ケトジェニックダイエットで食べる「ラム肉のしょうが焼き」

健康なアナタ、ケトジェニックダイエット始めましょう!

ケトジェニックダイエットとは

「肉をお腹いっぱい食べてキレイに痩せる新しいダイエット」として話題を集めているダイエット方法。なぜ肉を食べて痩せるのかというと、糖質を制限して体の中でケトン体(ブドウ糖に代わるエネルギー源)を作り出し、脂肪を燃焼しやすい体質に変える、というもの。そもそもケトン体は「ボケに効く物質」として注目されていましたが、なんとダイエットにも効く、ということが判明しました。
極度な食事制限をして常に飢えている状態のダイエットとは違い、糖質を1日60g以下にするだけ。簡単でしょ?しかも肉と野菜をたくさん食べるからいつもお腹いっぱい。早い人では1ヶ月7キロも落ちたという話し。実際、私自身も始めて3週間で3キロ落ちました!
というわけで、ケトジェニックダイエットにピッタリな、糖質オフで美味しいレシピを数回に分けて紹介します。

※糖尿病を持っていたり、特定のお薬を飲んでいる場合は、お医者様に相談してから始めましょう。

第一弾 Lamb meat ラム肉

ラム肉とは

ジンギスカンとして有名なラム肉は、生後1年未満の子羊のことを言い、それ以上に成長した羊肉をマトンと言います。子羊?って聞くと、なんだか残酷な気もしないではないですが……、そこは他の肉も同じってことで、命を美味しくつなぎましょう。
ラムはレストランなどでは骨付きチョップのグリルや香草焼きなどのオシャレなメニューもあり、北海道ではラムのしゃぶしゃぶが人気です。まだあまりスーパーなどで見かけないけれど、ネットでは手軽にお取り寄せできるのでぜひ、チャレンジしてみてください。

効能

良質なたんぱく質、鉄分、ビタミンB1、B2、ビタミンEが豊富で、中でも脂肪を燃焼するL-カルニチンが多く含まれているのでダイエットにはピッタリ!他の肉に比べてラム肉の脂は溶けにくく、腸に吸収されないと言われています。
また、不飽和脂肪酸でコレステロールを下げ、亜鉛で抜け毛を防ぐから、様々な面でうれしいですね。

ちょっとクセがあります。赤い肉が苦手な人には少しキツイかもしれませんが、それも食べ方次第。スパイスやタレ、ソースでグッと食べやすくなります。

食べ方

私的にはしゃぶしゃぶがオススメなのですが、クセ(匂い)が気になる人は焼くのが一番。薄切り肉は食べやすいので、スパイスとソテーすればほとんど匂いが分かりません。

レシピ

ちょっとクセのあるラム肉は苦手、という人にはもってこいなのがこの生姜焼き。ほとんど匂いも感じない上に、しょうがの体を温める効果も期待できるからダイエットには最適です。

ラム肉のしょうが焼き

<材料2人分>

ケトジェニックダイエットで食べる「ラム肉のしょうが焼き」

  • ラムスライス 300g
  • しょうが(すりおろし) 大さじ 1
  • しょうゆ 大さじ2
  • 万能だし 100ml
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 付け合せの野菜 適量

<作り方>

ケトジェニックダイエットで食べる「ラム肉のしょうが焼き」ラムスライスは解凍し(ネットでオーダーすると大抵冷凍で届きます)食べやすい大きさに切る。
ケトジェニックダイエットで食べる「ラム肉のしょうが焼き」ボウルにしょうが、しょうゆ、万能だしを入れて混ぜる。
ケトジェニックダイエットで食べる「ラム肉のしょうが焼き」①も加えて揉みこむ。
ケトジェニックダイエットで食べる「ラム肉のしょうが焼き」フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、③をこんがり炒める。皿に盛り、付け合せの野菜を添える。

この記事を書いたライター

1961年2月4日生まれ、水瓶座O型。料理研究家。ハワイ、バリ、タヒチなどのアイランド料理研究家でもある。TV、ラジオなどメディアでの情報発信、ケータリングなど、食に関して幅広く活躍中。著書に『ハワイごはん』『湘南ごはん』『海ごはん』『ホノルル食堂』など。オフィシャルホームページ「ALOHA DELI

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

レシピの最新記事