3分で完成!2018春のメリハリベースメイク

2018春夏NYコレクションからトレンドカラーとなったピンク&イエロー。淡いピンクからビビットなピンクまで、さまざまなピンク&イエローが街中に溢れています。そんな華やかな春夏カラーをもうお試しになりましたか?明るい色のファッションは、見ているとワクワクして気分も上がりますよね。でも、顔が疲れて見えたり、肌がくすんでいたりすると、鮮やかなカラーを身にまとうことにためらいを感じてしまいませんか?

そんなときは、メイクの力を借りましょう。カギとなるのが「ベースメイク」です。ベースメイクの基本とコツが分かれば、疲れた印象を招くクマやくすみ、シミ、毛穴を上手にカバーして、明るい色のファッションにぴったりの透明肌を演出することができますよ。

今回は、the Salon by b.glenが提案する、顔の中心に光を集めて艶やかな印象に仕上げる「メリハリベースメイク」4ステップをご紹介します。「朝の忙しい時に面倒だわ」という方でも大丈夫!慣れたら3分でできる簡単テクニックです。さあ、トライしてみましょう。

ステップ1◆化粧下地

くすみや色むら、毛穴をカバーし、自然な透明感、ツヤ感に仕上げるUVカット化粧下地ヌーディーヴェール(SPF36 PA++)を使用。美容液配合でキレイが長持ち。

3分で完成!2018春のメリハリベースメイク

ヌーディーヴェール(パール1粒大)を手の甲に出します。中指と薬指の第二関節あたりを使って、肌に密着させるように、頬と額に内から外に向かって均一にのばします。リンパの流れを意識して!

あご先から首に向かって、首の色となじむようにのばします。

メイク崩れしやすい目元・口元・鼻の3点は薄く仕上げます。厚くついてしまった場合は、スポンジでなじませます。

両手で全体を優しく押さえてハンドプレスします。密着させることで仕上がりの美しさが長持ちします。

POINT
つけ残しがないようにムラなくつけましょう。最後にスポンジでなじませると、余分な油分を抑え、薄づきになり、日中のメイク崩れを防ぎます。手に残ったヌーディーヴェールは、耳や手の甲にのばして余すことなくお使いください。

ステップ2◆ファンデーション

おすすめは、液状タイプ。崩れにくいリキッドファンデーションや、カバー力のあるクリームファンデーションは、パウダーファンデーションよりもナチュラルで美しい仕上がりに。日中の肌の乾きを防ぎます。肌に近い色か、ワントーン明るい色を選びましょう。

3分で完成!2018春のメリハリベースメイク

指または専用ブラシで顔全体にのばします。この時も内から外に向かってリンパの流れを意識します。

スポンジで軽く叩き込んで密着させ、みずみずしい印象に仕上げます。

シミの部位など、カバーしたい部分は重ねづけします。

POINT
最初からスポンジを使うとスキンケアが取れてしまい、乾燥の原因に。スポンジは引くとメイクがよれてしまいます。スタンプのようにポンポンと抑えるようにしましょう。

ステップ3◆ハイライター

目の下や小鼻のキワなど影ができる部分に光を集めて、くすみを飛ばします。使用するのはスティックタイプの柔らかい質感のハイライター。肌よりもワントーン明るめカラーを。

3分で完成!2018春のメリハリベースメイク

目の下のキワと、目の下から頬にかけて逆三角形にハイライターを入れます。

指で叩いて薄くのばしたら、スポンジでなじませます。目尻まで伸ばすとリフトアップした印象に。

小鼻のキワにも入れると口元が若々しい印象に。

POINT
硬い質感のハイライターを使っていたり、厚塗りしてしまうと目の下のしわが目立ってしまいます。柔らかくみずみずしいタイプを薄くのばすのがコツ!さらに鼻筋にもハイライターを入れると、顔の立体感が引き立ちます。

ステップ4◆フェイスパウダー

濡れたような艶感の出る微細なパール入りのフェイスパウダーを使用すれば、肌に透明感が出ます。

付属のパフ、またはブラシにパウダーをしっかり含ませます。

フェイスラインから顔全体にのせます。

POINT
一般的にブラシだと軽めに、パフだとしっかりつくので、なりたいイメージやパーツによって使い分けを。目のキワまでつけることで、アイメイク崩れ防止になります。パウダーは皮脂を吸着しますが、つけすぎると乾燥を招くので、つけ過ぎには要注意!

いかがでしたか?朝は忙しいからとベースメイクを簡単に済ませていると、紫外線や乾燥から肌を十分に守ることができません。UVカット効果のある化粧下地やファンデーション、フェイスパウダーをミルフィーユ状に重ねることで、紫外線から肌を守る力も格段にアップします。ベースメイクは、手間をかけて作り込んだ分だけ、日中の化粧崩れを防ぎ、くすみや色むらをカバーして美しく仕上がります。明るいベースメイクで、鮮やかなカラーのアイシャドウや口紅にも、自信を持って挑戦できるでしょう。

紫外線量が多くなるこれからの季節、サングラスや、帽子、日傘も取り入れてファッションを楽しみながら、日焼け対策を万全にお出かけしましょう。

<メリハリベースメイクの内容を直接お聞きになりたい方へ>

【1】the Salon by b.glenにて、オプショナルメニューのメイクアップへのお申し込み
【2】ダーマセラピストが講師を務める「b.Jin(美人)塾」の美白セミナーへのご応募
【1】、【2】のいずれかにて承っております。

「b.Jin(美人)塾」は、東京・大阪を中心に、各都市で不定期に開催。
開催情報はinfo@bglensalon.comからメールでお知らせしています。

お問い合わせはこちらから

※美白セミナー以外の「b.Jin(美人)塾」では、メイクは含まれませんのでご了承ください。

この記事を書いたライター

Dermatherapist

長年に渡る経験のなかで、美しい肌は、スキンケアはもちろんのこと、食事や生活リズム、体の状態、そのすべてによってつくられているのだと実感してきました。毎日欠かさずストレッチをし、スキンケアの基本である保湿をしっかりすることを心がけ、週一日は肌と体のメンテナンスデーに当てています。心を尽くして美のお手伝いをさせていただきます。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

サロンの最新記事