20181023ウィークリーメール

秋の味覚が楽しみな季節になりました。

秋の味覚といえば、アメリカで筆頭に上がるのは“パンプキン”。こちらではスイーツとして調理されることの多いカボチャは、その甘味からダイエットには不向きな食材と思われがち。でも、女性こそ積極的に取り入れたいスーパーフードなのです。

代表的な緑黄色野菜のカボチャは、満腹感があるのに意外にも低カロリー(100g当たり約90kcal)。水溶性・不溶性食物繊維が豊富で、便秘に効いてお腹もスッキリ、カリウムも多く、むくみを解消して脚もホッソリ。さらに、体内でビタミンAに変換される「βカロチン」と「ビタミンC」「ビタミンE」の三大抗酸化ビタミンが野菜の中でもトップレベルに含まれるため、エイジングに対抗して髪や肌がキレイに!

身近な秋の味覚で美しさに磨きをかけましょう。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ショートニュースの最新記事