レチノールの多彩な効果

レチノール(ビタミンA)には、さまざまなエイジングケアの効果があることが古くから知られていました。

retinoA_266918558
  • 肌の代謝を高め、細胞分裂や成長を促進するため、
ターンオーバーを正常化します。
  • コラーゲン産生を促進し、分解を抑制するので、肌にハリを与えます。
  • 細胞間脂質の合成を促進することにより、肌の保湿及びバリア機能を守ります。
  • 肌の老化の原因となる活性酸素を消去することにより、若々しさを保ちます。

このようにレチノールの効果は、他の方向からもエイジングケアするという、非常に強力なものです。さらに、他の成分に比べてスピーディーに効果が見られるため、しわを始めとするエイジングの悩みのためには欠かせない成分であり、「抗老化ビタミン」という異名で呼ばれるほどなのです。

レチノールが使われてこなかった理由

しかし、レチノールをスキンケア製品に配合するためには、二つの大きな難しさがありました。

刺激性

レチノールは、肌に対して刺激性を持つため、人によっては、赤みや刺激を感じてしまう場合がある。

不安定性

レチノールは、酸素、熱、光、重金属などに対して敏感で性質が変わりやすいため、化粧品に配合するのが難しい。

高いアンチエイジング効果にも関わらず、これらの性質が理由で、レチノールは一般的な化粧品になかなか配合されてきませんでした。レチノールの欠点を補うために、「誘導体」という形でレチノールを配合している製品は多くあります。しかし、ピュアなレチノールは誘導体よりも以下の点で優れています。

ピュアレチノールの利点

高濃度で配合できる

誘導体は、配合濃度が高く見えても、実際には有効成分であるレチノール以外の成分が含まれています。有効成分そのものが配合されているピュアなレチノールの方が、高い効果を期待できます。

肌の中での働きもダイレクト

レチノール誘導体は、肌に塗布した後、有効成分に変換することで効果を発揮しますが、100%有効成分に変換されるとは限りません。ピュアなレチノールの方が肌の中でダイレクトに威力を発揮します。

以上のことから、ピュアなレチノールを化粧品に配合するための工夫が重ねられてきました。ピュアなレチノールをナノカプセル化することで、この二つの問題を解決したのが、今回ビーグレンが採用したピュアなレチノール成分「レチノールプラス」です。 敏感肌の方でも使えるやさしさと即効性を両立したレチノールがついに完成したのです。
ピュアなレチノール「レチノールプラス」&レチノイン酸トコフェリル レチノールがW配合された、「深く刻まれた年齢サイン」のためのビタミンA美容液「QuSome レチノA」
おすすめ製品
美容液

 QuSomeレチノA

刻まれたラインに翻弄されない進化系ビタミンA美容液

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事