CAMUCAMU カムカム

今回、取り上げるスーパーフードは「カムカム」です。

最近ジュースなどでたまに見かけるようになったカムカムとは、南米アマゾン川あたりに自生するフトモモ科の樹木で、白い花が咲いた後に出来る赤紫の実。見た目はアセロラに似ています。南国風かな?と思いきや、アマゾンは雨季には水位が10m以上になり、カムカムの木も水没するそうですが、腐らず枯れずに生き延びることができる、すごい生命力を持った植物らしいのです。先住民の時代から果実をジュースにして飲み、肌荒れや風邪予防にしていたとのこと。

CAMUCAMU カムカム

ちなみに、ゆるキャラみたいな「カムカム」という可愛い名前の由来は、実を丸ごと飲んだアマゾン川の魚が、種を吐き出した時に歯に当たった音が「カムカム」と聞こえたから、と言われています。可愛い由来ですね〜!

それにしてもスーパーフードのほとんどが熱帯雨林、南米アマゾン川付近というところも気になりますね。植物同様、アマゾン付近に住む人間も生命力が強いのかしら?

<効能>

CAMUCAMU カムカム

とにかくビタミンCが半端ない。美肌に良いと言われるオレンジの30倍、レモンの50倍なんです!ということは……果物のなかではビタミンC含有量が世界NO.1だと言われています。
さらにフラボノイドをはじめとする抗酸化物質も含まれているため、美肌効果にはイチオシです。コラーゲンの生成に役立ち、紫外線で増加するメラニン色素をおさえ、シミ、そばかすを防ぎ美白に役立ってくれる。これは食べないといけませんね〜。

<カムカムの味は?>

日本ではパウダー、ジュースになったカムカムを入手することができます。味はかなり酸味があります。少し苦味もありますが、調理してしまえば気になりません。

<食べ方>

一般的にはヨーグルトに入れたりスムージーにしたり。少し足すだけでも十分いけます。
私はバルサミコ酢の代わりに使用することが多く、ドレッシングやソースにも使います。あと、アセロラと相性が良いので、アセロラ&カムカムゼリーなんかも美白効果抜群ですね。

<レシピ>

スイーツもいいのですが、今回は、強い生命力を持つカムカムを、女性に最適な鹿肉のソテーにソースで使ってみました。もちろんビーフや、鴨、鶏、魚料理にかけても美味しい美白ソースです。

私のおすすめミート、「鹿肉」について
CAMUCAMU カムカム

高たんぱく、低カロリー、そして脂質やコレステロールが極端に少ない鹿肉。

そして女性にもっとも必要と言われる鉄分が牛肉の倍ほど含まれています。その上ビタミンB2も多いので、ダイエット中でもガッツリ食べて健康になれる、今大注目のお肉なんです。鹿肉が手に入らない場合は牛肉でお試しください。フレッシュなイチゴがない季節は冷凍のベリー系でもOKです。

鹿肉のソテー、カムカムソース

<材料2人分>

CAMUCAMU カムカム

  • 鹿肉・・・200g
  • 塩、コショウ ・・・少々
  • オリーブオイル ・・・大さじ2
  • 付け合せの野菜 ・・・少々

<カムカムソース>

  • カムカム(パウダー) ・・・小さじ2
  • 赤ワイン ・・・大さじ2
  • はちみつ ・・・大さじ1
  • しょうゆ ・・・大さじ1
  • イチゴ(ヘタを取り四等分にする) ・・・6個

<作り方>

CAMUCAMU カムカム肉の汁気をキッチンペーパーなどでよくふき取る。

CAMUCAMU カムカム塩、コショウをして5分ほどおく。

CAMUCAMU カムカムフライパンにオリーブオイルを入れ、中火にかける。煙が出てきたら②を入れる。

CAMUCAMU カムカム焦げ目がついてきたら裏返し、同じように焼き、付け合せの野菜と一緒に皿に盛り付ける。

CAMUCAMU カムカム肉汁の出たフライパンにカムカムと赤ワインを入れてひと煮立ちさせる。

CAMUCAMU カムカム⑤へハチミツ、しょうゆ、イチゴ(3個分)を入れる。

CAMUCAMU カムカムイチゴを潰すように煮立て、三分の二ほどになったら火から下ろし、鹿肉のステーキにかけ、残りのいちごを飾って出来上がり!

この記事を書いたライター

1961年2月4日生まれ、水瓶座O型。料理研究家。ハワイ、バリ、タヒチなどのアイランド料理研究家でもある。TV、ラジオなどメディアでの情報発信、ケータリングなど、食に関して幅広く活躍中。著書に『ハワイごはん』『湘南ごはん』『海ごはん』『ホノルル食堂』など。オフィシャルホームページ「ALOHA DELI

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

レシピの最新記事