スタイリッシュ!サキュレント(多肉植物)のフラワーアレンジメント

今アメリカで、スタイリッシュな空間作りのマストアイテムとしてもてはやされているのが、サボテン科植物のサキュレント(多肉植物)。

もともとは、干ばつの影響で深刻な水不足が問題になっているカリフォルニア州で、芝生などへの水撒きが制限され、あまり水を必要としないエコフレンドリーな植物としてガーデニング向けに注目されたことがサキュレントブームの始まりでした。当初は手間要らずの植物くらいの認知度でしたが、種類の多様さとデザイン性、そして扱いやすさともちの良さが、クリエイターたちの目に留まり、ガーデニング界からインテリア界にも広がりを見せ、今ではカフェやギャラリー、ホテル、レストランなど都会的なオシャレ空間の「アートワークにサキュレントあり!」といわれるほど、インテリアグリーンの定番になっています。

昨今は、サキュレントと他の花材を組み合わせたアレンジが新たなムーブメントに。ハロウィン、クリスマス、バレンタイン、プロム、ウェディングとさまざまなイベントシーンで人気が高まっています。アメリカではバレンタインデーに花を贈ることが多いのですが、今年は王道のバラのブーケと並んで、サキュレントを使ったフラワーアレンジメントが昨年よりも多く見られるようになってきました。

そんなアメリカで人気のサキュレントを使ったフラワーアレンジメントを、OC(オレンジカウンティー)を中心にウェディングやワークショップを多数手掛けているフラワーデザイナーのウエイ喜代子さんに教えていただきました。赤いカーネーションを使用するのでバレンタインにもまた特別なイベントにも最適!

カーネーションとサキュレントのリース型ミニブーケ

用意するもの

スタイリッシュ!サキュレント(多肉植物)のフラワーアレンジメント

  • カーネーション(赤)…12本
  • サキュレント(カーネーションの花より小さめのもの)…6〜7個
  • クラフト用アルミワイヤー(2mm)
  • フラワーアレンジメント用グルー
  • ラフィア糸、または紐

下準備として、カーネーションの葉を全て取り除きます。

スタイリッシュ!サキュレント(多肉植物)のフラワーアレンジメント

カーネーションのガクにワイヤーを通していきます。

スタイリッシュ!サキュレント(多肉植物)のフラワーアレンジメント

12本のカーネーションを全て通し終えたら、ワイヤーの両端を結び、リング状に整えます。

スタイリッシュ!サキュレント(多肉植物)のフラワーアレンジメント

カーネーションの茎が交差しないよう、らせん状になるように整えましょう。

スタイリッシュ!サキュレント(多肉植物)のフラワーアレンジメント

整え終わったら、ラフィア糸や紐などで縛り、茎を揃えてカットします。

スタイリッシュ!サキュレント(多肉植物)のフラワーアレンジメント

多肉の根元にグルーをつけます。この時、根元をしっかりカバーするようにグルーをつけてあげると、水分が蒸発されるのを防ぎ、多肉が長持ちします。

スタイリッシュ!サキュレント(多肉植物)のフラワーアレンジメント

カーネーションのリングにグルーをつけた多肉を入れていきます。入れる時のポイントは、グルーピング。小さい多肉は全体に散らさず、1箇所にまとめるように固めてあげると個性が際立ち、スタイリッシュに仕上がります。

スタイリッシュ!サキュレント(多肉植物)のフラワーアレンジメント

完成。メイソンジャーのようなガラス瓶に生けても可愛いです。

スタイリッシュ!サキュレント(多肉植物)のフラワーアレンジメント

小さい実のついたものや、質感の違うミニバラなどを少し挿し入れて、ニュアンスをつけてあげても素敵。また、ハートカズラやアイビーなどを絡ませてラインを加えると動きが出て、より表情豊かなアレンジメントに仕上がります。

スタイリッシュ!サキュレント(多肉植物)のフラワーアレンジメント

ミニブーケのアレンジメントを習ってみて

カーネーションをワイヤーに通すだけで、形が決まってオシャレ感が増すアレンジメント。優しい花びらのカーネーションにぷっくりした質感のサキュレントが入ることで立体感がプラスされて、部屋に飾ってみると小さくてもなかなかの存在感を放ち、目を引きます。真っ赤なカーネーションにサキュレントの落ち着いたくすみ系の色合いが映えて大人シックなところもまた素敵。「リース」+「ブーケ」とダブルの小ワザもプロっぽく、お花屋さんで買ったような洗練された仕上がりで、ギフトにしてもとても喜ばれそう!

「ワイヤーなので少し曲げればハート型も作れますよ」と喜代子さんからのバレンタインなアドバイスも。グルー留めはアレンジメントに慣れていない人向けで、やりやすくてとても簡単でした!初心者の方でも作りやすいアレンジメントなので、ぜひ試してみてくださいね。

ウエイ喜代子(フラワーデザイナー)プロフィール

スタイリッシュ!サキュレント(多肉植物)のフラワーアレンジメント

夫の転勤に伴い、家族とともに渡米。カリフォルニアへの転居を機に、アメリカのフラワービジネスを学びたいと生け花の技術を生かし、花屋でインターンを始める。インターンのかたわら、Golden West College(Huntington Beach)でフラワーデザインの理論、実技を学び、卒業とともにFlower Design & Shop Managementディプロマ取得。アメリカフラワー業界最高峰であるAIFD(American Institute of Flower Designers)資格取得、AIFD正式メンバーとして承認される。現在フリーランスデザイナーとしてウェディング、イベントなどのデザインに携わる日々。在米11年。

Clover’s Design:cloversflowerdesign.com

この記事を書いたライター

サンディエゴの日系出版社にて勤務後、東海岸への引っ越しを機にフリーランスライターに。再び南カリフォルニアに居を移し、窓から見える青い空とパームツリー、窓際で昼寝をしている愛犬を眺めているのが目下最大の癒しです。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事