プロが伝授!毛穴を消す「真夏のメイクテクニック」

暑い毎日が続きますね。汗や皮脂の分泌も多くなるこの季節、せっかくのメイクが崩れやすく、憂鬱な気分になってしまうというお声を良く耳にします。特に気になるのが暑さで開いた毛穴。「メイクをしても、毛穴が隠せない」「ファンデーションが毛穴落ちして、目立ってしまう」という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

スキンケアとメイクテクニックで、毛穴崩れ対策ができることをご存知でしたか?まずは毛穴を引き締めてからメイクをすると、仕上がりが違ってきます。朝、メイクの前のスキンケアでは、「洗顔後に冷やしたタオルを頬に当て、毛穴をキュッと引き締めてあげる」「化粧水をコットンで空気を含ませるよう優しく叩き込み、ひんやりするまでつける」などがおすすめです。

さて今回は、そのようにスキンケアで毛穴を引き締めた後に行う、お持ちのアイテムを使った毛穴を目立たせないテクニックと、正しいリキッドファンデーションの付け方をご紹介したいと思います。

必要アイテム

今回は、以下のようなメイクアイテムを使用します。

プロが伝授!毛穴を消す「真夏のメイクテクニック」
  • リキッドファンデーション
  • リキッドファンデーション専用スポンジ
  • フェイスパウダー
  • パウダーブラシ

ベースメイク手順

それでは、 実際にファンデーションを塗っていきましょう。

STEP1
ヌーディーヴェールをしっかりなじませた後、 リキッドファンデーションを適量(パール1粒程度)スポンジの半分より上側にのせ、素早くつけます。

パーツ別、塗り方のコツ

顔のなかでも、パーツによってファンデーションの塗り方をひと工夫するだけで、ツヤ肌に仕上がり、その後のメイクの持ちにも大きな違いが出ます。

プロが伝授!毛穴を消す「真夏のメイクテクニック」

・パーツ1・・・しっかりカバーゾーン(両頬はやや多めに置く)
 スタンプを押すようなイメージで、肌に垂直になるようトントンとつけます。

・パーツ2・・・適度にカバーゾーン
 叩き込むように、顔の内側から外側へ向かってつけます。

・パーツ3・・・薄塗りゾーン
 スポンジに余ったリキッドファンデーションを、すべらせるようにつけます。

ポイント①
リキッドファンデーションのつけ過ぎや、叩き込まずに密着が甘いと、毛穴落ちの原因になり、化粧崩れが早くなるので要注意。

ポイント②
適量をしっかりつけることで、おおまかな肌悩みをカバーし、肌をきれいに見せるだけでなく、うるおいをキープし、紫外線やエアコンからも守る力が発揮されます。

04_83252143

※リキッド専用スポンジをおすすめする理由
顔は立体的であり、細かい凹凸があります。専用スポンジは顔にフィットし、小鼻や目の周りなどの細かい部分もつけ過ぎることなく、手早くムラなく肌にしっかり密着させることができます。普段、手でつけている方は、最後にスポンジできちんとなじませてください。

STEP2
フェイスブラシにフェイスパウダーを含ませ、毛先を肌へ垂直に当て、ツンツンと毛穴を埋めるようにつけます。

ポイント①
フェイスパウダーは、足りないと十分な効果を発揮できません。むしろ、「つけ過ぎた?」と思うくらい乗せて、余分な粉はブラシで掃くことで効果が期待でき、自然なツヤも生まれます。

プロが伝授!毛穴を消す「真夏のメイクテクニック」

これだけで毛穴がある程度目立たなくなります。ぜひ、お試しください。 

ワンランク上の仕上げを叶える万能な仕上げ用ハイライトをプラス

STEP3
毛穴レスなメイクのための強い味方が「仕上げ用ハイライト」です。パール感の少ないハイライトを鼻の横の頬中央につけると、光で凹凸が飛ぶので、気になる毛穴がより目立たなくなります。

※パールが効いているタイプのハイライトは、光が集まり過ぎて、毛穴や小じわがかえって目立ちますので注意が必要です。

プロが伝授!毛穴を消す「真夏のメイクテクニック」

ハイライトを効かせたい部分

  • 額中央
  • 鼻筋
  • 頬中央
  • 顎(唇下の凹んで影になっている部分から顎先まで)

 

ハイライトは手を汚すことなく、光を味方にして立体感や透明感を出し、肌をきれいに魅せてくれる万能アイテムです。毛穴を目立たなくするだけでなく、ほうれい線や目の下の影、気になる小じわを目立たなくし、小顔効果もあるというすぐれもの。顔のくすみや・疲れて見えるとお悩みの方は、ひとつあると大変重宝します。ぜひお試しください。

the Salon by b.glenでは、トラブルをカバーするテクニックやプロが実際に使うアイテムのご紹介、今さら聞けないメイクの仕方、自分に似合うポイントメイクなどをアドバイスさせていただいております(オプション:70分4,320円)。ぜひご利用ください。

この記事を書いたライター

Dermatherapist

今のお肌の状態は触れただけでわかります。お肌のことやスキンケア方法はもちろん、ご自分で簡単にできるセルフマッサージやメイク方法をご提案いたします。心がけているのは、なんでもバランスよく食べ、ゴールデンタイムに眠ること。プライベートでは、ピクニック、サイクリング、子どもたちに癒されながらも、子育て奮闘中です。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

サロンの最新記事