Cセラムで日焼けする?日中にCセラムを使う場合気をつけたい二大ポイント

お客様からのご相談

ビーグレンのピュアビタミンC美容液「Cセラム」を使っています。Cセラムはオイルのようなテクスチャーなので、つけた後に外出すると、日焼けしてしまうのではないかと気になります。Cセラムで日焼けしてしまいますか?

ビーグレンからのアドバイス

「Cセラムで日焼けすることはありません」

“油で日焼けする”と思われていますが、実は、油で日焼けしているのではありません。肌の上にある油が、紫外線などで酸化することで皮膚に炎症を起こし、色素沈着を起こすのです。しかし、最近では、一般的に精製度の高い油が化粧品に使用されていますので、酸化して色素沈着することは少ないようです。

Cセラムは、しわ、たるみ、ニキビ、毛穴、シミなど、さまざまな肌悩みに効果が期待できるピュアビタミンCを高濃度に配合した美容液です。独自の浸透テクノロジーで成分を包み込み、安定させ、角質の奥まで届けて留まらせることで、ビタミンC本来の優れた威力を発揮します。

より素早く成分を肌に浸透させるために、Cセラムのテクスチャーはオイルのような形状になっていますが、実は含まれている油分は少量です。肌にのせると、超微小カプセルに包まれた成分が、じんわりと温かい感触を伴ってなじみ、肌表面がサラッとします。Cセラムをつけたことで日焼けすることはありません。

こうすれば大丈夫!Cセラムを日中使う時に気をつけたい二大ポイント

ここでさらに、日焼けの心配を払拭して、肌悩みへの手応えを得るために、Cセラムを日中に使用するに際して、次の二点に気をつけてください。

必ず日焼け止めを塗ること

せっかく塗布した成分を酸化から守り、長く効果を保つためにも、日中は必ず日焼け止めやUVカット機能のある製品を使いましょう。

外出30分前に使用すること

Cセラムの成分が肌にしっかりなじみ、肌に浸透した状態で外出するようにしましょう。

紫外線の降り注ぐ季節、二大ポイントに気をつけながら、安心してCセラムをお使いください。

 

おすすめ製品
美容液

 Cセラム

あるゆるサインに素早い手応え。肌力を呼び覚ますビタミンC美容液

この記事を書いたライター

Skincare Consultant

効果的にしっかりケアすれば、若々しい肌を取り戻せます。 マッサージセラピストとしての経験を生かしながら、スキンケアにプラスして取り入れやすい美容テクニックのご提案を含めた美肌づくりのサポートをさせて頂きます。どんなに小さなことでもお気軽にご相談くださいませ。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事