シミ対策を徹底解説!「守りと攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

シミは一度出来てしまうと、スキンケアで戻すのは難しいイメージを抱きがちです。しかし今は、シミがつくられていくメカニズムの解明が進み、正しいアプローチができる時代。正しい知識をもって臨めば、夢物語に終わらないのが現代の美白ケアなのです。さっそくシミの種類と原因から予防と対策までご紹介していきましょう。

シミは肌を守るためにつくられたメラニンが沈着したもの

紫外線は遺伝子をも傷つける強烈な刺激です。本来メラニンは、その刺激から肌や体を守るためにつくられるもの。必要な存在として役目を果たして、古い角質とともに排出されていきます。ところが、紫外線の浴び過ぎによってメラニンが大量につくり出されると、排出が追いつかないという状態が生まれます。結果、肌の奥で蓄積されシミになってしまいます。ただ、いきなりメラニンがつくられるわけではありません。もとは「チロシン」というアミノ酸なのです。紫外線を浴びると「メラニンをつくれ」と指令が下され、「チロシナーゼ」という酸化酵素が活性化し、シミとなっていきます。

紫外線だけでなく、活性酸素を発生する皮脂の酸化摩擦ストレスタバコなどもメラニンを増やす要因になります。

シミにはこんな種類が!そばかすやニキビ跡もシミ?

シミと聞いて、まず頭に浮かぶのが紫外線のダメージでできるシミです。正式には「老人性色素斑」と呼びます。何とも嬉しくない呼び方ですが、ほかにもさまざまなシミがあり、原因や対策が少しずつ異なります。まずはシミの種類を理解しましょう。

紫外線によるシミ

シミ対策を徹底解説!「守りと攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

最もポピュラーなシミです。正式には「老人性色素斑」といい、頬からこめかみ部分に現れます。

炎症性色素沈着

シミ対策を徹底解説!「守りと攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

吹き出物やニキビの跡がシミになったもので、紫外線が直接の原因ではありませんが、やはり大量につくられたメラニンの居座りです。

そばかす(雀卵斑)

シミ対策を徹底解説!「守りと攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

幼少期に発症するそばかすは、ほとんどが遺伝による先天的なもの。成長とともに改善していく可能性がありますが、後天的なそばかすの原因の一番はやはり紫外線です。

肝斑

シミ対策を徹底解説!「守りと攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

30~40代の女性に起こりやすい、女性ホルモンが何らかの形で作用していると示唆されているシミです。

その他

主に目の周りを中心に現れる青あざのような真皮性の「太田母斑」と、イボのように隆起した「脂漏性角化症」がありますが、この2つはスキンケアでの効果は期待しにくいシミです。

美白ケアに効果的な美容成分とは?

「美白」といっても、美白成分によって肌への働きかけは異なります。美白成分には厚生労働省が承認している成分と、各社が独自に開発しているものがありますが、大きく分けるとアプローチは2つになります。

【美白成分のアプローチによる分類】
①チロシナーゼの活性を抑えるもの
②メラニンの還元作用があるもの

 

簡単に説明すると、①は「シミをつくらせない」成分、②は「シミを薄くしていく」成分です。

王道は「ビタミンC誘導体」「ハイドロキノン」!

シミ対策を徹底解説!「守りと攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

なかでも最も歴史があるのは「ビタミンC」。ビタミンCはそのままだと不安定なので、安定性を高めて「ビタミンC誘導体」として配合されています。上記の①の抑制と②の還元の作用を併せ持っているのも、このビタミンC誘導体の特徴です。

よりパワフルな抑制と還元作用が期待できるのが「ハイドロキノン」です。ビーグレンのホワイトケアに「ビタミンC誘導体」と「ハイドロキノン誘導体」を採用している理由もここにあります。また、「ハイドロキノン」にはメラニン生成の母体であるメラノサイトの数を減少させる作用もあるので、新しいシミをつくらせないためにはとても有効な成分なのです。

まだまだある!美白成分

美白成分はまだまだあります。上記の他にメラニンの生成を抑える成分として、「アルブチン」「エラグ酸」「プラセンタエキス」「コウジ酸」「4MSK」など。また、紫外線を浴びた肌に「メラニンをつくれ」と指令を出す物質を抑制する成分として、「カモミラET」「トラネキサム酸」「t-AMCHA」などがあります。メラニンは古い角質と一緒に排出できれば、シミになることはありません。その排出を促す成分としては、「ビタミンC誘導体」「プラセンタエキス」「リノール酸」が上げられます。排出も大きな意味での美白なのです。

シミ対策に必要なのは、「守り」と「攻め」のケア

シミ対策は、日焼け止めを使って「メラニンをつくれ」という司令を出させないことが大前提です。その上で、美白美容液や美白クリームを活用して、シミを「つくらせないケア」と「消し去るケア」を同時に行なっていくのがポイントです。

美白ケアの第一歩は、洗顔!

シミ対策を徹底解説!「守りと攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

スキンケア化粧品は、有効成分が肌に浸透してこその効果です。優れた成分も肌の上に乗っているだけでは宝の持ち腐れです。洗顔で汚れをきちんと落とすことは、全てのお手入れの鉄則ですが、気をつけたいのが摩擦になるゴシゴシ洗い。活性酸素を発生する摩擦はメラニンを増やす要因です。すすぐ時もこすらずに、手ですくったぬるま湯を顔に優しく当てながら落としていきましょう。タオルもぽんぽんと優しく押し当てるだけで、水気は取れます。

化粧水でたっぷりとうるおいチャージ

みずみずしい肌を心がけターンオーバーを正常に保つことも、美白ケアの一環です。ターンオーバーの働きがしっかりしていれば、メラニンを溜め込まずに済むからです。肌が乾燥するとターンオーバーの周期が早まり、肌細胞が十分に育たないまま表面に押し上げられ、バリア機能も弱まってしまいます。

バリア機能を守るためには、わずか0.02ミリの角層内にある「セラミド」を正常に働かせてあげることが大切です。セラミドは細胞と細胞の間でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいる脂質。肌のうるおいに欠かせない存在ですが、肌の表面が乾燥していると容易に機能が低下してしまいます。そのため、化粧水はとても大切な存在です。手の平になじませ、ハンドプレスで肌を包み込むようにして丁寧につけましょう。美容液やクリームの美容成分を浸透させるためにも、肌がうるおっていることはマストです。

美容液やクリームで積極的なアクションを

今やシミがつくられるメカニズムが解明され、進化を続けている美白化粧品。新しい成分も続々と開発されています。なかでも美白美容液は、夏だけでなく一年を通して使いたいアイテムですが、白く透き通る肌を実感するには、角層の奥まで美容成分を届けなければなりません。ビーグレンが浸透にこだわる理由も、スキンケアの喜びは効果の実感あってのものだから。ビーグレンの製品に用いられている「QuSome®(キューソーム)」は、こすりつけるように塗らずとも、角層内の奥深くまで成分が壊れることなく届けられるように設計された独自の浸透テクノロジーです。

ここに悩んでいます!美白ケアのQ&A

シミ対策を徹底解説!「守りと攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

美白ケアをしているのに、「新しいシミが出現!」したり、薄くなるどころか濃くなったり。ここではビーグレンのお客様からも、たびたび寄せられるお悩みトップ3をご紹介します。

悩み① 今、気になるシミが薄くなっても、新しいシミが出来て「いたちごっこ」です。

シミ対策は、気になるシミに意識が行きがちですが、肌の奥にはシミ予備軍が潜んでいます。今にも表に出てこようと待ち構えているのです。美白アイテムは現在シミの出ていない部分も含めて顔全体に使うのが大前提。叩きづけやこすりつけるような塗り方が摩擦とならないようにしましょう。気になっても触らないことも鉄則です。

悩み② 美白ケアを続けていたら以前よりシミが濃くなった気がします。

1ヶ月くらいお手入れを続けていると、シミの輪郭がハッキリしてきたり、ぼんやり薄く見えていたものが肌表面に上がってきたりして「シミが濃くなった!?」と思う瞬間があります。実はこれこそが、シミが消え始めるサインです。古い角質となって剥がれるまで、長い目でお手入れを続けていきましょう。

悩み③ 往年のシミ。「いまさらお手入れしても」と諦めの境地です。

シミのアプローチには、「チロシナーゼの活性を抑える方法」と「メラニンを還元させる方法」があります。還元とは、黒色化したメラニンを元の無色の状態に戻していくことです。ビタミンC誘導体やハイドロキノンのような還元に効果的な成分を味方につければ、手遅れと諦めることはありません。大切なのは毎日の積み重ねです。

日常の生活習慣を見直して、美白ケアとの相乗効果を!5つの方法

「継続は力なり」といわれる美白ケア。その後押しをしてくれるのがライフスタイルの見直しです。ストイックにならず、少しずつ意識して5つの方法を習慣にしていきましょう。

1 抗酸化作用のある食材を毎日のメニューに

細胞の生まれ変わりは体の内側で起こっていることです。ビタミンC、E、ファイトケミカルは、シミの原因となる活性酸素を除去する効果が期待でき、美白・美肌ケアには欠かせない栄養素&成分です。もちろん炭水化物やタンパク質、脂質をバランスよくとることも大切です。

①ビタミンC

シミ対策を徹底解説!「守りと攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

野菜や柑橘系の果物、パプリカに多く含まれます。サツマイモやジャガイモなどの芋類にも含まれ、これら芋類のビタミンCはでんぷんに守られているので熱にも強いという特徴があります。ビタミンCはチロシナーゼの抑制と、メラニンの還元作用のほかに、コラーゲンの生成にも欠かせないビタミンです。

②ビタミンE

シミ対策を徹底解説!「守りと攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

「若返りのビタミン」の別名を持つビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類、胚芽油、ウナギなどの魚介類、大豆、穀類、緑黄色野菜などに多く含まれています。酸や熱に強く、調理による損失がほとんどないのも特徴です。

③ファイトケミカル

シミ対策を徹底解説!「守りと攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

ファイトケミカルとは植物が紫外線やそのほか外敵から身を守るために自らつくり出す化学物質のことです。よく知られているのは、トマトやスイカ、ニンジンに含まれるリコピン。ベリー類のアントシアニン、緑茶のカテキンもファイトケミカルです。

2 甘い食べ物をとり過ぎない

シミ対策と合わせて、黄ぐすみのない透明感のある肌を目指すには、糖化の材料となる甘い食べ物をとり過ぎないことが第一です。糖化は摂取した糖分が体内のたんぱく質と結びついて変性・劣化すること。肌の黄ばみや硬化など、老化を早める原因となります。

3 質のよい睡眠でターンオーバーを整える

回復力の備わったすこやかな肌は、紫外線を浴びてつくられたメラニンを肌のターンオーバーによって古い角質と一緒に排出することができます。睡眠不足が続くと、ターンオーバーのリズムが乱れてメラニンの排出が追いつかず、シミが定着してしまいます。質のよい睡眠で回復力を培うことも、美白ケアの一環です。

4 適度な有酸素運動

シミ対策を徹底解説!「守りと攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

適度なウォーキングやジョギング、エアロビクスなどの有酸素運動には、成長ホルモンの分泌を促進させる働きが期待できます。成長ホルモンは肌のターンオーバーに欠かせない要素ですから、適度な運動と質の高い睡眠はセットで考えていきたい生活習慣です。

5 ストレスを抱え過ぎない

ストレスが増えると、体内では活性酸素が大量に発生します。活性酸素は体の細胞を傷つける存在です。この活性酸素を取り除くために、メラノサイトが刺激されメラニンがどんどんつくられるという状況が生まれてしまいます。ストレスのない生活は難しくても、できるだけ溜め込まないようにしたいものです。

美白は一日にしてならず!

シミ対策を徹底解説!「守りと攻め」の美白ケアで予防と攻略を一度に

シミがつくられるメカニズムをおさらいしながら、適切なスキンケアと見直していきたい生活習慣をご紹介しました。もちろん、紫外線は一年中降り注いでいますから、年中無休の紫外線ガードは必須です。「今日は雨だから」「夏じゃないから」ではなく、「雨だけど」「冬でも」のマインドで紫外線から肌を守りながら、美白ケアを続けていきましょう。防ぐことも大切なお手入れ。シミやくすみのない肌は、毎日の積み重ねから得られるものなのです。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事