「毛穴レス肌」を手に入れる4大ポイントはコレ!【後編】

「毛穴レス肌」を手に入れる4大ポイントはコレ!【後編】

ビーグレンお客様専用サロン「the Salon by b.glen」が主催する美容講習会「b.Jin(美人)塾」のダイジェスト版として、前編・後編の2回に分けて「毛穴レス肌」になるための4大ポイントをご紹介します。前編に続き、毛穴のタイプタイプに合わせたケアについてお知らせする【後編】です。
【Q&A】ビーグレンがお答えします!「真夏の肌悩み」 Vol.2

【Q&A】ビーグレンがお答えします!「真夏の肌悩み」 Vol.2

ビーグレンが製品とともにお届けしている小冊子『ビーグレンイッシュ!』夏号(7月、8月配布分)にて、お客様の夏の肌悩みを募集したところ、たくさんのご相談をいただきました。Vol.1に引き続きVol.2では、夏の保湿や青くま、日焼けなどの肌悩みについてカスタマーサポートの回答とともにご紹介します。
シミ対策を徹底解説!「守り」と「攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

シミ対策を徹底解説!「守り」と「攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

シミのメカニズムへの解明が進み、正しいアプローチができるようになった近年、正しい知識をもって臨めば、シミを攻略できるのが現在の美白ケアです。さっそくシミの種類と原因から予防と対策までご紹介していきましょう。
【Q&A】ビーグレンがお答えします!「真夏の肌悩み」 Vol.1

【Q&A】ビーグレンがお答えします!「真夏の肌悩み」 Vol.1

ビーグレンが製品とともにお届けしている小冊子『ビーグレンイッシュ!』夏号(7月、8月配布分)にて、お客様の夏の肌悩みを募集したところ、2週間で約120件ものご相談をいただきました。今回のVol1では、その一部のニキビ、シミ、テカり、毛穴の開きなどの肌悩みについてカスタマーサポートの答えとともにご紹介します。
「ファンデの厚塗りはもう卒業。今はナチュラル美肌です」ビーグレンチャレンジvol.15

「ファンデの厚塗りはもう卒業。今はナチュラル美肌です」ビーグレンチャレンジvol.15

シミ・乾燥でお悩みの村上裕香様(30代/乾燥肌)がビーグレンチャレンジ!チャレンジ後は「シミを無理やり隠すためのファンデーションの厚塗りを卒業できた」と、大成功のフィニッシュ。柔らかな表情で、薄付きのメイクが似合う笑顔をお見せくださいました。
紫外線ダメージへの効果を確実に。史上最強のWケア

紫外線ダメージへの効果を確実に。史上最強のWケア

紫外線ダメージケアは「未来の肌」と「今の肌」の、2つの観点で行うことが大切。未来のシミをつくらせないQuSomeホワイトエッセンスと、その日に受けた乾燥などの紫外線ダメージを消し去るQuSomeホワイトクリーム1.9、それぞれの製品についての魅力を一挙ご紹介いたします。
「b.Jin(美人)塾」発信!「毛穴レス肌」を手に入れる4大ポイントはコレ【前編】

「b.Jin(美人)塾」発信!「毛穴レス肌」を手に入れる4大ポイントはコレ【前編】

ビーグレンお客様専用サロン「the Salon by b.glen」が主催する美容講習会「b.Jin(美人)塾」のダイジェスト版として、前編・後編の2回に分けて「毛穴レス肌」になるための4大ポイントをご紹介します。まずは、毛穴のタイプを知ることからスタートする前編です。
「うるおった透明肌を手に入れて、輝く私に出会えました」ビーグレンチャレンジvol.13

「うるおった透明肌を手に入れて、輝く私に出会えました」ビーグレンチャレンジvol.13

乾燥・くすみでお悩みの向井聡美様(30代)が、ビーグレンチャレンジ!しっとりしたテクスチャーでブライトニング効果のある「QuSomeホワイトクリーム1.9」をご使用いただき、うるおった透明肌を手に入れられました。「鼻の頭が粉を吹くほどの乾燥を克服できました」と、輝く笑顔でフィニッシュです。
プラスαでもっと美肌を磨く、スキンケアの裏技!

プラスαでもっと美肌を磨く、スキンケアの裏技!

普段のスキンケアやいつものライフスタイルにひと工夫加えるだけで、美肌レベルがグッと上がるスキンケアの裏技、ポイントケア、エクストラケアなどビューティーハックをビーグレンのスキンケアコンサルタントがご紹介します。今の肌の状態におおむね満足している方もそうでない方も、ぜひ参考にしてみてください。
諦めてしまう前に!肌が応える、本当に正しいスキンケアのすすめ

諦めてしまう前に!肌が応える、本当に正しいスキンケアのすすめ

ビーグレン製品でしっかりスキンケアをしているつもりなのに、あまり成果を感じない。肌悩みが改善されない…。実は、そんなお客様の多くが、“正しい使用方法を実践できていなかった”ということがアンケートから判明しました。そこで今回は、よくあるNGな使い方を例に、正しい製品の使用方法をご紹介します。諦めてしまう前に!肌が応える、本当に正しいスキンケアで理想の美肌を目指しましょう。