乾燥肌の正しいスキンケア方法で、この冬は「しっとり肌」を実現!

乾燥肌の正しいスキンケア方法で、この冬は「しっとり肌」を実現!

日本の大気が最も乾燥する冬は、想像している以上に肌は乾き切っています。小じわはもちろん、ざらつきやごわつきも「乾燥」のサイン。湿度がぐっと下がる冬を「しっとり肌」で乗り切るために、乾燥肌に対抗するスキンケア製品の選び方やお手入れ方法をご紹介します。
【Q&A】ビーグレンがお答えします!秋の疲れ顔_Vol.2

【Q&A】ビーグレンがお答えします!秋の疲れ顔_Vol.2

ビーグレンが製品とともにお届けしている小冊子『ビーグレンイッシュ!』 秋号にて、お客様の「秋の疲れ顔」を招く肌悩みを募集したところ、たくさんのご相談をいただきました。今回は『Vol.2』と題して、ニキビケアや乾燥などの肌悩みについてカスタマーサポートの回答とともにご紹介します。
「化粧品の美容成分は浸透しない」説はYES or NO?

「化粧品の美容成分は浸透しない」説はYES or NO?

「化粧品の美容成分は浸透しない」と耳にしたことはありませんか?肌には外部からの刺激や異物の侵入を防ぐ「バリア機能」が備わっているため、このように考えられがちですが、実際はどうなのか、ビーグレンの化粧品技術を含め、化粧品の真実についてご紹介します。
美肌のポイントはターンオーバー。肌は生まれ変わるからキレイになれる!

美肌のポイントはターンオーバー。肌は生まれ変わるからキレイになれる!

トラブル知らずの美肌をキープするには、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバー周期を保つことが重要です。この周期は一般的には約28日間といわれますが、年齢とともに周期が乱れがちに。まずはターンオーバーとは何か、その基本から効果的なケアについてご紹介します。
【Q&A】ビーグレンがお答えします!「秋の疲れ顔」 Vol.1

【Q&A】ビーグレンがお答えします!「秋の疲れ顔」 Vol.1

ビーグレンが製品とともにお届けしている小冊子『ビーグレンイッシュ!』 秋号にて、お客様の「秋の疲れ顔」を招く肌悩みを募集したところ、たくさんのご相談をいただきました。今回は『Vol.1』と題して、たるみや乾燥などの肌悩みについてカスタマーサポートの回答とともにご紹介します。
【Q&A】ビーグレンがお答えします!“真夏の肌悩み” Vol.3

【Q&A】ビーグレンがお答えします!“真夏の肌悩み” Vol.3

ビーグレンが製品とともにお届けしている小冊子『ビーグレンイッシュ!』真夏号にて、お客様の夏の肌悩みを募集したところ、たくさんのご相談をいただきました。『Vol.1』『Vol.2』に引き続き、『Vol.3』では夏のオイリー肌や目元のしわ、乾燥などの肌悩みについてカスタマーサポートの回答とともにご紹介します。
太陽の下にいることも、美肌を保つことも諦めない。自分らしく夏を楽しむためには?

太陽の下にいることも、美肌を保つことも諦めない。自分らしく夏を楽しむためには?

ビーグレンが目指すのは、化粧品の力で美肌を実現することだけではありません。人生を楽しみ、充実した毎日を過ごして、内面からも輝くトータルビューティーを育むこと。今回は、それを実践しているビーグレンUSAのスタッフをご紹介します。肌悩みと向き合い、解決策を模索しながら自分らしい日常とのバランスをとるために、彼女がしていることはなんでしょうか?
脱・肌悩みシリーズ(16)最終回「美しい肌はすこやかな生活習慣から」

脱・肌悩みシリーズ(16)最終回「美しい肌はすこやかな生活習慣から」

美子がスキンケアスペシャリストのグレン先生とともに、皆様からの肌悩みへのご質問 に回答するシリーズ『脱・肌悩み』の最終回。「すこやかな生活習慣が美肌を育む」といわれ ますが、すこやかな生活習慣とはどのような生活なのでしょう?美子と一緒に考えていきましょう!
脱・肌悩みシリーズ(15)首のしわ「しわ発生!酷使される薄い肌の首」

脱・肌悩みシリーズ(15)首のしわ「しわ発生!酷使される薄い肌の首」

美子がスキンケアスペシャリストのグレン先生とともに、皆様からの肌悩みへのご質問に回答するシリーズ『脱・肌悩み』。第15回は「首のしわ」を取り上げます。「手と首は年齢を隠せないといわれているのは正論?」という質問への回答のなかに、美しい首元を育むヒントが隠されています!
脱・肌悩みシリーズ(14)乾燥・乾燥じわ「肌トラブルのトップ1は“乾燥”」

脱・肌悩みシリーズ(14)乾燥・乾燥じわ「肌トラブルのトップ1は“乾燥”」

美子がスキンケアスペシャリストのグレン先生とともに、皆様からの肌悩みへのご質問に回答するシリーズ『脱・肌悩み』。第14回は「乾燥肌」「乾燥じわ」を取り上げます。乾燥肌改善の第一歩は、本当の意味での「乾燥肌」を知ることなのです。