脱・肌悩みシリーズ(15)首のしわ「しわ発生!酷使される薄い肌の首」
読者からの質問の手紙

美子がスキンケアスペシャリストのグレン先生とともに、皆様からの肌悩みへのご質問に回答するシリーズ『脱・肌悩み』最終回。「すこやかな生活習慣が美肌を育む」といわれますが、 そもそも、すこやかな生活習慣とはどのような生活なのでしょう? 美子の疑問への答えは、5つのキーワード「規則正しい生活」「バランスの取れた食事」「適度な運動」「良質な睡眠」「ストレスケア」にありました。美子と一緒におさらいしてみましょう。

ハリのない肌は十分な栄養素が取れていなから!?

美子

グレン先生、私は最近肌の調子が悪くて、ハリもなくなってきたように思えます。

グレン先生

美子さん、それはいけませんね。肌にハリがなくっているとは、外食ばかりで肌をつくる栄養素をちゃんと取れていないのではないですか?おにぎりやパスタだけで食事を済ませてはいませんか?

美子

うわっ、グレン先生、どうして分かるのですか?実は、なにかと忙しくて、コンビニのお弁当や外食が続いています。

肌の材料はタンパク質、ビタミン、ミネラル

グレン先生

炭水化物や糖質はエネルギー源として、とても大切ですが、美肌づくりにはほぼ関係ありません。必要なのはタンパク質をはじめ、各種ビタミンミネラルなど、肌の材料です。乳製品大豆製品などに多く含まれるタンパク質は、肌の材料、特にハリを支えるコラーゲンの元になります。

美子

そういえば、ここのところ良質なタンパク質は摂取できていなかったかも…。でも、極力意識して野菜は取るようにしています。必ずミニサラダも追加するようにしていますから。

グレン先生

それはいい心掛けですね。でも、さらにおすすめなのは、βカロテンを多く含んだホウレンソウカボチャニンジンなどの緑黄色野菜。βカロテンは体内でビタミンAになり、皮膚の粘膜を丈夫にして肌荒れを防ぐとともに、発生する活性酸素を分解する働きがあるのですよ。そのため、肌老化の予防にもつながり、真皮の衰えを抑えてくれます。

また、レバーウナギに多く含まれるビタミンB2カツオバナナに含まれるビタミンB6は脂質代謝を促すなど、皮膚の調子を安定させるために代表的な栄養素。積極的に取りたいですね。特にこれらは、疲労で減少しやすので、忙しくて疲れもたまりやすい今の美子さんは摂取すべき栄養素ですよ。

良好な腸内環境は美肌の要

美子

カボチャやニンジンもあまり口にしていません。ましてやレバーやカツオなんて、調理も難しそうだし、私にはややハードルが高いです。最近では、お通じもイマイチで…。

グレン先生

それは、大変!便秘は美肌に大敵です。良い腸内環境の一番の条件は、お通じがいいこと。良好な腸内環境は美肌の要といわれるのはそのためです。どんなに体にいいものを食べても、腸の状態が悪く吸収しなければ、せっかく摂取した栄養素も無駄になってしまいます。まずは手始めに、美子さんは食物繊維も豊富なバナナを食べるようにしたらどうかしら。バナナなら身近な果物ですし、簡単に毎日の食生活に取り入れられますよ。

美子

なるほど!バナナなら忙しくても食べられそう。肌老化を防ぐビタミンB6も食物繊維も摂取できますし、調理の必要もありませんからね!でも、私のお通じはかなり頑固。バナナだけではビクともしないような気もします。

グレン先生

本来、腸には腸内フローラという常在菌がたくさんいて、善玉菌悪玉菌がバランスよく生存しています。コンビニ弁当やインスタント食品、外食が続いたり、ストレスがあったり、また腸内に炎症があると、そのバランスが崩れてしまいます。お通じの状態を見て、腸内環境が好ましくないと思えたら、改善に努めましょうね。バナナはもちろん、腸内フローラを整える王道といえる、ヨーグルト納豆などの発酵食品野菜フルーツブランなどの「特定保健用食品(トクホ)」がついたシリアルも効果的ですよ。調理もいりませんしね!

運動不足はくすみやくまを目立たせる

美子

確かに!最近は腸内環境を整えるサプリメントも多く販売されているので、それを取ってもいいかもしれないですね。私は運動前にサプリメントを取るようにしていたのですが、せっかく会員になったのに、忙しくてホットヨガスタジオにも行けていないので、サプリメントまで取らなくなってしまいました。これからは、食事と関連づけてサプリメントを取るようにしますね。

グレン先生

食生活を整えながら、上手にサプリメントを生活に取り入れるのはいいことですね。でも、美子さん、運動も便秘には大いに関係があるのを忘れないでください。腹筋が弱いと便を押し出すことが難しくなりますから。

美子

うーん、忙しくてバタバタしていると生活が乱れてしまって…、まさに悪循環ですね。それに、一日中パソコンの前に座っているので、腰痛や肩コリまであります。

グレン先生

腰痛や肩コリとは、もう完全な運動不足の状態ですね。それだけではなく、体の血流が悪いと、肌のくすみやくまが目立ちやすくなりますよ。新陳代謝が落ちて、肌自体に元気がなくなると、ターンオーバーが低下し、うるおいや、ハリ・弾力のない疲れた肌になってしまうのです。運動で成長ホルモンの分泌が高くなることも報告されています。肌の血流が良くなる血色が良くなり、透明感が出て、くまくすみも薄くなることが期待できますよ。

歩くだけでも軽い運動になります。歩いたり、階段を使ったり、少し汗ばむ程度の運動を、移動時間に取り入れると無理なく続けられますよ。美子さんもそれなら取り入れられるのではないですか?

肌は夜につくられる

美子

そうですね。今の忙しい状態でも、できることから取り入れていかないといけないですね。生活リズムが崩れ、ロクな食事もしていないし、ホットヨガをサボっていることで、お通じも悪くなって、さらに肌の調子まで…。挙句に、夜も遅くまで慌ただしくて、睡眠時間まで減ってしまっています。

グレン先生

まぁ、それはいけませんね。美子さんも十分に分かっていると思いますが、肌はにつくられます。特に夜10時~深夜の2時の間はゴールデンタイムと呼ばれ、この時間に成長ホルモンが分泌されるのです。睡眠が特に肌の再生に有効とされているのは、このためです。理論的には睡眠時間が少ない日は肌の再生が足りないことが考えられます。それに、美子さん、平日の睡眠不足を週末に埋め合わせしようとして寝だめをしてもダメですよ。

美子

グレン先生、鋭いです。まさに週末に寝だめするようにしていました。夜寝る時間も定まっていないので、朝起きるのも日によってバラバラですし…。言い訳するようで心苦しいのですが、本当に忙しくて、寝る直前までスマホで連絡を取り合ったりしているくらいなのです。

良質な睡眠は就寝前から

グレン先生

それはNGです!なかなか難しいかもしれませんが、なるべく寝る時間・起きる時間を決めて、毎日同じように規則正しくできるといいですね。

それに、美子さん、寝る前にスマホパソコンを見ていると、交感神経が働いて一種の興奮状態になって眠りに入りづらくなりますよ。睡眠時は副交感神経が支配しているので、交感神経を休ませるようにしましょう。せっかく睡眠を取るのですから、できるだけ神経を鎮めて、質の良い眠りを取るようにしたいですね。

ぬるめのお湯でゆっくり入浴する、アロマの香りで気分を落ち着かせる、ハーブティーを飲むなど、リラックスすることを寝る前に心がけましょう。もちろん、寝る時は電気を消すようにしてくださいね。

美子

グレン先生、どうしてそんなに分かるのですか?スマホ片手に、電気もつけっ放しで寝落ちしちゃっています!

グレン先生のアドバイス通り、寝る前から良質な睡眠を取るための準備を始めないといけないということですね。やっぱり、美容と健康のためには、スマホは寝室への入室禁止を徹底しないといけないかも…。温かいハーブティーでも飲みながら、ゆっくりと寝る準備をできるようにしなくては!

グレン先生

リラックスできればいいのです。心地良いと感じることから取り入れてみてはどうでしょう? 眠りに入って、最初の3時間に肌の再生に必要な成長ホルモンが分泌されることもわかっていますので、睡眠は大切にしてください。質の良い睡眠なくして美肌はあり得ませんよ!

それにしても美子さん、そのように忙しかったら、規則正しい生活も送れないし、バランスの取れた食事も取れない、また適度な運動もできなくて、さらに良質な睡眠も得られないとなると、ストレスも相当なものでしょう?

ストレスケアは現代女性の必須項目

美子

もう、ストレスの塊です。気持ちまで落ち込んでしまいます。

グレン先生

美しい肌を育むためには、「規則正しい生活」「バランスの取れた食事」「適度な運動」「良質な睡眠」が必要不可欠なのです。このことを美子さんは、今、身を持って実感しているのでは?

現在では、これらに「ストレスケア」も加えないといけませんね。上手にストレスを解消・発散させる方法を探してみてくださいね。「バランスの取れた食事を家族や友人と和気あいあいと取ること」「ホットヨガで汗をかくこと」「寝る前にゆっくりとマッサージをすること」など、美子さんのストレスを解消できる方法はいろいろとあるはずですよ。

すこやかな生活習慣が美しい肌をつくる

美子

はい。私は、スキンケアだけはマッサージも含めて、毎日丁寧に行っています。でも、日々スキンケアを欠かさずに行っていても、生活が乱れていては、美しい肌を育むことは難しい…ということですね。肌って、思っている以上に「正直」なことをつくづく実感しています。忙しさを理由に、食生活や運動、睡眠をないがしろにしてはいけませんね。

グレン先生

その通りです。でも、美子さんは、毎日欠かさず丁寧なスキンケアを行っていることは素晴らしいことですよ!これまで学んできた成果ですね。

スキンケアは、美しい肌へ導く大切な要素。忙しい現代社会では、なかなか難しいことですが、すこやかな生活習慣も肌に多大な貢献をしていることを忘れないようにしたいですね。スキンケアに100%依存するのではなく、日々の生活にも心を配るように、お互いに努めていきましょう。スキンケア製品は日々進化していますが、「すこやかな生活習慣が美しい肌をつくる」という事実は永遠に変わりませんから。

美子

はい。すこやかな生活習慣とは「規則正しい生活」「バランスの取れた食事」「適度な運動」「良質な睡眠」「ストレスケア」!美しい肌は、美しい生活習慣そのものといえるのかもしれませんね。グレン先生、私も美しい肌を目指して、これからも日々頑張っていきます!

シリーズ『脱・肌悩み』は最終回を迎えました。読者の皆様、長らくご愛読いただきありがとうございます。また、いつか、どこかでお会いしましょう!それまで、美子と一緒に美肌づくりに取り組んでいきましょう。

美子プロフィール
グレン先生プロフィール

 

読者からの質問の手紙

美子と一緒に解決したい肌悩み、ご意見、ご質問、応援は下記のコメント欄からどうぞ!

コメントはこちらからどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事