万能な天然甘味料「メープルシロップのベジタリアンオムレツ」

メープルシロップと言えばホットケーキを思い浮かべる人も少なくはないはず。どうしてもスイーツなイメージですよね?でも、本当はそれだけではないのです。メープルシロップは楓の木の樹液を煮詰めたもの。まったくパーフェクトな自然の甘味料なのです。

私はつい最近、カナダのケベック州が行ったメ―プルシロップの発表会へ行って来ましたが、そこではメープルシロップを色々な料理に甘味料として使っていました。その成分には、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB1、B2が豊富、しかもアンチエイジングの強い味方であるポリフェノールが多く含まれているのです。ということは、メープルシロップは抗酸化力が強く若返りの効果がある、希少な甘味料ということになりますね。甘さはあまり強くなくてもコクがあるメープルシロップはどんな料理にも合います。意外に和食にも合いますよ。色々試してみたいですね。

メープルシロップが若返りに良いと言われるワケ

メープルシロップには抗酸化物質として知られるポリフェノールが63種類も含まれていることが判明!そのうちの7種類はメープルシロップにしか含まれないもので、このスペシャルなポリフェノールはケベック州にちなんで「ケベックコール」と名付けられたそうです。その他、インシュリンの分泌を促す効果があると言われている植物性ホルモンのアブシシン酸が含まれていることも明らかになっています。しかもメープルシロップの製造過程で木から採取された後、高温で煮詰められます。だから加熱する料理に使用しても効果が変わらない、というのがスゴイですね!

食べ方

ただかけるのはもちろん、煮込みや炒め物にもおすすめ。熱に強いところも利用価値があります。

レシピ

意外にもベストマッチな卵料理でダブルアンチエイジング!
ベジタリアンオムレツ

<材料1人分>

万能な天然甘味料「メープルシロップのベジタリアンオムレツ」

  • 卵・・・2個
  • 牛乳・・・50㏄
  • メープルシロップ・・・大さじ2
  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • パプリカ・・・1/6個
  • ブロッコリー・・・1/6個
  • マッシュルーム・・・2~3個
  • とろけるチーズ・・・大さじ2
  • 塩、コショウ・・・少々
  • 付け合せの野菜・・・適量

<作り方>

万能な天然甘味料「メープルシロップのベジタリアンオムレツ」パプリカ、マッシュルームは食べやすい大きさに切り、ブロッコリーは小分けにして茹でておく。
万能な天然甘味料「メープルシロップのベジタリアンオムレツ」ボウルに卵を割りほぐし、牛乳、メープルシロップ、塩、コショウを入れてよく混ぜ合わせる。
万能な天然甘味料「メープルシロップのベジタリアンオムレツ」オリーブオイルを入れたフライパンを熱し、煙が出てきたら②を入れて混ぜる。
万能な天然甘味料「メープルシロップのベジタリアンオムレツ」周りが少し固まってきたら①と、とろけるチーズを真ん中にのせる。
万能な天然甘味料「メープルシロップのベジタリアンオムレツ」卵で包み、皿に盛りつけ、付け合せの野菜を添えて、出来上がり。

ほんのり感じる甘さが美味しい
メープルデトックスウォーター

万能な天然甘味料「メープルシロップのベジタリアンオムレツ」

メイプルウォーターとはミネラルウォーターに少量のメープルシロップを入れたほんのり甘さと香りのあるものです。ここでは、さらにリンゴとシナモンの風味をプラスして飲みやすく仕上げました。

<材料1人分>

  • メープルシロップ・・・大さじ2
  • ミネラルウォーター・・・400㏄
  • リンゴ(スライス)・・・1/4個
  • シナモンスティック・・・1本

<作り方>

ボトルに材料を全て入れ、2時間ほど冷蔵庫に保存して出来上がり。出来上がってから24時間以内にお飲みください。

この記事を書いたライター

1961年2月4日生まれ、水瓶座O型。料理研究家。ハワイ、バリ、タヒチなどのアイランド料理研究家でもある。TV、ラジオなどメディアでの情報発信、ケータリングなど、食に関して幅広く活躍中。著書に『ハワイごはん』『湘南ごはん』『海ごはん』『ホノルル食堂』など。オフィシャルホームページ「ALOHA DELI

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

レシピの最新記事