【Q&A】ビーグレンがお答えします!「真夏の肌悩み」 Vol.2

【Q&A】ビーグレンがお答えします!「真夏の肌悩み」 Vol.2

ビーグレンが製品とともにお届けしている小冊子『ビーグレンイッシュ!』夏号(7月、8月配布分)にて、お客様の夏の肌悩みを募集したところ、たくさんのご相談をいただきました。Vol.1に引き続きVol.2では、夏の保湿や青くま、日焼けなどの肌悩みについてカスタマーサポートの回答とともにご紹介します。
【Q&A】ビーグレンがお答えします!「真夏の肌悩み」 Vol.1

【Q&A】ビーグレンがお答えします!「真夏の肌悩み」 Vol.1

ビーグレンが製品とともにお届けしている小冊子『ビーグレンイッシュ!』夏号(7月、8月配布分)にて、お客様の夏の肌悩みを募集したところ、2週間で約120件ものご相談をいただきました。今回のVol1では、その一部のニキビ、シミ、テカり、毛穴の開きなどの肌悩みについてカスタマーサポートの答えとともにご紹介します。
「額のラインがなくなって 念願の”前髪なしヘア”に!」ビーグレンチャレンジvol.14

「額のラインがなくなって 念願の”前髪なしヘア”に!」ビーグレンチャレンジvol.14

今回は、しわでお悩みの篠崎友紀様(40代)がビーグレンチャレンジ!「ずっと気になっていた額のしわが気にならなくなって、やっと好きな髪型になれました」と、30日間お手入れを続けることの楽しさをご実感いただけました。
「老けた?なんて言わせない。ビーグレンが自信をくれました」 ビーグレンチャレンジvol.11

「老けた?なんて言わせない。ビーグレンが自信をくれました」 ビーグレンチャレンジvol.11

しわにお悩みの吉田一美様(50代)がビーグレンチャレンジ!「“あれ?しわ、増えた?”と言った人を見返したい」とのお気持ちがご応募のきっかけです。チャレンジ後は、乾燥による小じわを目立たせないQuSomeレチノAなどを使ったスキンケア効果で「目の下の細部まで、しわが気にならなくなりました」と、自信に満ちた幸せそうな表情をお見せくださいました。
脱・肌悩みシリーズ(6)たるみ「ほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴラインはしわではない! 」

脱・肌悩みシリーズ(6)たるみ「ほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴラインはしわではない! 」

スキンケアスペシャリスト・グレン先生のアシスタント、美子が皆様からの肌悩みへのご質問に答えるシリーズ『脱・肌悩み』。第6回目では、しわと間違いやすい、たるみがもたらす3つの老け顔ライン「ほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴライン」に迫ります。それぞれのラインの原因、ケア方法を確認しながら、美子とともに老け顔ラインに取り組んでいきましょう。
レチノールの効果と副作用 エイジングケアで注意すべきレチノイド反応とは?

レチノールの効果と副作用 エイジングケアで注意すべきレチノイド反応とは?

レチノールとは、ビタミンAの一種でエイジングケアの代表成分。しかし「どうしてエイジングケアに効くの?」「刺激が強いのでは?」など、たくさんのご質問をいただく 美容成分の一つでもあります。この記事では、 レチノールの種類や機能、注意すべき「レチノイド反応」またレチノール製品の選び方を含めて解説します。
正しい使用量がわかりますか? パール粒大ってどれくらい?

正しい使用量がわかりますか? パール粒大ってどれくらい?

「肌悩みに合ったアイテムを使えているの?使用量はこれでいいの?」というご質問を多くのお客様からいただきます。実際に正しい使用量がどれくらいなのかを写真とともにご覧いただきながら、スキンケアの効果を最大限感じられるような方法をお知らせします。
『診療と新薬』第10号にQuSomeレチノAが掲載されました

『診療と新薬』第10号にQuSomeレチノAが掲載されました

医事出版社発行の医薬論文・医療情報投稿誌『診療と新薬』第10号に「レチノールとレチノイン酸配合美容液のしわ改善効果」の題名で「QuSomeレチノAを試験品として、レチノールとレチノイン酸トコフェロリル配合美容液のしわに対する効果を調査する臨床試験」についての学術論文が掲載されました。臨床試験のまとめも含めてお知らせします。