TOP

大地からのおくりもの

ナチュラルクレイ・モンモリロナイト

ナチュラルクレイ・モンモリロナイトを使ったクレンジングとは、これまでには無かった「吸着」という新しい洗浄( 洗顔 )方法です。

 

自然治癒力を高めるナチュラルクレイ

長い年月をかけて堆積してできたナチュラルクレイには、大地のエネルギーが詰まっています。そのため、遥か昔からヒトのカラダや肌の不調を癒す目的で使われていました。ナチュラルクレイは、吸着作用をはじめとするさまざまな働きをもっているため、スキンケアをはじめ、健康維持・増進、疾病予防・治癒などに古くからクレイセラピー(自然療法)として利用されています。ヒトには、体に異常があらわれるとそれをもとに戻そうとする自然治癒力が備わっています。ナチュラルクレイは、ヒトが本来持つ自然治癒力を高めて自ら健康に戻ろうとする力をサポートしてくれます。肌にも体と同じようにダメージを受けた肌細胞を修復し、肌本来もつ美しさを取り戻そうとする力が備わっているため、ナチュラルクレイをスキンケアに取り入れると、トラブルのない肌に戻ろうとする肌の自然治癒力が高めることができます。

ナチュラルクレイ 『モンモリロナイト』とは?

花

モンモリロナイトは、ベントナイトと呼ばれる鉱物に含まれる超微粒子の粘土(クレイ)です。ベントナイトは化粧品原料、食品添加物さらには医薬品にも使用できる安全性の高い成分で、食品衛生法にも記載されています。そのベントナイトを精製して純度を高めたクレイがモンモリロナイトです。

クレイの中でも特に、スキンケアに最適なモンモリロナイトは、子供の頃に工作で使った粘土とは違い、地球の古い地層(2億~5億年前)から採掘されたベントナイトを高純度に精製して取り出された、電子顕微鏡を使わなければ見ることが出来ないサイズの超微粒子の結晶体です。

モンモリロナイトの結晶は、六角形のプレートが幾重にも重なった状態をしています。一片のプレートは200~300nmの大きさで、その厚みは1nmの極めて薄いものです。それらがまるでミルフィーユのように幾重にも層をなしてひとつの結晶を形作っています。この幾重にも重なっている層の一枚一枚を広げると、この小さな結晶が何と、テニスコート3面分もの広さになるのです!

 

ナチュラルクレイ・モンモリロナイトの好物は「肌の汚れ」

モンモリロナイト

ナチュラルクレイ・モンモリロナイトは、タンパク質やその他の有機物を吸着し、固まりを作り除去します。ここでいう有機物とは、ファンデーション、チリ、ほこり、ダニ、カビ、雑菌、粉塵、そして皮膚から剥がれ落ちた垢などです。

ナチュラルクレイ・モンモリロナイトのナノの微粒子は、洗顔時に肌表面の汚れだけではなく毛穴の奥深くまで入り込み、酸化した皮脂やニキビ菌などの、肌の不要な汚れを吸着します。

塩の結晶や高分子のスクラブ洗顔で毎日ごしごし洗うと健康な皮膚まで痛めることがありますが、ナチュラルクレイ・モンモリロナイトは*ナノサイズの超微粒子であるため、肌ざわりはなめらかで傷をつけることもありません。そのうえ、毛穴の奥までキレイに洗うことができる、まるでミクロの掃除機とも呼べるものです。

【補足説明】 *ナノサイズとは?
ナノは大きさの単位でミクロ(マイクロ)の1/1000です。大きい順に並べると以下のようになります。
Km(キロ) → m(メートル) → mm(ミリ) → μm(マイクロ) → nm(ナノ)

正常な毛穴の直径は0.2mm
ナチュラルクレイ・モンモリロナイトの一片はおおよそ100nm
例えるなら、モンモリロナイトがピンポン球の場合、毛穴は直径800メートル!

ナチュラルクレイ・モンモリロナイトの働きについて

1.モンモリロナイトの姿

モンモリロナイト顕微鏡写真

ナチュラルクレイの中でも特に、スキンケアに最適なモンモリロナイトは、子供の頃に工作で使った粘土とは違い、地球の古い地層(2億~5億年前)から採掘された、電子顕微鏡を使わなければ見ることが出来ないの超微粒子の結晶体です。

モンモリロナイトの結晶の写真をみると、まるでミルフィーユのように幾重にも層をなしています。その結晶は、2ナノメートル(50万分の1ミリメートル)というウイルスなみの超微粒子ですが、この幾重にも重なっている層の枚一枚を広げると、この小さな結晶が何と、テニスコート3面分もの広さになるのです!

ビーグレンのクレイウォッシュに使用されているモンモリロナイトの直径は、100~1000ナノメートルの極めて薄い薄片状をしています。どの位かというと、風邪などのウイルス菌と同じ位のサイズです。

2.吸着の理由

吸着の理由

磁石がモノを引きつけるという原理があるように、電気(+と-)の働きで(+と-)は引き合い、(+と+)または(-と-)は反発します。

右図のように、モンモリロナイト自身は、《マイナスの性質》を持っています。一方、水や油や有機物などは、《プラスの性質》を持っています。

この性質により、モンモリロトナイトは、プラスの性質を持つ汚れ(皮脂や毛穴に残ったファンデーション、ニキビ菌etc...)を磁石のように吸い寄せ、幾重にも重なっている層の間にどんどん引き込んでいくのです。

3.イオン交換の性質

モンモリロナイトの層間、特に表面で働くプラスとマイナスの結合力は弱いため、他のイオンを含むものと接触すると、あらかじめ層間に蓄えられた(+)は、接触したものが持つ(+)と瞬間的に交換反応を起こします。

吸着の原理1

モンモリロナイトには、このようなお互いの(+)を交換する性質があります。面白いことに、その反応はpH6.0以上において活発に行われます。

ビーグレンのクレイウォッシュはこの性質を活かし、クリームの製造時に肌に有効な成分(ヒアルロン酸Na、カミツレエキス、PCA、水、スクワラン、PCA-Na、尿素など)をふんだんにモンモリロナイトに抱かせています。

 
吸着の理由2

肌の表面や毛穴の中では汚れが持つ(+)に接触することで、抱いている有用成分を離します。

 
吸着の理由3

イオン交換の性質によって、(+)に帯電した、メイク汚れ、ニキビ菌、垢、古い角質、皮脂などをどんどん吸着します。

モンモリロナイトは、イオン交換により引き込んだ汚れを決して離さない、強い保持力を持っています。そして、洗顔時の汚れは、すすぎ洗いで、モンモリロナイトと一緒に肌から流れ落ちていくのです。

ナチュラルクレイ・モンモリロナイトによる洗顔の『肌のバリアを傷つけずに汚れを取り去る』という原理は、このような自然のチカラからきており、長い歴史の中で、科学的に証明されていることなのです。

 

TOP

PAGE TOP