top

「午後になると、化粧が崩れてきてしまう……」

そのような悩みは、夏はもちろんのこと、季節を問わず寄せられるご相談のひとつです。なぜ化粧崩れは起きてしまうのでしょうか。その原因と対策をご案内します。

化粧崩れの主な原因

foundation_01

汗をかくと、肌に汗の層ができ、ファンデーションが肌に密着できなくなります。

皮脂

foundation_02

皮脂の油分によってファンデーションがゆるみ、落ちやすくなります。

  • ファンデーションは厚塗りせず、少なめに使用する。
  • 汗は拭き取るのではなく、抑えるように取ることが大切。
  • 皮脂バランスをスキンケアで整え、過剰分泌を抑える。

これらを心掛けるだけで、改善につながるものです。


気づかないから怖い、隠れた原因

ところが「化粧崩れの原因」はこの2つだけではありません。

湿度や気温が高いと、肌はうるおっているように感じますが、紫外線のダメージやエアコンなどの空調により、意外にも乾燥しているもの。そう、実はこの「乾燥」が化粧崩れを引き起こす大きな原因ともいえるのです。

kansou1

保湿が不十分な肌は、化粧品を吸着させる力が足りなく、落ちやすくなります。また、足りないうるおいを補おうと、余分な皮脂分泌が起こることが化粧崩れにもつながります。

その日一日、化粧崩れ知らずの肌で過ごすためには、まずは朝のお手入れも重要なポイントになります。

寝ている間にかいた汗や皮脂を、洗顔でしっかりと落とす

洗い過ぎやゴシゴシこすってしまうと、必要な皮脂やうるおいまでも取り去り乾燥を招きます。やさしく洗うことが何より大切です。

化粧水で十分な水分を肌に与える

外的刺激に影響されない、いきいきとした肌を育てましょう。一度つけた後、時間をおいて重ねづけすることで保湿が強化できます。

与えたうるおいを一日中保つための保湿製品を使用する

せっかく与えたうるおいも、肌に留まらずに逃げてしまっては意味がありません。化粧水や美容液の成分を閉じ込め、効果を持続させましょう。


ビーグレン製品を使った、おすすめケア

皮脂 対策 毛穴を引き締める。皮脂をコントロールする 高濃度(7.5%)のピュアビタミンCが角層の奥へ浸透し、皮脂のバランスを整えてテカリを防ぎ、開いた毛穴を引き締めます。
おすすめ製品
美容液

 Cセラム

あるゆるサインに素早い手応え。肌力を呼び覚ますビタミンC美容液

汗・皮脂・乾燥 対策 保湿効果のある下地を選ぶ ふんわりと軽いつけ心地で、なめらかに伸びてむらになりにくい化粧下地。肌呼吸も妨げないため、一日肌がいきいきとしていられます。
おすすめ製品
UVカット化粧下地

 ヌーディーヴェール

化粧崩れを知らない肌へ。空気をまとうような軽さと密着感のUVカット化粧下地

朝のお手入れを少し見直し、正しいスキンケアを行うだけで、日中の化粧崩れもきちんとした違いが実感できます。ぜひ実践してみてください。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事