春は、肌にとって一番気をつけたい季節

ポカポカと暖かくなり、日に日に春らしくなってきました。明るい色のメイクやお洋服が似合う季節です。軽やかな気持ちになる春ですが、その反面、「the Salon by b.glen」にいらっしゃるお客様からお伺いする肌のお悩みで、この時期にぐっと増えるのが「肌荒れ」「ニキビ」です。

「春」というのは、肌にとってどのような季節なのでしょうか。

春は、花粉や黄砂、ホコリなどアレルゲンが強風で舞い、肌に付着します。また、三寒四温というくらい日々の気温差が激しくなるため、皮脂バランスが乱れやすくなるのです。冬の間に乾燥が進み弱った肌にとって、春は刺激になる要素がいっぱい。それに加え、免疫機能が活発になりますので、いつもは平気なちょっとした刺激に過剰に反応してしまい、肌荒れやニキビに悩まされてしまうのです。

不安定になりがちな春の肌には、肌に付着した汚れをきれいに取り除き、バリア機能を高めるお手入れがとても大切になります。いつものスキンケアを少し丁寧にしてあげるだけで、肌は応えてくれるもの。そのポイントは、刺激を与えないことです。

春先におすすめのスキンケアポイント

【洗顔】
ベタつくTゾーンから開始し、Uゾーン、目、口周りの順で行ってください。ゴシゴシこすらず、クレイウォッシュに汚れをなじませるイメージで優しく洗うことが大切です。その後、ぬるま湯(体温よりやや低いくらい)で洗い流し、清潔なタオルに水滴を吸わせるように水分を取ります。

【保湿】
いつもより多めの化粧水を肌に与えましょう。化粧水をなじませた手のひらを肌に密着し、じんわり浸透させるようにしてみてください。手のひらで温めながら密封することで、うるおいが肌の奥までさらに浸透します。肌が柔らかく(目安として二の腕の肌くらい)なるまで、2、3回繰り返しましょう。

【保護】
角層を補強して守るためには、油分の力が不可欠です。化粧水でたっぷりと水分を与えた肌に、 クリームなど油分を含んだ製品で、最後に肌を包みます。

ニキビでお悩みの方のなかには、オイルのようなテクスチャーのCセラムで十分うるおうような気がして、クリームは使用していないという方もいらっしゃいます。ところが、大人ニキビの場合は、肌の水分油分のバランスを整えて守ることが、健やかな肌をつくる上でとても大事です。 水分を抱えた肌のうるおいを持続させるために、Cセラムの次に、みずみずしいテクスチャーのQuSomeモイスチャーゲルクリームでベールを作り、酸化した皮脂や外的刺激から肌を守りましょう。

また、エイジングサインが気になる方は、肌の再生機能を目覚めさせるQuSomeモイスチャーリッチクリームを、お使いいただきたと思います。

そして、3月から急激に増える美肌の敵、紫外線の対策は忘れずに行いたいですね。このように春の肌というのは、一年の中で一番不安定で、お悩みの原因が複雑です。いつも以上に、意識的にご自分の肌としっかり向き合い、手をかけてあげてください。

サロンで行う春の肌へのトリートメントメニュー

「the Salon by b.glen」ではこの時期、肌を守る「角層」に徹底的にアプローチし、不安定になりがちな春肌のバリア機能を整え、トラブルを防ぐプランをご提案しています。

詳細はこちら

美容成分をたっぷり含んだジェルマスクを肌にのせ、ブルーのLEDライトで肌細胞の修復を促進させながら、ジェルマスクの美容成分を肌の奥まで導入していきます。さらに、サロン仕様に特別に開発されたマスクで炎症を抑え、肌の水分量を高めてダメージからの修復を助けます。

  • mask_95018209
  • LED

春は、気温差や環境の変化など、何かとお肌にもストレスがかかりやすい季節です。ぜひ、お肌のケアのためにも、またゆったりとした、ご自分だけの時間を過ごすためにも「the Salon by b.glen」にいらっしゃいませんか。

salon staff

この記事を書いたライター

Dermatherapist

エステティシャンとして美容に関わりながら、肌を美しく保つには内側からのアプローチが必要と感じ、植物の力でホメオスタシスを整えるアロマセラピーを勉強しました。私自身、その日の肌をよく見るようにしています。肌の変化を早めにキャッチしてケアをすると、肌はすぐ応えてくれます。肌、心、体を慈しむためのサポートをさせていただきます。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

サロンの最新記事