すぐそこまで冬の足音が近づいています。

洋服では黒やボルドー色の革ジャンなど、シックでクラシカルな装いが店頭にも並んでいますね。もうアイテムを取入れている方も多いと思います。今回は、この秋冬を楽しむメイクをご提案いたします。

存在感をアップさせる目元

アイラインの跳ね上がる、目力のある目元が引き続き人気です。秋冬の新作のアイライナーには パールが入ってシャイニー感のあるものが多く出ていますが、艶やかな漆黒ラインで目元をクールに際立たせるのもおすすめです。

the Salon by b.glenが提案する洗練された大人の秋冬メイク

アイシャドウでは、ギラギラしすぎないメタリックなクリーム状のアイカラーアイテムが店頭で目立ちますね。指でトントンと軽くなじませるだけで簡単に奥行きのある目元になりツヤとうるおい感のある目元が演出できます。

秋冬顔を華やかに魅せるチーク

チークは 頬骨の高い位置からやや下目に、耳に向かってお顔の側面中心に入れていくのがトレンドです。

色味で魅せる口元

メイクでは、20年ほど前に流行したダークな口元が復活。最近では、赤いリップがすっかり定番となっていますが、この秋冬は赤のトーンが全体的にダークになっています。

大人顏をかわいく旬顔にさせるつけ方のポイントは、リップブラシを使用せずポンポンと直接唇につけること。あえてリップラインを強調せず塗る事で、ヌケ感のある今っぽいメイクに仕上がります。

the Salon by b.glenが提案する洗練された大人の秋冬メイク

赤が苦手な方も まだまだ多いかもしれませんが、そろそろ思い切って挑戦してみませんか?

実は私も赤は苦手でしたが、オイルタイプのリップを取り入れています。重くつかないので主張しすぎず、シアーな仕上がりで一気に旬顔になりますよ。


the Salon by b.glenの提案する:秋冬のメイク①

深みレッドで統一した温かさのある女性らしい表情

①ベースはセミマット(ツヤ過ぎずマット過ぎない肌の質感をセミマットといいます)。
②目元、口元、頬、全体を赤みのあるトーンで揃える。

ポイントは2つ

  • アイカラーを下まぶたにもしっかりのせ、目元を囲みます。
  • 口元は筆で薄めに塗ったら、最後に唇中央にポンポンと直塗りすることで色味と立体感をプラスします。

the Salon by b.glenが提案する洗練された大人の秋冬メイク


the Salon by b.glenの提案する:秋冬のメイク②

芯があるのにクラシカルな表情

the Salon by b.glenが提案する洗練された大人の秋冬メイク

①ベースはセミマット。
②眉は眉尻までシャープに。
③目尻を跳ね上げ目元にインパクト。

ポイントは2つ

  • 艶やかな太めの漆黒ラインを描き、目元をクールに仕上げます。
  • 目元にポイントを置いていますので口元は輪郭を強調せず控えめなカラーをチョイス。

the Salon by b.glenが提案する洗練された大人の秋冬メイク

メイクもファッションの一部

この秋冬は洋服のテイストと絡めて、メイクもコーディネートしてみてください。ネイルも1度塗りで厚く、インパクトのあるカラーネイルが出ています。ナチュラルメイク派は、指先で秋冬カラーを楽しんでみてはいかがでしょう。
おしゃれの幅がさらに広がります。

the Salon by b.glenでは、オプションでトリートメン後にメイクアップを行っています。

トリートメント後のお出かけ以外にも今更聞けないメイクの基本、骨格やパーツを意識した、お一人おひとりに合うメイク方法もお伝えしています。

メイクがもっとうまくなりたい、いつもと違う自分になりたい……など、メイクに関するお悩み・ご相談などがございましたら、ぜひ一度お試しくださいませ。

Salon by b.glen公式サイトで詳細を見る

bnr

 

スキンケアの先にある美しさを育む「the Salon by b.glen」~メイクアップ~

この記事を書いたライター

Dermatherapist

今のお肌の状態は触れただけでわかります。お肌のことやスキンケア方法はもちろん、ご自分で簡単にできるセルフマッサージやメイク方法をご提案いたします。心がけているのは、なんでもバランスよく食べ、ゴールデンタイムに眠ること。プライベートでは、ピクニック、サイクリング、子どもたちに癒されながらも、子育て奮闘中です。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

サロンの最新記事