安全・安心の「自家製サラダハーブチキン」でヘルシーライフを!

ダイエットや筋トレ中の人に最適な低カロリー高タンパク食品といえば鶏胸肉です。鶏肉には体内で生成することができない必須アミノ酸がバランスよく含まれ、ビタミンAやダイエットに欠かせないビタミンB群など、数種類のビタミンも豊富。コレステロールを減少させる不飽和脂肪酸も含まれているので、肥満や生活習慣病にも効果的と考えられています。

そのような理由からなのでしょうか、コンビニやスーパーには専用の棚があるほど、「サラダチキン」がズラリ。味のバリエーションまで登場して、サラダチキンは、今やハムやベーコンと同じくらいの知名度になりました。良質なタンパク質源であり、ヘルシーなイメージでもあるので「これなら安心!」と購入する方もいらっしゃるでしょう。でも、ちょっと待って!本当にそれらの「サラダチキン」は安全なモノですか?どのような加工食品も市販されている品は保存料などの添加物が含まれています。添加物は商品のクオリティーを維持するには欠かせないものですが、「なるべくなら摂りたくはない」という方も多いのではないでしょうか?それならば、自ら作ってしまいましょう!実は、「サラダチキン」は簡単に作ることができるのです。

今回はハーブを使用した「自家製サラダハーブチキン」のレシピをご紹介しますが、自宅のキッチンにハーブの準備がなければ、塩だけでもOKです。また、材料のセロリが冷蔵庫に見当たらなくても大丈夫。タマネギやキャベツの葉でも代用できます。作り置きしておけば、サラダとしてはもちろんのこと、「バンバンジー」や「白和え」などにも重宝します。「ラーメン」のチャーシュー変わりにトッピングしてもいいですよ!簡単に作ることができるので、お試しくださいね。

自家製サラダハーブチキン<材料 作りやすい分量>

安全・安心の「自家製サラダハーブチキン」でヘルシーライフを!

  • 鶏胸肉・・・2枚
  • セロリ(葉)・・・1本分
  • 塩・・・40g
  • ドライハーブ(バジルやタイムなど)・・・少々

<作り方>

安全・安心の「自家製サラダハーブチキン」でヘルシーライフを!鶏胸肉をフォークなどで数カ所刺して置く。
安全・安心の「自家製サラダハーブチキン」でヘルシーライフを!セロリは葉の部分のみをちぎる。
安全・安心の「自家製サラダハーブチキン」でヘルシーライフを!密閉袋に①と塩、ドライハーブを入れてよく揉み、②を加えて空気を抜きながら口を閉じる。
安全・安心の「自家製サラダハーブチキン」でヘルシーライフを!大きめの鍋に湯を沸かし、沸騰したら中~弱火にし、③を入れて2分煮る。
安全・安心の「自家製サラダハーブチキン」でヘルシーライフを!鍋の火を止め、蓋をしてそのまま1時間置く。
安全・安心の「自家製サラダハーブチキン」でヘルシーライフを!1時間が経過したら、肉の入った密封袋を鍋から取り出して、そのまま放置して冷ます。
安全・安心の「自家製サラダハーブチキン」でヘルシーライフを!冷めたら、肉を汁ごと密閉容器などに入れ、冷蔵庫で保存。出来上がり。

しっとりとした食感を維持するために肉は汁と一緒に保存してください。食べるときに好みの大きさに切って頂きます。

この記事を書いたライター

Cooking Expert/Author

1961年2月4日生まれ、水瓶座O型。料理研究家。ハワイ、バリ、タヒチなどのアイランド料理研究家でもある。TV、ラジオなどメディアでの情報発信、ケータリングなど、食に関して幅広く活躍中。著書に『ハワイごはん』『湘南ごはん』『海ごはん』『ホノルル食堂』など。オフィシャルホームページ「ALOHA DELI

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

レシピの最新記事