top

ヘルシー志向の高い女性が多いLA(ロサンゼルス)。今やどのカフェやスーパーに行っても“グルテンフリー”や“ヴィーガン”のメニューや食材を目にするようになりました。それが、最近ではなんとビューティーの分野にも進出。“ヘルシーなネイルカラー”が登場して話題になっています。

その火付け役となったのが、LAきっての高級住宅街・ブレントウッドに位置するネイルサロンのcôte(コート)。この夏にNY(ニューヨーク)にも2店舗目を出店して注目されているこのサロンは、独自に開発したネイルカラーを使った施術が最大の特徴です。その特別なネイルカラーが、ノントキシック(毒性のない)・グルテンフリー・ヴィーガンというもの。

さらに、おしゃれなインテリアの店内と、ドリンクやマッサージのサービスが付いて施術のお値段がマニキュア$25~ペディキュア$30~というプチプライスさも、人気の理由なのだとか。そこで今回は、サロンにお邪魔してそのヴィーガン・ネイルを体験してきました。

ヴィーガン・ネイル体験

閑静な住宅街にほど近い、ブティックやカフェが並ぶ一角にたたずむサロン。ホーム雑貨やアパレルも販売している同サロンは、外から見るとおしゃれなブティック。

閑静な住宅街にほど近い、ブティックやカフェが並ぶ一角にたたずむサロン。ホーム雑貨やアパレルも販売している同サロンは、外から見るとおしゃれなブティック。

担当していただいたのは同サロンで人気ネイリストのミアさん。まずは、100種類以上あるネイルカラーの中から、好みの色をセレクトします。ミアさんにアドバイスをもらいながら、この秋にピッタリの1本に絞って施術がスタート。

おしゃれな店内には、オーナーが世界中からセレクトしてきたハイセンスな雑貨が。ネイルカラーの販売もしており、ショッピングだけしに立ち寄るのもウエルカムだそう。

おしゃれな店内には、オーナーが世界中からセレクトしてきたハイセンスな雑貨が。ネイルカラーの販売もしており、ショッピングだけしに立ち寄るのもウエルカムだそう。

まずは私の爪の状態を見てもらって、最初に言われたのがこんな一言でした。「普段、水をたくさん飲んでいますか?」美肌にも体型維持にも欠かせないと言われている、水を飲むこと。 個人的にもなるべく飲むようにとは思っているものの、なかなか実践できていませんでした。なんとそれが爪に現れているとのこと。ミアさんが言うには、ネイルケアもスキンケアもヘアケアも、すべて繋がっていて、まずは水分補給をしっかりすることが何よりも大切だとか。ほかにも、美肌にも良いとされるレシチンやビタミンを積極的に摂ること、しっかり保湿することが、ヘルシーなネイルを保つポイントになるそうです。

ビューティー関連の話題に詳しいミアさんと、施術中は美容の話ですっかり盛り上がってしまいました。

店の奥に施術スペースがあり、さらにはオープンエアにできる気持ち良いバックヤードも。ここでは、通常の施術のほか、小さなパーティーやイベントを行うことも可能。

店の奥に施術スペースがあり、さらにはオープンエアにできる気持ち良いバックヤードも。ここでは、通常の施術のほか、小さなパーティーやイベントを行うことも可能。

ミアさんは、これまでは普通のネイルサロンで働いていましたが、使用するプロダクトでアレルギーが出てしまい、仕事を続けることができなくなってしまったのだそうです。そこで、よりナチュラルなプロダクトを使うサロンを探したところ、現在のサロンに出会いました。 「カリフォルニアの女性は、とてもナチュラル志向が高いです。このサロンのコンセプトが、そんな女性たちを魅了するのも無理はありません」とミアさんは話します。そこで、そんなサロンについて、共同オーナーのリアさんに伺いました。

独自のヴィーガン・ネイルとそのはじまり

共同オーナーのマリー・レノンさんとリア・ヤリーさん。店内は、もともとインテリアデザイナーだったというリアさんのセンスが光ります。

共同オーナーのマリー・レノンさんとリア・ヤリーさん。店内は、もともとインテリアデザイナーだったというリアさんのセンスが光ります。

「コンセプトは“Cleaner Safer Beauty(よりクリーンで安全な美)”。私たちのネイルカラーは、一般的なものに配合されている、アレルギー反応を起こす可能性がある成分や、体にとって有毒といわれている成分を含みません。例えば、ホルムアルデヒド、トルエン、パラベン、グルテンなどです。また、動物愛護の観点から、動物性の成分も含まないヴィーガンのプロダクトであることも自慢です。それでいて、欠けにくく、色が長持ちするように独自の研究を重ねました。それは、家族や友人に、安心で安全にネイルを楽しめる場を作りたいと考えたことから始まったのです」

もともと、娘さんの8歳の誕生会にネイルパーティーを開こうとしたものの、安全なプロダクトを使うネイルサロンが見つからなかったことが、独自のプロダクトとサロンを始めるきっかけになったそう。子どもたちにも優しく、大人も満足できるカラーバリエーションを目指して奮闘しながら、ブランドをローンチし、お店をオープンしてから4年。現在サロンを訪れるお客さんの中には、小さなお子さんもいるのだとか。また、バックヤードでは、ベビーシャワーや誕生日会など、子どもから大人までがネイルケアを楽しみながらパーティーができる空間になっています。

また、同サロンでは、ネイルカラーだけでなく、ネイルケアのオイルからベースコート、トップコート、リムーバーまでがすべてオリジナルブランドで揃っており、その全てが同じコンセプトで作られたものでした。

おわりに

私の肌色と、好みの色味、秋冬らしさを意識して選んだカラー。同系色のカラーバリエーションもかなり多いのは、どんな肌色の人にも合うようにとの意味もあるとのこと。

私の肌色と、好みの色味、秋冬らしさを意識して選んだカラー。同系色のカラーバリエーションもかなり多いのは、どんな肌色の人にも合うようにとの意味もあるとのこと。

今回は、同店でも人気だというシックな濃いベージュに、マットな仕上がりになるトップコートで秋らしくまとめてもらいました。オイルもたっぷり塗っていただき、指先にうるおいが……。通常のネイルカラーと同じように、マニキュアなら少なくとも1週間、ペディキュアなら2、3週間は楽しめるそうです。

印象的だったのが、店内も施術中も、ネイルプロダクト特有のツンとする匂いをほとんど感じなかったこと。これなら、施術中も、ショッピング中も、パーティーを行っても、ネイルサロンにいることを忘れるくらいゆっくり楽しめると感じました。

また、普段はセルフネイル派な私ですが、たまにはこうしてサロンへ行くのもいいものだと改めて実感。それは、仕上がりの良さもさることながら、サロンの雰囲気だったり、スタッフの方とのおしゃべりだったり、ただ施術を受けるということ以上の楽しみや刺激を体験できるから。ネイルケアだけでなくヘアケアやスキンケアにも同じことがいえるかもしれません。

ヘルシーに美しくありたいと同時に、女性であることを思いっ切り楽しみたい。体にとって良くないといわれているものや、自分の体に合わないものが含まれているのなら、使うことを諦めるのではなく、より良いものを追求してみよう。今回は、そんな前向きで行動的なカリフォルニアの女性たちに、絶大な人気を得ているサロンをご紹介しました。食も美容も、どんどんヘルシーなものが求められている昨今。それは、表面的な美ではなく、内側から育む美しさに目を向ける女性が増えてきた証ではないでしょうか。

côte

https://coteshop.co

この記事を書いたライター

Writer

東京・LAでの出版社勤務ののち、フリーランスのライターに。中米コスタリカの常夏ビーチリゾート地でのスペイン語学習+バケーション+時々仕事の生活を経て、再びLAにて活動中。屋外ワークアウトが最近のお気に入り。ハイキングや公園&ビーチヨガをリフレッシュと体型維持のために続けています。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事