諦めてしまう前に!肌が応える、本当に正しいスキンケアのすすめ

ビーグレン製品でしっかりスキンケアをしているつもりなのに、あまり成果を感じない。肌悩みが改善されない…。実は、そんなお客様の多くが、“正しい使用方法を実践できていなかった”ということがアンケートから判明しました。そこで今回は、よくあるNGな使い方を例に、正しい製品の使用方法をご紹介します。今使っているスキンケア製品が「私の肌に合わないのかも?」そう思って諦めてしまうのは時期尚早というもの。ケアすればするほど肌がしっかり応えてくれる、正しいスキンケアで理想の美肌を目指しましょう。

こんな使い方をしていませんか?ありがちなNG例

諦めてしまう前に!肌が応える、本当に正しいスキンケアのすすめ

お客様アンケートやスキンケアコンサルタントに寄せられたご相談内容をもとに、意外と行ってしまっている方の多い、ビーグレン製品の「効果を発揮できないNGな使用方法」を挙げました。その理由と正しい使い方をご紹介します。

1)Cセラムを乾燥が気になる箇所にたくさんつける

Cセラムには皮脂をコントロールする働きがあるので、つけ過ぎると肌のつっぱりを感じる場合があります。顔全体にまんべんなく、使用量通りにつけることでベストな効果を発揮します。

2)QuSomeローションを重ねづけする

QuSomeローションは適量を1度つけるだけで十分に浸透するので、少量を何度も重ねづけする必要はありません。それよりも、年齢が表れやすいといわれる首やデコルテなどの広範囲にもしっかりローションを使ってうるおしてください。それでも乾燥が気になる場合は、QuSomeモイスチャーリッチクリームなどを併用することをおすすめします。

3)QuSomeリフトで、力強くリンパマッサージをする

リンパは皮膚のすぐ下にあります。グイグイ力強くマッサージをすると、肌に余計な刺激や摩擦を与えてしまい美肌には逆効果です。顔にしわが出来たり歪んだりしないように、優しく肌をなでるような圧でマッサージをしてください。また、QuSomeリフトはしっかり1~2プッシュ使うことですべりを良くし、マッサージとの相乗効果を生み出します。

4)QuSomeリフトで夜だけマッサージ

「マッサージの効果をあまり感じない…」というお客様の中には、マッサージを夜だけしか行っていない方がいらっしゃいます。夜に行うマッサージは、日中の疲れを癒して、寝ている間の美容効果を高めますので、そのまま続けていただきたいところです。それに加えて、朝マッサージを行うと、寝起きのむくみがちな顔がスッキリし、化粧ノリも良くなります。また、歯ぎしりのクセが気になる場合は、朝のマッサージがこわばった筋肉をほぐしてフェイスラインを整える効果も期待できます。ぜひ、朝のスキンケアにも取り入れてください。

5)QuSomeホワイトクリーム1.9を、シミのある部分にだけ使う

シミがあるからといって、その真下にその根本的な原因が隠れているとは限りません。また、今、目に見えているシミだけでなく、皮膚の下にその予備軍となるシミが隠れていることもあります。QuSomeホワイトクリーム1.9は顔全体にまんべんなく塗ってください。

6)QuSomeホワイトクリーム1.9を朝のスキンケアに使う

QuSomeホワイトクリーム1.9に配合されているハイドロキノンは、紫外線に反応しやすい成分のため、たとえ日焼け止めを併用しても日中のご使用はお控えください。夜にのみお使いいただくことで、ブライトニング効果が発揮されます。

7)QuSomeホワイトクリーム1.9をスキンケアの終わりに使う

濃厚なテクスチャーで保湿クリームのようですが、QuSomeホワイトクリーム1.9はあくまで紫外線ダメージにアプローチするためのクリーム。お手入れの最後はしっかりQuSomeモイスチャーリッチクリームを塗り、肌にフタをするように美容成分を閉じ込めましょう。QuSomeモイスチャーリッチクリームに配合された成分が肌を整え、すこやかにし、明るさを引き寄せます。ハリ、つや、弾力を呼び覚まし、白く輝く肌へ後押しします。

8)ホワイトケア製品を使用中に紫外線対策を強化しない

ホワイトケア中は、普段のケアに比べて肌が紫外線に対して敏感になっています。季節問わず紫外線対策はいつも以上に入念に行いましょう。例えば、日焼け止めを2、3時間おきに塗り直す、帽子をかぶる、サングラスをする、車の窓をUVカットにするなどを意識してください。

9)1回の使用量が極端に少ない、または多い

スキンケアの際に、1回に使用する量が少ないと、その製品の効果を十分に発揮できません。また、使用量が多ければ多いほど効果が大きくなるわけでもありません。説明書に書かれている通りの分量と頻度を守って、しっかりスキンケアするのが美肌への近道です。

今回ご紹介した製品の正しい使用量

諦めてしまう前に!肌が応える、本当に正しいスキンケアのすすめ


※ブラウザによって実寸でない場合もありますので、表記の数字や単位をご参考にしてください。

気持ちも大切。基本的なスキンケアの心得

諦めてしまう前に!肌が応える、本当に正しいスキンケアのすすめ

スキンケアにおいては、実は精神面も大きく影響しています。今の肌悩みがなかなか改善されないのは、スキンケア製品にだけ原因があるわけではありません。悩みが大きければ大きいほど今すぐ目に見える効果を求めがちですが、そのことばかりにとらわれず、まずは深呼吸。肌悩みとうまく付き合い、効率的に改善していくために、スキンケアの際に心がけたいポイントをご紹介します。

1)美肌とライフスタイルの密接な関係を再認識

肌の状態には、毎日のスキンケアはもちろん、普段の生活習慣、食事、睡眠、ストレスなどさまざまな要因が関わっています。なかなか解決されない肌悩みがあるときには、単にスキンケア製品を変えるのではなく、まずはライフスタイル全体を見直してみるのも良い方法です。

ビーグレンの肌悩み相談では、製品に関するご質問にお答えしたり、使い方のアドバイスをさせていただいたりするだけでなく、スキンケア以外の観点からも美肌を育むポイントをご提案しております。製品の効果に疑問を感じたら、まずは一度ご相談ください。その肌悩みが解決されない理由を、一緒に模索していきましょう。

2)すぐに効果が出るはず、短期間で効果が出ないと「製品が肌に合わない」という思い込みに要注意

今の肌質や肌の状態は、これまでの長年のスキンケア方法や生活習慣の表れでもあります。それを、数日や数週間でガラリと変えるのはなかなか難しいというもの。肌の生まれ変わりのターンオーバーは、健康な肌で28日周期(約1ヶ月弱)といわれています。この周期を目安に、せめて3サイクル、最低でも3ヶ月は様子を見ることをおすすめしています。

特にシミのケアは時間がかかり、“シミを消すためにかかる期間は、シミがあった時間に比例する” ともいわれています。つまり、長い間顔にあるシミには、それと同じくらいの時間をかけた根気強いケアが必要なのです。

3)肌に赤みなどが現われた場合は、一度使用をお休みする

前述のように、根気強いスキンケアは大切ですが、肌に赤みや荒れなどの異常が現れた場合は例外です。効果を信じて使い続けるのではなく、原因と思われるスキンケア製品の使用を一回お休みしてください。そして、まずはパッチテスト(※)をして、肌に合うかどうかをチェック。異常が出なければ、フェイスラインに少量つけてみるなどして様子を見ましょう。異常が出たときや、心配なときはスキンケアコンサルタントや皮膚科医に相談してください。

※パッチテストのやり方:
1.入浴後、もしくは石鹸で洗った二の腕の内側に、化粧品を塗る。(約1㎝)
2.30分後に塗った部分を確認し、以上がなければそのまま24時間ほど様子を見る

まずはしっかり使い切る。それが「適量」の目安

諦めてしまう前に!肌が応える、本当に正しいスキンケアのすすめ

ここでは、何度か「使用量を守り」「説明書通りに」「適量を」と繰り返してきました。普段からそのように使っているし、時間をかけたケアもしているつもりなのに、やっぱり効果を感じない…という場合は、意外とその「適量」を守れていないかもしれません。

説明書を一度見ても適量を忘れてしまう、最初はしっかり説明書通りでもだんだん自己流になる、最初から間違った理解をしたまま使い続ける、などさまざまな理由から、せっかくの製品の効果をきちんと発揮できていない可能性があるのです。

製品を使い切らずに余らせてしまう場合は、使う量が足りない、逆に製品があっという間になくなってしまう場合は、使う量が多過ぎることが考えられます。そんな時は、製品の説明書、もしくはビーグレンのウェブサイトの製品紹介のページを今一度、見直してみてください。1回の使用量と、使用量を守った際にどれくらいの期間で使用可能かが記載されています。それを参考に、期間通りにちょうど「使い切る」ことができれば、1回の使用量が「適量」であることがわかります。

これまで、なかなか肌に合うスキンケア製品が見つからなかったとお悩みの方も多いかもしれません。そのようなところ、ビーグレンに出会っていただけたのも何かのご縁。すでに製品の効果を実感いただいている方も、そうでない方も、この記事を参考に、ぜひ毎日のスキンケアについて見直してみてください。また、肌のお悩みや疑問は、お気軽にスキンケアコンサルトまでご相談ください。

―スキンケア相談―

▶︎お電話で

0120-480-902

月~金 午前9時~午後6時

▶︎オンラインで
https://www.bglen.net/contact/skincare

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事