「温活」のすすめ!体を温める食べ物シリーズ第2回目「レア・ガトーショコラ」

2月といえば、やっぱりバレンタイン。体を温める食べ物シリーズ第2回目はバレンタインデーにふさわしい食材を選択しました。チョコレートやココアの原料となる「カカオ」です。カカオは私の大好きなスーパーフード。お菓子としてはもちろん、お料理のアクセントにもなるので、普段から欠かせないアイテムです。今回は、小麦粉を使わずに簡単に作ることができて、甘さ控えめの「レア・ガトーショコラ」をご紹介します。甘過ぎるチョコレートが苦手な男性にも最適ですよ。

レシピの主役、カカオのプロフィールを簡単に紹介しましょう。カカオといえば豊富なポリフェノール。アンチエイジングに効果的な抗酸化作用はもちろん、血行をよくして体を温めてくれます。精神を安定させる作用もあり、独特の香りでリラックス効果は抜群です。カカオからチョコレートやココアといった、私たちが「美味しい」と感じるような食べ物になるまでには長い道のりがあります。

カカオはラグビーボールのような形の「カカオポット」と呼ばれる実の中にあり、果肉に包まれた種です。この種を発酵させ、ローストし、外皮を取り除いて砕き、すり潰します。すり潰されたものに砂糖やミルク、香料を加えてチョコレートが作られます。その途中、粗く砕かれた状態が「カカオニブ」と呼ばれるものです。カカオニブは、苦味があるものの甘味はありません。そのため、食感や香りを楽しむために、料理に入れたりします。カカオニブを根気よくすり潰し、砂糖を混ぜ合わせれば、オリジナルのチョコレートを作ることもできるのです。このオリジナルチョコレートのレシピはまた次の機会にお知らせしましょうね。

レア・ガトーショコラ<材料 1本分 600g>

「温活」のすすめ!体を温める食べ物シリーズ第2回目「レア・ガトーショコラ」

  • チョコレート (カカオ分72%)・・・200g
  • 全卵(M玉、約4個)・・・180g
  • 無塩バター・・・170g
  • グラニュー糖・・・70g

<作り方>

「温活」のすすめ!体を温める食べ物シリーズ第2回目「レア・ガトーショコラ」無塩バターを刻んでボウルに入れる。
「温活」のすすめ!体を温める食べ物シリーズ第2回目「レア・ガトーショコラ」チョコレートを刻む。
「温活」のすすめ!体を温める食べ物シリーズ第2回目「レア・ガトーショコラ」②を①のボウルに加える。
「温活」のすすめ!体を温める食べ物シリーズ第2回目「レア・ガトーショコラ」③を湯煎にかけ、混ぜ合わせながら溶かす。
「温活」のすすめ!体を温める食べ物シリーズ第2回目「レア・ガトーショコラ」④にグラニュー糖を加え、ホイッパーで混ぜ合わせる。
「温活」のすすめ!体を温める食べ物シリーズ第2回目「レア・ガトーショコラ」なめらかになるまで混ぜるが、グラニュー糖は溶けきらなくても大丈夫。
「温活」のすすめ!体を温める食べ物シリーズ第2回目「レア・ガトーショコラ」別のボウルに卵を割り入れ、ホイッパーで溶きほぐす。
「温活」のすすめ!体を温める食べ物シリーズ第2回目「レア・ガトーショコラ」⑥を湯煎から出し、網でこしたものに⑦を加える。
「温活」のすすめ!体を温める食べ物シリーズ第2回目「レア・ガトーショコラ」よく混ぜ合わせてから再度湯煎にかけ、グラニュー糖が溶けきり、ツヤと粘りが出るまで、よく混ぜ合わせる。
「温活」のすすめ!体を温める食べ物シリーズ第2回目「レア・ガトーショコラ」クッキングシートを敷いたパウンドケーキ型(20㎝)、またはケーキ型(15㎝)に流し込む。
「温活」のすすめ!体を温める食べ物シリーズ第2回目「レア・ガトーショコラ」190℃に温めたオーブンで18~20分ほど焼く。
「温活」のすすめ!体を温める食べ物シリーズ第2回目「レア・ガトーショコラ」粗熱が取れたらラップをして、冷蔵庫で冷やす。

※六分立ての生クリームとお好みのフルーツを添えると、カフェのような仕上がりに!
また、食べる時に電子レンジなどで数秒温めても美味しく頂けます。

この記事を書いたライター

1961年2月4日生まれ、水瓶座O型。料理研究家。ハワイ、バリ、タヒチなどのアイランド料理研究家でもある。TV、ラジオなどメディアでの情報発信、ケータリングなど、食に関して幅広く活躍中。著書に『ハワイごはん』『湘南ごはん』『海ごはん』『ホノルル食堂』など。オフィシャルホームページ「ALOHA DELI

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

レシピの最新記事