『CLASSY.(クラッシィ)』11月号に、QuSomeリフトが掲載されました

『CLASSY.(クラッシィ)』11月号に、QuSomeリフトが掲載されました

光文社が月刊発行しているファッション情報誌の『CLASSY.(クラッシィ)』11月号 にQuSomeリフトが掲載されました。ヘアメークアップアーティスト、小田切ヒロさんの「小顔の伝道師直伝!4ステップスキンケア」コーナーで「たるみや法令線が気になる肌の為に開発されたマッサージ美容液」と紹介されています。掲載誌とともにご覧ください。
ぼやっとした輪郭を解消してシャープなフェイスラインへ

ぼやっとした輪郭を解消してシャープなフェイスラインへ

フェイスラインが四角くなってきた、ぼやけてきた、エラが張ってきたと悩んでいませんか?それは、もしかしたら「食いしばり」や「噛みしめ」癖があるからかもしれません。今や現代病とも言われているこれらの癖。その原因やシャープな輪郭になるための対処法についてご紹介します。
「1ヶ月で友達から驚かれるくらいキレイに!」ビーグレンチャレンジvol.1

「1ヶ月で友達から驚かれるくらいキレイに!」ビーグレンチャレンジvol.1

肌のたるみやほうれい線、おでこ・目元のしわなどのエイジングサインでお悩みの松谷佳代様(40代)がビーグレンチャレンジ! 「たるみ・ほうれい線ケアプログラム」で、「手術したの?」と聞かれるほど肌の透明感がアップし、若々しい印象に。
『otona MUSE』9月号に、QuSomeリフトが掲載されました

『otona MUSE』9月号に、QuSomeリフトが掲載されました

30代後半から40代前半の大人カジュアル・モードスタイルが豊富な月刊ファッション情報誌「otona MUSE(オトナミューズ) 」9月号に、マッサージ美容液 QuSomeリフトが掲載されました。ヘア&メイクアーティストの小田切ヒロさんが自身のメソッドを公開しているコーナーの中で、肌悩みのひとつ「たるみ」への美容液として紹介されました。掲載誌とともにご覧ください。
誰でもさりげなく、きちんと小顔に見せるメイク法

誰でもさりげなく、きちんと小顔に見せるメイク法

今や永遠のテーマのような「小顔」。美容整形や顔の脂肪吸引なんてしなくても、メイクだけで、顔の大きさが変わるということをご存じですか?無意識にメイクをするより、ほんの少しだけ意識してメイクをすることで、スッキリ小顔に見せることができるのです。今回はこの小顔に見えるメイク方法をお伝えします。
正しい使用量がわかりますか? パール粒大ってどれくらい?

正しい使用量がわかりますか? パール粒大ってどれくらい?

「肌悩みに合ったアイテムを使えているの?使用量はこれでいいの?」というご質問を多くのお客様からいただきます。実際に正しい使用量がどれくらいなのかを写真とともにご覧いただきながら、スキンケアの効果を最大限感じられるような方法をお知らせします。
『診療と新薬』第11号にQuSomeリフトが掲載されました

『診療と新薬』第11号にQuSomeリフトが掲載されました

医事出版社発行の医薬論文・医療情報投稿誌『診療と新薬』第11号 に「たるみとほうれい線に対する美容液の改善効果」の題名で「QuSomeリフトを試験品として、たるみとほうれい線に対する効果を調査する臨床試験」についての学術論文が掲載されました。臨床試験のまとめも含めてお知らせします。
早くなんとかしたい! 顔のシミ・たるみを両方とも同時に対策

早くなんとかしたい! 顔のシミ・たるみを両方とも同時に対策

「目立ってきた顔のシミとたるみを早くお手入れをしたい。ビーグレン製品で両方を同時にケアできるの?」というお客様からの切実なご相談。たるみ・ほうれい線対策としみのホワイトケアの2つのアプローチから、おすすめのお手入れ法をご紹介します。