夏によくある肌トラブル!そんな時の緊急対処方法

「夏」本番の到来です。

楽しいことも多くある夏ですが、高い気温、湿度、汗、エアコンによる乾燥など、肌にとっては、非常に過酷な季節ともいえます。今回は、この季節、肌相談に多く寄せられる肌トラブルとその対処法についてご案内いたします。

夏によくある肌トラブルニキビケア

  • 顔が赤らむ — 日焼けによる炎症
  • スキンケア製品が肌に染みる。肌荒れする– バリア機能低下
  • ニキビ・吹き出物の発生。 –ターンオーバーの乱れ

肌の赤み

いくら日焼け止めを塗っていても、夏はどうしても他の季節より、紫外線を浴びる機会が多いもの 。「日焼け」まではいかずとも、肌が赤らんでいる時は、内部で炎症を起こしている状態です。

肌荒れ

肌荒れしたり、スキンケア製品が肌に染みるようになったり……。万一、スキンケア製品が合わなくなったような場合には、その製品の使用を一時お休みしましょう。さらに、肌が敏感になっている時は、肌にやさしい化粧水に一時的に切り替え、バリア機能の回復を待つことが重要です。

ニキビ

夏は、汗や皮脂の分泌が多くなり、さらに肌のターンオーバーが乱れることで、実はニキビがで出来やすい季節です。普段ニキビに悩んでいない人も、意外な肌トラブルに見舞われるのが、夏という季節の怖いところ。慌てずに、スペシャルケアで対処しましょう。

夏の肌トラブルの強い味方「クレイローション」

以上のような、夏ならではの肌トラブルの際には、ぜひ「化粧水」を変えてみてください。洗顔後、肌に一番先に入っていく「化粧水」が、肌コンディションに与える影響は大きなもの。肌の調子が悪い時は、普段のスキンケア製品はそのままに、化粧水をクレイローションに切り替えることで、夏の肌トラブルに対処できます。

肌の赤み

有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」が炎症をやさしく治め、炎症を起こしている肌をやさしくしずめます。

肌荒れ

とろみのあるクレイローションに含まれる保湿成分が敏感な肌にやさしくうるおいを与えると同時に、主要成分の天然クレイ「モンモリロナイト」が肌の表面に皮膜をつくることで敏感になった肌を守ります。

ニキビ

夏の肌は、一見ベタついているようで、肌のなかは乾いているもの。乾燥はニキビを引き起こす原因にもなりえます。クレイローションは、ただニキビの炎症を抑えてくれるだけでなく、「うるおいを与える」ところにも力を入れているので、乾きがちな大人の肌にぴったりです。

「クレイローション」を使ったスペシャルケア

クレイローションを使ってできる、夏のスペシャルケアを試してみてください。

クールダウン

水で冷やしたタオルを顔にのせ、肌のほてりを沈めます。日焼けは、厳密には「やけど」ですので、肌の温度を下げることで、状態を鎮めることが大切です。

ローションパック

シートマスクにクレイローションをたっぷりと含ませて顔にのせます。5〜10分程度、ゆっくりと肌染み込ませてください。パックを外した後は、通常のスキンケアを行ってください。

ビーグレン製品を使った、おすすめケア

おすすめ製品
化粧水

 クレイローション

販売名:CLYモイスチャーローション
うるおいのひと膜でやさしく癒す薬用化粧水[医薬部外品]

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事