LAで注目のオーガニックヘッドスパで、自分自身にもっと優しく

体の内側も外側も、日頃から自分自身で気遣ってあげよう。そんな風潮が、ここ数年、LA(ロサンゼルス)の女性たちの間で何かと話題になっています。「Self-Care(セルフケア)」と呼ばれるそのムーブメントによって、癒しや健康に対する関心がさらに高まるなか、注目されているヘアサロンがあります。オーガニックのプロダクトのみを使って施術するヘアサロン&ヘッドスパ「Blow Me Away(ブロウミーアウェイ)」です。1年半ほど前にビバリーヒルズにオープンしたそのサロンは、アメリカ版『VOGUE』誌でも取り上げられて、さらに話題に。しかも、そのオーナーは日本人女性。早速、サロンにお邪魔しました。

LAでも珍しいオーガニックのヘッドスパ

吹き抜けのすっきりしたつくりのサロン内。1階はヘアサロン、2階でヘッドスパが行われています。

おしゃれで居心地の良い空間。インテリアのディテールも思わず目を引きます。

「昔、ヘアカラーで母にアレルギーが出たことが大きなきっかけでした。自分がサロンを開くときは、カラー剤はもちろん、シャンプー、コンディショナーまで使用するプロダクト全てをオーガニックなものにしようと考えました」そう話すのは、共同オーナーでスタイリストのサヤカさん。オーガニックに特化するということに加えて、同サロンならではと注目されているのが、へッドスパのサービスです。

サロンで使用しているオーガニックヘアケアライン「O WAY(オーウェイ)」はイチオシのイタリアンブランド。

「日ごろから頭皮(スカルプ)をきれいに健康に保とうという考え方は、実はアメリカにはあまり馴染みのない文化なのです。シャンプーをするときも、どちらかというと洗うのは髪の毛が中心。ましてやスカルプマッサージやヘッドスパというのは、日本ほど知られていません」。確かに、日本ではスカルプケアという言葉自体は一般に浸透している印象です。実際には、このスカルプケア、どんな効果があるのか伺いました。

スカルプケアのメリット

1)頭皮トラブルの軽減・解消

「頭皮の毛穴の数は、赤ちゃんの頃から変わりません。しかし、それが加齢やケア不足などによって、頭皮がたるみ、毛穴がつまったり、ターンオーバーがうまくいかなかったり、髪の毛の養分である血の流れが滞ったりすることで、薄毛や白髪、頭皮のニキビなど、さまざまなトラブルにつながります」。そんな頭皮のトラブルを回避するために、スカルプケアは大切。「ターンオーバー」や「毛穴のつまり」など、スキンケアを思わせる用語も出てきましたが、考えてみれば頭皮は顔のすぐそばにつながる皮膚。スキンケアとも密接な関係があるようです。

2)アンチエイジング

「スカルプマッサージによる血行促進は、肌の状態にも良い影響をもたらします。『気になっていた顔のくすみが明るくなった』と話すお客様もいらっしゃるほどです」。さらには、マッサージをすることで、たるんでいたスカルプが引き締まり、同時に顔のたるみも引き上げられる効果も期待できるそう。加齢や重力に負けないハリのある明るい肌を目指すなら、顔だけでなくスカルプのケアも大切なのです。

3)ボディケア

「“5分間のスカルプマッサージは1時間のボディマッサージに匹敵する”といわれています。それくらい、頭は体とも深い関わりがあるのです。アーユルヴェーダの考え方では、頭は宇宙と繋がっているともいわれるほど大切なパーツです」。頭皮は、ちょうど足の裏の「つぼ」と同じように、マッサージすることで体にまでリラックス効果やコリをやわらげる効果をもたらすそうです。自分で頭皮をマッサージするのもグッド。その際は強く押し過ぎず、5本の指で頭皮を軽くずらすようなイメージで優しく動かすといいのだとか。

このように、さまざまな効果が期待できるスカルプケア。肌のためエステでスペシャルケアを行うのと同じように、スカルプケアも、プロによるヘッドスパを受けることは大きなご褒美になりそうですね。そこで、今回は実際にサロンで提供している最もシンプルなヘッドスパのコースを体験しました。

オーガニックヘッドスパ体験

コンサルティング

まずは、マイクロスコープを使って頭皮や毛の状態をチェックします。

コマーシャルなどで見たことはあるものの、実際に自分の頭皮を見るのは初めて。

見ていただいた結果、私の場合は、頭皮はドライなのに毛穴はオイリーという状態。確かに、皮膚はよく見るとひび割れのように全体的にラインが入っていて、毛の根元のあたりはツヤツヤとしている様子でした。一つ原因として考えられるのは、普段熱いお湯でシャワーを浴びているのではないか?ということ。まさに私は熱いお湯のシャワーが好きで、とくに冬の時期はその温度がさらに高くなっていました。

「あまり熱いお湯を浴びると、皮膚にとって必要な油分までも流れてしまい、結果としてドライな状態になってしまうことがあります。温度を少し下げるか、せめて最後にぬるめのお湯で流してクールダウンさせてあげるといいでしょう」とサヤカさん。肉眼ではわからない頭皮の状況に衝撃を受けつつ、施術していただく部屋へ。

ヘッドスパの工程

1)マイクロスチーム

水の粒子を小さくする特殊な装置をつかい、水分をしっかり毛穴に入り込ませて頭皮や毛穴をうるおわせて柔らかくします。

最初の工程マイクロスチーム。蒸気が出ているのが見えるでしょうか?温かく、うるおいが満ちていくのを感じました。

2)オイルマッサージ

サヤカさんオリジナルのオーガニックエッセンシャルオイルを塗って、マッサージ。頭皮の状態によって、塗るオイルが違うそうです。やさしいハーブの香りと、体の奥まで響くような、じんわりとほどよい強さのマッサージに癒されます。

3)頭皮のpH値を整えるシャンプー

スキンケアでも耳にする「pH値」というワード。頭皮も同じように、酸性とアルカリ性のバランスを整えることで、状態を良くします。

4)汚れを落とすシャンプー

頭皮や毛穴の汚れをマッサージしながら丁寧に落とし、クリーンな状態へ導きます。爽快なミントの香りで、かなりすっきりした使用感。

5)コンディショナー

最後に、毛先をコンディショナーでケア。ここまでで使用したプロダクトはすべてオーガニック。一般的なプロダクトに比べて、香りが強過ぎず優しく感じられます。

体験後

サロン名の頭文字をデザインしたウォールペーパー。さりげない2色使いがハイセンス。

施術後、再度モニターをチェックすると、毛穴付近の汚れはすっかりなくなり、頭皮のひび割れもほとんど目立たなくなっていました。頭皮はもちろん、心なしか顔や首、肩まわりまで、すっきりと軽くなった印象。また、髪全体がふんわりハーブの香りに包まれて、その日はたまたま雨でしたが、気分はすっかり晴れやかになりました。実は私にとってはこれが初めてのヘッドスパ体験。こんなにも癒しの時間を過ごせるなんて、これからかなり病みつきになりそうです。

おわりに

癒しや健康に対しての意識が高まるなか、心にも体にもポジティブな影響を与えてくれるヘッドスパは、LAでもこれからさらに人気を集めるのではないでしょうか。また、スカルプケアの大切さを見直すことは、自分の体をもっといたわることにも繋がります。さらには、スキンケアの延長としても、嬉しい効果を発揮してくれるスカルプケア。これまで関心をもっていた人もそうでない人も、ヘルシーな美しさを磨く方法の一つとして、ぜひ実践してみてください。

協力

Blow Me Away – Organic Salon and Head Spa
blowmeawayla.com

この記事を書いたライター

Writer

東京・LAでの出版社勤務ののち、フリーランスのライターに。中米コスタリカの常夏ビーチリゾート地でのスペイン語学習+バケーション+時々仕事の生活を経て、再びLAにて活動中。屋外ワークアウトが最近のお気に入り。ハイキングや公園&ビーチヨガをリフレッシュと体型維持のために続けています。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事