アウトドア・ワークアウトで高めるナチュラルビューティー

仕事に家事に子育てにと、それぞれ状況は違っても、忙しい毎日を送る女性は多いのではないでしょうか。それでも、うまく美容にかける時間をつくって美しさを磨きたい!と努力している女性もまた、多いかと思います。今回はそんな皆様と共有したい、今アメリカの女性の中で人気を集めているビューティーに関する“時短術”をご紹介します。少しの工夫や便利アイテムを活用することで、限られた時間でも、しっかりと美しさへのケアはできるのです!

メイクアップはポイントを絞る

忙しい朝の時間をセーブするために、見直すべきポイントのひとつがメイクアップです。パーフェクトなフルメイクは特別なデートやパーティーにとっておいて、普段は必要最小限のポイントメイクに絞ってみて。

例えば、手のかからないスタイルが好きなLA(ロサンゼルス)の女性たちのメイクアップは、まず薄づきのBBクリームを顔全体にさっとひと塗りしたあと、まつ毛をカールアップ。次に乾燥しがちな唇に色つきのリップトリートメントを塗り、頬の高い位置にチークで血色を加えれば、すっぴん以上のナチュラルなポイントメイクが完成します。

自分にとって満足のいく仕上がりにするには、顔のどのパーツに力を入れるべきかを知ることが大切。同時に、普段のメイクアップの工程を少しずつ減らしていくことも意識してみてください。

“多機能”ビューティーアイテムを活用する

アウトドア・ワークアウトで高めるナチュラルビューティー

化粧下地、日焼け止め、ファンデーションがひとつになったBBクリームやCCクリームは良く知られていますよね。他にも、リップ、チーク、アイカラーが一体化したスティックやパレット、アイブロウとアイラッシュどちらにも使えるマスカラ、目元にも口元にも使えるカラーペンシルなど、1つのアイテムでいろいろな機能をもつビューティーアイテムが進化を遂げています。

あれこれアイテムを使い分けるよりも簡単ですし、メイクアップの色味も統一されるので、顔全体のまとまりもよく見えます。また、バッグに忍ばせて、さっとメイク直しをするにも1つのアイテムで済むので楽ちん!まさに一石二鳥、いや、一石三鳥くらいの優秀な多機能アイテムを、ぜひ取り入れてみてください。

スタイリング不要の“ウォッシュ・アンド・ゴー”ヘアに注目

髪を洗って、念入りにブローして、ホットカーラーで巻いて、スプレーして……毎朝これを行うとなると、なかなか時間も手間もかかりますよね。そこで参考にしたいのが、LAの女性たちが好む“ウォッシュ・アンド・ゴー”のヘアスタイル。髪を洗って乾かすだけできまる髪型のことで、自分の髪質を活かしたヘアカットが重要とされています。

ストレートヘア、カーリーヘア、くせ毛など、髪質はいろいろですが、まずは自分が持つ本来の髪質を愛することから始めましょう。馴染みのヘアスタイリストさんと相談して、自分にぴったりのスタイルを見つけてみてください。

ドライシャンプーを活用する

日本ではまだあまり浸透していないアイテムですが、LAでは大型ドラッグストアにも多くの種類が並ぶほど定着しているドライシャンプー。毎日のバスタイムにシャンプーをすること自体が見直されていることもあって、実際に使用している女性も多いようです。頭皮にスプレーしてマッサージするだけでOKのお手軽なこのアイテムを利用しない手はありません。夏のように蒸し暑くなく、汗による頭皮の不快感が少ない秋冬に取り入れてみてはいかがでしょうか。髪を清潔に保てるだけでなく、洗い過ぎないことでうるおいもキープ。自然なテクスチャーを活かしたナチュラルなヘアスタイルも実現できます。

ネイルはヌーディーな単色×変型フレンチがベスト

アウトドア・ワークアウトで高めるナチュラルビューティー

“美意識の高さが表れる”とも言われているのが、指先。とはいえ、スキンケアにメイクアップ、ヘアケアなどの顔の周りに比べて、ネイルのケアはどうしても優先順位が低くなりがちなのではないでしょうか。そこで、ネイルサロンへ行く時間がなかなか取れない、という女性にもおすすめなのがこちら。

ベージュやペールピンクなどの限りなくヌーディーな単色と、リバースフレンチやラウンドフレンチなどの変型フレンチを組み合わせたデザインです。ハッキリした色味のネイルカラーに比べて、やや欠けたり剥がれたりしても目立ちにくく、さらにフレンチを取り入れると、爪の付け根はクリアなので、爪が伸びてきてもデザインが崩れません。つまり、多少メンテナンスの期間が空いてしまっても、清潔感のある指先を保てるのです。

A post shared by Caitlin Ann (@caaitlin01) on

お風呂あがりは、ココナッツオイルで全身を時短ケア

一日の疲れをいやすバスタイムのあとは、ココナッツオイルを使うのがおすすめです。濡れたままの肌と髪になじませて、ボディは軽くタオルドライするだけ。髪の毛はざっとドライヤーをかければ完了です。余った時間で、おやすみ前のスキンケアもゆったりできそうですね。

忙しさからローメンテナンスになってしまった……と考えるのではなく、忙しいからこそ不要なものは削ぎ落として、できるだけシンプルに、ミニマルに。まさに、“美の断捨離”を実践していると言えるかもしれません。それには、自分が本来もつ美しさを活かすことが不可欠です。今回ご紹介したようなアイディアを参考に、いつもの美容のルーティーンを見直してみてはいかがでしょうか。

参考

http://www.beauticate.com/how-to/time-saving-beauty-hacks-for-mums-and-busy-women-in-general
https://www.glamour.com/gallery/time-saving-morning-beauty-hacks-for-moms#2
https://www.wellandgood.com/good-looks/best-multitasking-natural-beauty-products/
http://www.marieclaire.com/beauty/news/a15940/quick-beauty-hacks/

この記事を書いたライター

Writer

東京・LAでの出版社勤務ののち、フリーランスのライターに。中米コスタリカの常夏ビーチリゾート地でのスペイン語学習+バケーション+時々仕事の生活を経て、再びLAにて活動中。屋外ワークアウトが最近のお気に入り。ハイキングや公園&ビーチヨガをリフレッシュと体型維持のために続けています。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事