美肌を左右する夏場の汗。対策は万全ですか?

今年の夏も暑い日が続きますね。お風呂上がりや洗顔直後、なかなか汗が止まらず、しばらく化粧水をつけられない、なんてことありませんか?化粧水をつけても、またすぐに汗が吹き出し「ちゃんと浸透しているの?」「化粧水と汗が混ざっているのでは?」と心配になりますよね。汗をそのまま放っておくと、肌にはどのような影響があるのでしょうか?今回は、夏場の汗対策で、肌をすこやかに保つヒントをご紹介します。

汗はそのままにしていても大丈夫なの?

まずは、汗の役割について考えてみましょう。汗は通常“天然のうるおい成分”として肌を保護しています。汗はそのほとんどの成分を占める水が蒸発するときに、体の熱を奪うことで体温調整の役割を担っています。しかし、夏場にかく汗は私たちが想像している以上に大量。蒸発するときに肌のうるおいも一緒に奪ってしまいます。

うるおいを奪われてしまった肌は、乾燥から肌を守ろうと皮脂の分泌が多くなり、汗に含まれる塩分とともにベタつきの原因に。また、長時間汗が肌に留まることで角層がふやけ、アルカリ性に傾いた肌には雑菌も増えやすく、肌トラブルを起こしてしまうこともあります。ふと気がつくと、痒くて掻いてしまっていることはありませんか?

汗を放置することで起こる肌トラブル
・乾燥によりカサつく
・ベタつき、テカり
・毛穴の詰まり
・ニキビ、または肌荒れ

 

大切なことは、顔の汗をいかに制し、かいてしまった時にどう対処するかです。

外出前にできる汗対策

洗顔後は、なるべく時間をおかずにスキンケアを行うことがベストですが、汗がダラダラと流れているような状態では、せっかくの美容成分も浸透されません。そうとはいえ、 汗が引くまで放置するわけにもいきませんよね。そこで、洗顔後のひと工夫が大切です。メイク時のポイントと合わせて、3つのステップを押さえておきましょう。

ステップ① クールダウン

洗顔後にタオルで優しく水気を吸い取ったら、ドライヤーの「COLD」の風または冷たいおしぼりを首にあてて冷やします。直接顔を冷やすのはNG。ポイントは首の横を冷やすこと。首の左右に流れる「けい動脈」を冷やすことで、一気に顔の汗が引いて涼しくなります。1分以内が目安です。

美肌を左右する夏場の汗。対策は万全ですか?

ステップ② ティッシュオフ

スキンケアの前に汗をティッシュで押さえることで、併せて余分な皮脂も抑えることができます。夏場は、汗で肌がしっとりしていると勘違いして、スキンケアをおろそかにしてしまう方も。たとえ乾燥を感じていなくても、「化粧水だけつけていれば大丈夫!」ということはありません。ゲルやクリームでしっかりと肌にうるおいを与え、角層を保護しましょう。化粧下地をつけた後もティッシュで軽く押さえることで、日中のメイク崩れを極力防ぐこともできるのです。

美肌を左右する夏場の汗。対策は万全ですか?

ステップ③ フェイスパウダー

メイクに欠かせないフェイスパウダーも、実は肌をキレイに見せるだけでなく、日中の皮脂や汗を吸着してメイク崩れを防ぐ役目もあります。パウダー選びは、粒子が細かくUVカット効果を兼ね備えたタイプを選びましょう。

その汗、匂いが気になりませんか?

汗を放置することで気になるのが、体の嫌な臭い。洋服を着る前に、清涼感のあるミント系オイルのミストを体にサッと振りかけると、体温調整に効果があり、汗のニオイ対策にもおすすめです。我が家では、ハッカ油を水で薄めたスプレーを作って冷蔵庫に常備しています。火照った体もさっぱりして気持ちがいいですよ。

日中汗をかいてしまったら?

汗が出続けているときにゴシゴシと拭いてはいませんか?それでは、ふやけた角層を余計に傷つけてしまいます。できるだけ肌に汗を留めている時間を短くするのが最大のポイントですが、本来、火照った体の熱を冷ますために出る汗は、出続けているときに拭くだけではなかなか引きません。一旦涼しい場所に移り、汗が引いてから、タオルで上から軽くあてるようにそっと押さえて、汗の水分を吸い取るようにしましょう。

日焼け止めを塗り直すことを忘れずに!

美肌を左右する夏場の汗。対策は万全ですか?

どんなに対策をしていても完全に汗を防ぐことはできないものです。日中汗をかくとメイクと併せて崩れてしまうのがUVケアです。そのため、日焼け止めは頻繁に塗り直すようにしましょう。夏の期間中、紫外線をまともに浴び続けてしまうと、秋には新たなシミや小じわが現れてしまうかもしれません。

メイク直しの際は、ティッシュオフをしてから、UVカット効果のあるフェイスパウダーで抑えるか、UVカットスプレーで肌を守りましょう。最近では、メイクの上から汗や皮脂を抑えられるシートも販売されていますね。利便性の高い製品を活用するのも得策です。

 

いかがでしたか?夏場の汗対策についてご紹介しました。汗の拭き方一つで、肌にとってはマイナスになることもあります。スキンケア前のひと工夫や日中のケアで、汗と上手に付き合って、厳しい夏もすこやかな肌を育んでいきましょう。

The Salon by b.glenでは
レッグ&フェイシャル特別プランがおすすめです。

夏の紫外線ダメージから肌を癒すフェイシャルに加え、
足先から太ももをほぐし、足の冷えやむくみをリフレッシュ。
うるおいに満ちた艶やかな肌と、エイジレスなレッグラインに導きます。

キャンペーン期間:2018年7月3日(火)~9月5日(水) 

詳しくはこちらへ

この記事を書いたライター

Dermatherapist

長年に渡る経験のなかで、美しい肌は、スキンケアはもちろんのこと、食事や生活リズム、体の状態、そのすべてによってつくられているのだと実感してきました。毎日欠かさずストレッチをし、スキンケアの基本である保湿をしっかりすることを心がけ、週一日は肌と体のメンテナンスデーに当てています。心を尽くして美のお手伝いをさせていただきます。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

サロンの最新記事