「あれ、なんだか肌がゴワゴワしてる……」。 なにげなく肌に触れてみてショックを受けたことはありませんか?季節の変わり目、特に冬は冷気と乾燥によって、体調のみならず肌のコンディションも崩れやすいシーズン。さまざまな肌トラブルに悩まされる女性も多いのではないでしょうか。ここでは、そんな乾燥によってごわつく肌の原因と対策についてご紹介します。

ごわつき肌の原因――効果的な保湿ができないのは角質肥厚が原因?

スキンケアはちゃんとしているし、特に使っている化粧品も変えていないのに、肌の手触りが悪く、ごわつきが気になるという方はいませんか?その原因はズバリ「角質肥厚(かくしつひこう)」によるものかもしれません。 角質肥厚とは、読んで字のごとく、角質が肥えて分厚くなってしまった状態のこと。放置していると肌の表面が硬くなり、肌のごわつきを引き起こします。また、化粧水や美容液などが浸透しにくくなるため、効果的な保湿ができなくなってさらに悪化。肌における負のスパイラルが起こってしまうのです。では、なぜこのような現象が起きてしまうのでしょうか?

肌の調子を狂わせる、ターンオーバーの乱れが起こる理由

肌の表面にある、0.02mm~0.05mm程度の薄い層の部分を「角層」といいます。角質は、外部の刺激から皮膚を保護し、水分を保持してくれる大切な「バリア機能」の役目を担っています。また、新陳代謝によって常に生まれ変わり、役割を終えた角質は最終的に垢となってはがれ落ちていく……これを「ターンオーバー」といいます。 肌のごわつきは、このターンオーバーの乱れによる角質肥厚が主な原因の一つとされています。このターンオーバーの乱れがなぜ起きてしまうのか、その理由を探ってみたいと思います。

・理由1 年齢

「ターンオーバーは一般的に28日周期」と知られていますが、実はこれ、10代後半〜20代前半くらいの理想値を基準にした数字となります。実際は30代~40代で45日程度、あるいはそれ以上といわれており、年齢によってその周期はかなり異なってきます。 とはいえ、加齢によってターンオーバーの周期が遅くなってしまうのは仕方のないことです。重要なのは促進化ではなく正常化です。無理に角質を落とすような行為はおすすめできません。自分の年齢にふさわしい理想的な周期を目指しましょう。

・理由2 紫外線

肌の大敵は、何といっても紫外線!たとえ毎日しっかりスキンケアをしたとしても、UVケアをせずに紫外線を浴びることで肌にかかる負担はそのときだけではありません。冬の時期であろうと曇りの日であろうと、油断は禁物。紫外線による肌ダメージは蓄積し、やがてターンオーバーの乱れを招く結果になります。 傷ついた肌を早く回復させようとターンオーバーが早まり、未熟な角質が表面に出てきてしまうというわけです。そうならないためにも、常日頃からしっかりとしたUV対策を行うことが不可欠です。

・理由3 生活習慣

睡眠不足、偏った食事、不規則な生活サイクル……。こういった生活習慣の乱れは、肌の免疫力を低下させ、ターンオーバーの周期を狂わせる要因になります。脂っこい食事や糖分、カフェインなどの刺激物はなるべく控え、良質なタンパク質、ビタミンA、ビタミンCをバランス良く摂取することを心掛けてください。 また、お風呂でぬるめのお湯にじっくり浸かることや、適度な運動を取り入れることもおすすめです。ストレスは溜めず、こまめに発散するようにしましょう。

・理由4 不適切なスキンケア

怠けてもダメ、やり過ぎてもダメなのがスキンケア。特に注意しなくてはいけないのが、日々のクレンジングと洗顔です。「クレンジングを怠っていませんか?」「ゴシゴシ洗いや温度の高いお湯での洗顔をしていませんか?」「刺激の強い洗顔料や肌に合わないクレンジング製品を使用していませんか?」。これらは全て、肌を傷めることなので気をつけましょう。 また、ピーリングや角質ケアなどのスペシャルケアをやり過ぎるのもNGです。必要な角質まで落としてしまったり、あるいは不要な角質が残ってしまったりと、トラブルを引き起こす要因になりますので、一度、自己流のスキンケアを見直してみましょう。

簡単にできるごわつき肌対策

ここまで説明した通り、肌のごわつきが気になる場合は、ターンオーバーを正常に保つことを意識して、生活習慣を見直す必要があります。「そうはいっても効果が出るまでに時間がかかる!」という方もいらっしゃると思いますので、ここではおすすめ&簡単なごわつき肌対策法をご紹介します。

ハンドプレスでスキンケア成分の浸透効果を高める

化粧水、美容液などをつける際にぜひ試してほしいのが「ハンドプレス」です。ハンドプレスとは、その名の通り「手で押さえ込む」ということ。スキンケアアイテムを肌につけた後、手のひら全体で包み込むように優しくプレスすることで、成分の浸透が高まります。 化粧品は人肌に温めて使った方がなじみますので、手が冷たい場合は手をもんだりぬるま湯に手を浸したりして温めてから行うといいでしょう。また、美容液1回分を2〜3回に分けて少しずつ塗ると、ベタつかずさらに浸透しやすくなります。

乾燥対策には洗顔の際の「摩擦」に注意

洗顔の際、ゴシゴシと強くこするのはNG!まず、皮脂分泌の多い額と鼻のTゾーンから汚れを落としていき、頬、そして皮膚の薄い目元・口元の順番で洗顔料をなじませていきましょう。 また、汚れを落とすためには30℃~33℃程度のぬるま湯を使うのがベター。髪の毛の生え際やフェイスラインなどに泡が残ると肌トラブルの原因になりますので、しっかり手早くすすぐこともポイントです。

角質ケアは新陳代謝が高まる生理後に

生理前は肌の角質が厚くなり、特にごわつきが気になるタイミング。いつもより熱心に角質ケアを行いたくなる気持ちはわかりますが、この時期の肌はとても敏感で刺激に弱いので我慢しましょう。 それよりも、しっかりとした保湿(たとえ肌がベタついているとしても)や紫外線対策、十分な睡眠を意識することが肝心です。角質ケアは、新陳代謝が高まる生理後1週間の「卵胞期」のタイミングで行うといいでしょう。

セルフケアで改善しないごわつきは皮膚科に相談!

いろいろと試行錯誤してみたけれど、ひどいごわつきが一向に改善されないなら、自己判断をやめてプロの力を借りましょう。もし、赤みや痛み、かゆみなどがある場合は、皮膚が何らかの炎症を起こしている可能性がありますので、皮膚科を受診しましょう。 そこまでひどくはないけれどやっぱり気になるという程度であれば、美容皮膚科に相談してみるのも手です。自分の肌の状態を診てもらった上でプロに適切なアドバイスをもらうと、新たな打開策が見い出せるかもしれません。

表面的な保湿対策だけじゃダメ!悪習慣を見直してターンオーバーを正常化

年齢を重ねると、若いころと比べて傷が治りにくくなるといわれていますが、実はこれもターンオーバーの遅れの仕業です。肌の状態にも影響が出るのは当然ですよね。年齢は逆行できませんので、悪い習慣を見直し、表面的な保湿対策ではなく根本的な改善方法を検討することこそが、肌改善への近道。ゴワゴワ肌のサインを契機ととらえ、ターンオーバーの正常化を目指しましょう。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事