Mike Baker

1917年にオープンし、今年100周年を迎えたグランドセントラルマーケット(GCM)。生鮮食品店からカフェやイートインスペースのあるフードベンダーが集まり、LA(ロサンゼルス)市民の台所として長年親しまれてきたダウンタウンのランドマーク的存在です。

カリフォルニアの最新グルメを楽しもう

Grzegorz Czapski

アジアやラテンアメリカからの移民も多いカリフォルニア。GCMには早くから各国の味が持ち込まれ、カリフォルニアの食文化の発信地として今もなおトレンドを作り出している注目スポットです。近年はセレブシェフやカリフォルニアの人気店が出店するとあって、話題を集める最新グルメが次々に登場。カジュアルで安価に食べられるのもマーケットグルメの魅力。モーニングからディナーまでいけるラインナップ、胃袋に自身のある方は、人気グルメのハシゴにチャレンジもアリ。

バラエティーに富んだ多国籍フードが満載

30を超えるフードベンダーが入っているGCMは、多国籍な料理がより取り見取りのグルメ天国。どこに寄ろうか迷うのも楽しみですが、LAのグルメ好きたちに人気のお店をいくつかご紹介します。

China Cafe(チャイナカフェ)

Andrea Alonso

1920年代から営業しているGCMのシンボル的存在。中国系移民が作ったカリフォルニアチャイニーズと呼ばれるアメリカ生まれの中華料理で、チョップスイ(野菜炒め)やワンタンスープの素朴で大衆的な味が親しまれています。長年通い詰めている常連も多く、朝からカウンターは満席。

Egg Slut(エッグスラット)

Andrea Alonso

LAセレブの人気朝食として話題になったマッシュポテトと半熟卵のエッグスラット発祥の店。今のおすすめは、とろふわなスクランブルエッグとチェダーチーズ、カラメライズされたオニオンをブリオッシュバンズで挟んだサンドイッチFairfax(フェアフォックス)。LAっ子に人気のスリラッチャマヨで旬をしっかり取り込んでいるところも技あり!

Sarita’s Pupuseria(サリタズ ププセリア)

Amparo Rios

丸く焼いた生地に野菜や肉をトッピングした南米エルサルバドルの料理、ププサの専門店。ラテン料理は多く見受けられるLAでもエルサルバドル料理は珍しい。昨今このお店を一躍有名にしたのが、映画『La La Land(ラ ラ ランド)』。セバスチャンとミアがファーストデートで食事をしていたのがこちらのカウンター。ファンの聖地の一つとなっています。

Andrea Alonso

Olio Wood Fired Pizzeria(オリオ ウッドファイアード ピッゼリア)

Jakob Layman

少し厚みのあるモチっとした生地の窯焼きピザが評判。イチ押しピザはマルゲリータプラス。プラスされているのは、ブッラータと言うフレッシュチーズ。トマトソースの上でトローっととろける濃厚クリーミーなチーズの味を知ってしまうと、もう普通のマルゲリータには戻れないかも。意外と知られていないのが、ブレックファーストメニューがあること。窯で焼き上げた熱々のフルーツピザは朝だけのお楽しみ。

Wexler’s Deli(ウェクスラーズ デリ)

Jakob Layman

ジューイッシュ(ユダヤ)デリの定番と言うと、パストラミ(燻製ビーフ)のサンドイッチ。パストラミをこれでもか!とパンをもしのぐ厚さで挟み込み、圧巻の迫力はまさにアメリカン。食べ応え抜群のパストラミに並ぶもう一つの人気メニューが、ベーグルにスモークサーモンやチョウザメ(白身で美味しい)のスライスとクリームチーズを乗せたオープンサンド。リンゴの木の薫香と風味、絶妙な塩加減の自家製スモークフィッシュは、LAでもピカイチとの噂。

ここ数年、LA近郊でもフードベンダーが集まる小洒落たフードコートのようなスポットが増えてきましたが、グランドセントラルマーケットはまさにその先駆けといった存在。100周年を迎えた今日でも、次々にオープンするグルメスポットに負けず劣らず、人々を魅了し、足を運ばせるのは、好奇心をくすぐってくれる食べ物がそこにあるから!人気店はどこも行列で、待たされることも多いですが、「人の往来、活気があってこそ、マーケットグルメはより美味しい!」が私の持論。メトロの駅も目の前なので、観光にも便利。旬のフードトレンドを”パパッとつまみ食い弾丸ツアー”なんていうのもいいかもしれません。LAを訪れる機会があったら、ぜひ!

参考

http://www.grandcentralmarket.com

この記事を書いたライター

サンディエゴの日系出版社にて勤務後、東海岸への引っ越しを機にフリーランスライターに。再び南カリフォルニアに居を移し、窓から見える青い空とパームツリー、窓際で昼寝をしている愛犬を眺めているのが目下最大の癒しです。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事