シミのような赤いニキビ跡のお手入れ法は?

お客様からのご相談

私は長い間ニキビに悩み、やっとニキビができなくなって喜んでいました。しかし、今度はニキビ跡。シミのような赤いものが目立ってきて気になります。ニキビ跡は、ビーグレン製品でお手入れできるのでしょうか。できるのであれば、トライアルセットから試してみたいのですが、ニキビケアセットでいいのでしょうか?

ビーグレンからのアドバイス

お悩みのニキビ跡は色素沈着タイプのものだと考えられます。ニキビの炎症などトラブルがあった部分や、活性酸素が多い部分だけメラノサイトが活発になり、いつまでもメラニンを生成してしまいます。また、ニキビトラブル後の肌は、疲れきっていてターンオーバーがスムーズになるまでに時間がかかります。さらに、必要でなくなったメラニンを肌の外側へ排出できないため、このメラニンが沈着して、シミのように残ってしまう赤っぽいニキビ跡の色素沈着となってしまうのです。

このようなニキビ跡は、ニキビケアではなく、ニキビ跡ケア プログラムの4点(クレイウォッシュ、QuSomeローション、Cセラム、QuSomeモイスチャーリッチクリーム)でお手入れしてみましょう。QuSomeローションでターンオーバーが安定して行われるよう十分にうるおいを与えながら、ソフトなピーリング作用のCセラムで肌の生まれ変わりを促します。Cセラムは色素沈着タイプのニキビ跡にも、凹凸タイプのニキビ跡にも効果的な働きをもたらします。仕上げにQuSomeモイスチャーリッチクリームをなじませます。内側から押し返すようなハリで、ニキビ跡の目立たないなめらかな肌へ導きます。

まずは、ニキビ跡ケア トライアルセットで、ニキビ跡ケアに適した4つの製品を全てお試しいただければと思います。最後に、紫外線対策を怠るとニキビ跡に紫外線が当たり、さらに濃いシミになったり、色素沈着を起こしやすくなったりします。年間を通し紫外線対策を行うことを忘れないようにしてくださいね。

クレイウォッシュ
洗顔料

クレイウォッシュ

詳細を見る
QuSomeローション
化粧水

QuSomeローション

詳細を見る
Cセラム
美容液

Cセラム

詳細を見る
QuSomeモイスチャーリッチクリーム
クリーム

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

詳細を見る

この記事を書いたライター

年齢を重ねるごとに悩みが変わっていくことを、自身の肌で日々実感しています。スキンケアは、その時の肌状態を把握し、体の内側ケアや生活習慣などを含め、肌を取り巻く環境を整えることが第一歩です。ぜひごいっしょに健やかな肌を目指しましょう。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事