肌に化粧水が浸透するのに、時間がかかります

お客様からのご相談

以前にも、同じように感じたことがあったのですが、最近また、化粧水の肌への浸透が悪くなっているように思います。洗顔後に化粧水をつけても、なかなか入っていかず、しばらく肌表面がベチャベチャした状態で、なじませるのに時間がかかる気がします。洗顔した後は肌が乾く感じがするのに、化粧水をのせてもスッと入っていかないのはどうしてでしょうか。

ビーグレンからのアドバイス

以前にも、化粧水の肌への浸透が悪くなったように感じられたことがあるとのこと、その時の季節、ストレスの程度、体調などはいかがでしたか。冬の寒い季節は、暖房の影響、気温の低下などから、特に肌が乾燥しがちになり、ターンオーバーが乱れやすくなります。また過度のストレスや体調によっても、ターンオーバーは乱れてしまいます。ターンオーバーが乱れると、剥がれ落ちるはずの古い角質がうまく剥がれ落ちず、肌がごわつき、肌のバリア機能の低下とともに保水力も下がります。この保水機能の低下した肌には、化粧水が浸透しにくくなるという悪循環が繰り返されてしまいます。

化粧水がなじまないと感じるときは、肌がこのような状態にあると考えられます。この場合、角質ケアを意識したクレイウォッシュでのお手入れをおすすめします。クレイウォッシュは、クレイの作用により肌のバリア機能を崩さず、うるおいを与えながら、古い角質や余分な皮脂を吸着し洗い流す洗顔料です。過度の角質ケアは、肌を痛めますが、クレイウォッシュとホットタオルを使用して、洗顔することで、マイルドな角質ケアが可能です。

ホットタオル洗顔法

ホットタオル洗顔法

タオルをたっぷりの水に浸した後、固く絞り、ラップに包んで電子レンジで1分ほど温める。

粗熱が取れたら(人肌より少し温かいくらい)、顔全体をホットタオルで覆い、1~2分間そのままに。

顔を覆ったタオルで肌の表面を、一度だけやさしく拭き取る。

クレイウォッシュでやさしく顔をマッサージする。力を入れずに丁寧にクルクルと30秒ほどマッサージ。

すすぎ残しのないようしっかり洗い流す。

洗顔後は、クレイローションやQuSomeローション、QuSomeモイスチャーゲルクリームまたはQuSomeモイスチャーリッチクリームを使用し、保湿を強化したケアを心がけてください。肌のターンオーバーも徐々にスムーズになると、化粧水も肌になじみやすくなります。

おすすめ製品
洗顔料

 クレイウォッシュ

落とすもの、残すものを見極めて、なめらかに洗い上げる洗顔料

この記事を書いたライター

Skincare Consultant

カラフルなものから素肌を活かしたメイクまでを得意とし、長年メークアップアーティストとして活動してきました。スキンケアだけでなくメイクやライフスタイルを含めたトータルビューティーを皆様と一緒に考えていけたらと思います。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事