開いた毛穴は老け顔の原因!?プロが教える正しい・間違い毛穴ケア

スキンケアの悩みの中でも多い「毛穴の開き」。しかし、その実態はさまざまです。例えば、鼻の周りのパックリと開いてしまった毛穴。肌の表面がデコボコしているだけでなく、毛穴の中の黒ずみや、脂が固まった白い角栓などが見えると、肌のトーンや印象までも左右します。また、頬の辺りに毛穴が目立つ方も多く、この毛穴が垂れ下がったように見えると、老けて見えてしまう原因にもなります。

毛穴の目立たない、なめらかな美肌は、若く美しく見えるために欠かせない大きな要素です。もちろん、メイクアップで表面的に毛穴の開きを目立たせなくすることはできますが、ファンデーションを塗り過ぎると、毛穴に入り込んで逆に毛穴が目立つことも。毛穴の開きを放置すると、メイクアップの負担と間違ったケアの積み重ね、さらに加齢によって状態は悪化していくばかり。毛穴が気になる人は、今すぐ毛穴を目立たなくさせるための正しい対策を始める必要があります。

多くの人が勘違いしている開いた毛穴のケア方法

毛穴ケアのための製品や、毛穴を閉じるためのスキンケア方法は、世の中に溢れています。しかし、「本当に効果があった!」というものは少ないのではないでしょうか?

スキンケアのプロの目から見ると、世の中で実行されている「毛穴ケア」は、ケア方法自体が間違っている場合もあります。また、ケア方法は正しくても「自分の毛穴悩み」に合っていないと、なかなか効果が出ないこともあるのです。まずは、よくありがちな「間違いだらけの毛穴ケア」から見ていきましょう。

肌への負担やエイジングケアとの両立などをトータルで考え、ビーグレンでは以下のような毛穴ケアには慎重になるべきだと考えています。

間違いだらけの毛穴ケア(1) 毛穴パックで毛穴の汚れをごっそり取る!

開いた毛穴は老け顔の原因!?プロが教える正しい・間違い毛穴ケア

粘着式シートを小鼻の周りに貼り付け、数分間放置してからベリッと剥がすタイプの「毛穴パック」。小鼻に詰まっていた角栓や汚れがごっそり取れた感じがして達成感があり、目に見えて「効いた気がする」ために、癖になっている方もいるかもしれません。しかし、毛穴の開きのケアとして、実は粘着式の毛穴パックはおすすめできません。なぜなら、粘着式のシートパックは、剥がす時に肌へ物理的に大きな負担がかかるからです。無理やり角栓が引き剥がされた毛穴は、前よりも広がってしまう危険性があります。

さらに、皮脂や角質を強制的に除去された肌は、肌内側の水分蒸発を防ぐ働きをするバリア機能が低下します。それにより皮膚が乾燥に傾き、角層が肥厚することで角化不全が起こります。しなやかさが失われた毛穴周辺の肌は元に戻りづらい状況になるため、陥没した箇所に皮脂が詰まりやすくなってしまうのです。開いた毛穴を閉じるために、角栓や毛穴の汚れを取ることは大切ですが、毛穴パックで無理やり取り去ることは避けましょう。

間違いだらけの毛穴ケア(2) 爪や押し出し棒で角栓を大掃除!

物理的な力で毛穴の周りを押して、中に溜まっている汚れを押し出して取り除く方法も、目に見えるインパクトが大きいため人気があります。しかし、肌に与える負担は大きく、毛穴から汚れを押し出すことで、肌を痛めたり、毛穴がより広がってしまう危険性もあるため、おすすめできる方法ではありません。

開いた毛穴を閉じるためには、肌をこすったり押したりするのではなく、洗顔料で毛穴の汚れを洗い落とすことが必要です。

間違いだらけの毛穴ケア(3) とにかく洗顔&化粧水で引き締め!

開いた毛穴は老け顔の原因!?プロが教える正しい・間違い毛穴ケア

毛穴に詰まった汚れをしっかり落とすために、「洗浄力の強い洗顔料を使い、さっぱりする収れん化粧水で肌を引き締める」というケア方法。注意したいのは、必要な皮脂まで落とし切ってしまうこと。肌トラブルの原因にもなります。

また、毛穴の「引き締め」も確かに大切ですが、引き締めだけを意識するよりも、十分に保湿し肌にうるおいを与えることが最も大切です。引き締め効果の高い収れん化粧水は、スースーするような冷たい感覚で気持ちよく、肌が引き締まるので毛穴も目立たなくなりますが、うるおいよりも爽快感を重視している傾向があります。「毛穴=引き締め」と考えてケアをしてしまうと、うるおいが不十分で、肌の質感が全体的にカサついたものとなってしまいかねません。

特に20代以降の大人の毛穴には、洗浄力の強過ぎる洗顔料は避ける方が安心です。加えて、化粧水は引き締めだけでなく、十分なうるおいと栄養素を与えることを重視しましょう。

正しいケア方法を知るための毛穴の悩み4タイプ

よく間違いがちな毛穴ケアのケースをいくつか見てきましたが、開いた毛穴を閉じるための正しいケアとは、一体どのようなものなのでしょうか?

まずは、毛穴悩みの原因を正しく知ることが大切です。毛穴の悩みには大きく4つのタイプがあり、悩みのタイプによって正しいケア方法も異なります。まず、あなたの毛穴悩みはどのタイプなのかを確認しましょう。それによって、より効果的な毛穴のケア方法を見つけることができます。あなたの開いた毛穴は、以下の4つのうちどのタイプでしょうか?

1. 角栓つまりタイプ

開いた毛穴は老け顔の原因!?プロが教える正しい・間違い毛穴ケア

角栓とは、皮脂腺から分泌された皮脂と、毛穴の周りの角層が混ざり合い、毛穴の中に詰まった状態です。白っぽい角栓が毛穴を広げ、肌の表面に見えていることが多いです。また、角栓は放置しても小さくなることはなく、むしろ皮脂と角層がさらに混じり合うことでどんどん大きくなり、毛穴がますます広がります。さらに、活性酸素が増えて表面が酸化することで、毛穴の黒ずみの原因にもなりかねません。

角栓は、一度できてしまうと除去しづらい特徴があります。毛穴の汚れをしっかり取ることで対策できますが、その際「物理的に刺激を与えないように汚れを落とすこと」「汚れを取り除いた後、しっかりと保湿をすること」の2つが重要になります。続けるうちに、角栓による毛穴の開きが自然と目立たなくなってきます。

2. パックリ毛穴タイプ

開いた毛穴は老け顔の原因!?プロが教える正しい・間違い毛穴ケア

1の「角栓つまりタイプ」までいかずとも、鼻の毛穴がパックリと開いているのが「パックリ毛穴タイプ」です。指で触ると表面がデコボコしている場合もあります。鼻の頭は他の皮膚に比べてハリがあるため、たるみ毛穴にはなりにくく、毛穴周辺が陥没しているため目立っています。

このタイプの毛穴は、原因は皮脂なので、「角栓つまりタイプ」とお手入れ法は同じ。肌に負担をかけずに毛穴の汚れや余分な皮脂をしっかりと落とし、うるおいをたっぷり与えましょう。

3. たるみ毛穴タイプ

開いた毛穴は老け顔の原因!?プロが教える正しい・間違い毛穴ケア

頬や額の毛穴によく見られるのが、「たるみ毛穴タイプ」です。通常丸い形である毛穴が、重力で引っ張られて線状に引き伸ばされているものです。一見、毛穴が開いているように見えますが、実は老化に伴い、肌内部のエラスチンや、コラーゲンなどが減少し、皮膚全体のハリが失われたことが原因となって引き起こされます。

たるみ毛穴のケアには、汚れや不必要な皮脂を取り除き、うるおいを与える「開いた毛穴のためのケア」に加え、「たるみケア」を取り入れていきましょう。余分な皮脂の分泌を防ぎ、肌にピンとしたハリを与えてくれるビタミンC美容液を欠かさないようにしましょう。また、毛穴のたるみケア方法としては、マッサージや食事など生活習慣を意識することが効果的です。根気よくケアを続けていくうちに、毛穴の開きが自然と目立たなくなってきます。

4. クレータータイプのニキビ跡

開いた毛穴は老け顔の原因!?プロが教える正しい・間違い毛穴ケア

「開いた毛穴」のように見えて、実は毛穴が原因ではないことがあります。最も多いのが、ニキビの炎症が治った後、デコボコとした傷跡が肌に残ってしまっている場合です。いわゆるこれが、「クレータータイプのニキビ跡」と呼ばれる状態です。このタイプのニキビ跡は、頬に残っている場合が多く、茶色や赤色などの色が留まることもあります(肌色で、ただ凹凸だけというものもあります)。

このようなデコボコしたニキビ跡には、傷つき凹んでしまった土台の皮膚のケアが必要です。エイジングケアを意識した成分が配合されている製品をセレクトするといいでしょう。

必ず閉じる!毛穴の悩み4タイプ別の正しいケア方法

毛穴の悩みには、大きく4つのタイプがあることをご案内しましたが、実際、どのようなお手入れをしていくことが改善への近道なのでしょうか?毛穴の悩みタイプ別に正しいケア方法をお知らせしましょう。ポイントをしっかり理解し、日々の習慣として取り入れていきましょう。

正しい毛穴ケア(1) 肌の汚れをやさしく除去

開いてしまった毛穴を閉じるための、正しい毛穴ケアの第一歩は洗顔です。まずは、毛穴の汚れをしっかり取り除くことが大切です。ただし、その時に「肌に負担をかけないこと」を徹底して意識しましょう。肌の皮膚はとても薄く繊細なものです。毛穴が目立つところは、ゴシゴシと力を入れて洗いたくなる気持ちをぐっと抑え、やさしく撫でるように洗いましょう。

また、肌に必要以上の刺激を与えないためには、洗顔料を選ぶところから気をつけましょう。毛穴を閉じるために、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、物理的に毛穴の中の汚れを除去したりすると、逆効果になってしまいます。肌にやさしく、それでいて不要な汚れはしっかり落としてくれる洗顔料を選ぶのが大事です。

そこで、注目されているのが「クレイ洗顔」、つまり、泥の力を使って自然に汚れを取る洗顔方法です。クレイは、地球の長い歴史の中で堆積され生成されてきた天然の鉱物です。「泥洗顔」「泥パック」などのさまざまな形でスキンケアに取り入れられてきました。

ビーグレンのクレイ洗顔料「クレイウォッシュ」では、高品質で知られる日本産のモンモリロナイトを採用しています。クレイウォッシュの詳細はこちらからご覧ください

洗顔後のすすぎは肌に洗顔料が残らないように、しっかりと洗い流し、吸水力の高いタオルをやさしく押し当てて、水気を取りましょう。擦るように拭き取ってしまうのは、毛穴に刺激を与え、さらに毛穴が開いてしまう原因になりかねないので、気をつけてください。

正しい毛穴ケア(2) 肌にたっぷりとうるおいを与える

洗顔をして、毛穴の汚れを取り除いた後は、すぐ肌にうるおいを与えましょう。化粧水をつける際は、手のひらにのせて体温と同じくらいにし、手でしっかりと肌を包み込むようにしてつけます。このハンドプレスのひと手間で化粧水が肌になじみやすくなります 。毛穴の開きや乾燥が気になる箇所には、特に丁寧につけましょう。肌がうるおいに満ち、ハリが生まれてくると、自然と毛穴の開きも目立たなくなるはずです。

正しい毛穴ケア(3) 毛穴の状態に合わせたプラスアルファのケアを行う

化粧水でうるおいを与えた後は、それぞれの毛穴の悩みに合わせたケアを取り入れることが必要です。

<毛穴の状態に合わせたプラスアルファのケア>

角栓つまり
ホットタオルを使って古い角質を柔らかくした後に洗顔をし、その後たっぷりとうるおいを与えることがおすすめです。

ぱっくりと開いた毛穴
余分な皮脂分泌を抑え、肌を引き締めてくれるビタミンCを与えることが欠かせません。

たるみ毛穴
化粧水の後に、ゆるんだ肌を引き上げるためのマッサージを取り入れることも必要でしょう。夜眠る前に行う印象が強いマッサージですが、朝に行うことも効果的です。

クレーター型のニキビ跡
スキンケアの最後に、肌にふっくらとしたハリをもたらしてくれるクリームを取り入れてみてください。クリームには、ダメージを受けた肌に欠かせない美容成分が濃厚に入っています。クレーター型のニキビや、凹んだ毛穴の悩みがある場合にはぜひ積極的に取り入れましょう。

 

洗顔と化粧水をベースに、悩みに沿ったケアをプラスしていくことで、自分だけの毛穴ケアメソッドが出来上がります。毛穴の状態を毎日観察し、自分の肌がお手入れにどう反応しているのかを掴むことも大切です。毎日同じルーティーンで行うのではなく、プラスアルファのケアを必要に応じて取り入れるようにしていきましょう。

正しい毛穴ケア(4) 日常生活の毛穴ケア

スキンケア製品を使うだけが、肌のケアではありません。日常生活の中から、開いた毛穴を閉じるための努力をすることも大切です。詳しく見ていきましょう。

・紫外線を防止する

開いた毛穴は老け顔の原因!?プロが教える正しい・間違い毛穴ケア

太陽光線に含まれる紫外線は、肌の老化を進める原因であることが知られています。肌の弾力がなくなり、たるみやすくなると、毛穴も目立ちやすくなります。外出する時は必ず、SPF36以上の製品で肌を守りましょう。また、数時間おきに塗り直すことも忘れないでください。日傘や帽子を活用することもおすすめです。

・栄養バランスの取れた食事をとる

開いた毛穴は老け顔の原因!?プロが教える正しい・間違い毛穴ケア

美しくすこやかな肌のためには、適切な栄養が欠かせません。無理なダイエットや偏食を止めて、栄養バランスの取れた食事をしましょう。特に、毛穴の開きをケアするためには、肌の土台を作るたんぱく質やアミノ酸、さらに、肌のバランスを整えてくれるビタミン類、そして、良質な脂肪分もしっかりと摂取しましょう。美肌を応援するレシピを活用してみるのもいいでしょう。

・喫煙を控える

開いた毛穴は老け顔の原因!?プロが教える正しい・間違い毛穴ケア

タバコには、健康に悪影響を及ぼす有害物質がたくさん含まれています。その中の一つ、ニコチンには血管を収縮させてしまう作用があるため、栄養分が必要なところに行き渡らず、細胞の生まれ変わりに影響を与えます。ターンオーバーのサイクルが乱れると、肌老化を招くことになります。また、煙が毛穴の汚れにも繋がります。本気で毛穴の開きを改善したいのならば、喫煙は控えるようにしましょう。

・しっかり眠る

開いた毛穴は老け顔の原因!?プロが教える正しい・間違い毛穴ケア

美しい肌のためには、睡眠は大変重要です。眠っている間に成長ホルモンが分泌されることで、肌が生まれ変わるターンオーバーが行われるためです。しかし、良質な睡眠が取れないとターンオーバーのサイクルが滞り、肌がくすんだりしぼんだりした印象になってしまいます。「睡眠は一番の美容液」といわれるのもこの理由から。夜10時~深夜2時が「肌のゴールデンタイム」と一般的にはいわれていますが、現代社会ではこの時間を睡眠に当てることはなかなか難しいかもしれません。ゴールデンタイムに囚われずに、深く質の良い睡眠を取るように心がけましょう。

困った時はスキンケアのプロに相談

開いた毛穴は老け顔の原因!?プロが教える正しい・間違い毛穴ケア

きちんと、ケアをすれば、肌は必ず応えてくれるもの。これまでご紹介した通り、以下の4つのポイントを意識するだけでも、毛穴の開きは気にならなくなっていくはずです。


1. 自分の毛穴のタイプと、毛穴が開いてしまう原因を正しく知ること
2. 自己流の誤った毛穴ケアを見直すこと
3. 洗顔・保湿・そして自分のタイプに合った毛穴ケアを根気よく続けること
4. スキンケアはもちろん、ライフスタイルにも気をつけること

 

思ったように結果が出ない場合は、スキンケアのプロに相談してみることも、一つの方法です。適切な毛穴ケアを行っているつもりでも、見落としている点が見つかるかもしれませし、また、新たな気づきを得ることもあるでしょう。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事