大きくクローズアップされ始めた時期でもありました。もともと薬学の知識のあった私は皮膚科のドクター達との意見交換や情報交換を積極的に進め、クレイの良さを知ってもらい、その効用を確かめることに全力を注ぎました。

ある日、私は妻が見つけた小さな新聞記事で、アレルギー性皮膚炎治療の名医・王瑞雲先生のことを知りました。そして、この出会いが、ナチュラルクレイの製品化への岐路となったのです。

クレイ・クレンジングクリーム

王先生は、当時の私の思いや、クレイのもつ可能性にご理解を示していただき、 クレイを使ったスキンケア製品の普及にも多大なるご協力をいただくことになりました。王先生のもとへは連日、深刻な症状、悩みをお持ちの患者さんが老若男女を問わず日本全国から治療を求めて通院されていらっしゃいました。その一人一人に親身になって治療を施される王先生の口から、クレイによるさまざまな症例の改善の経緯の報告をうかがった時には、それまで私が漠然と抱いていたクレイのもつ不思議な力に対する思いが、とても強い確信に変わり、「本当にこの製品を作ってよかった」と感動を覚えました。(王瑞雲先生は現在、日本綜合医学会理事の学術委員としてご活躍されています)

2004年5月、私は一本の国際電話を受けました。相手はカリフォルニアの化粧品開発会社ビバリーグレンラボラトリーズの副社長・江口君でした。

今回の新ブランドにはどうしても、界面活性剤を使わない、肌に優しくそして洗浄能力にすぐれたクレイの洗顔料と、保湿力にすぐれたクレイの化粧水が必要なのだと力説されました。

江口君がまだ日本でサラリーマン生活をしていたころ、私はクレイのもつ能力や魅力をしっかりと彼に伝えており、彼はそれを覚えていてくれたのでした。私は、ビーグレンのスキンケアに対する哲学と新製品に対する情熱に感銘を受け、この依頼を快諾しました。

こうして私のクレイ製品が日本ばかりではなく、なんと太平洋を隔てたアメリカでも販売されることになったのです。 私はこれからも「人の健康に真摯に取り組み、生活改善に本当に役立つ商品を生み出すビジネス」を心に刻み『クレイの持つ力=地球の持つ限りない力』を礎に、本物のスキンケアを世界中の皆様にお届けできるよう、ナチュラルクレイをつかった製品の開発に全力で取り組んでまいります。

ナチュラルクレイ開発者 満潮春海 談

 

TOP

PAGE TOP