Kathy Hutchins / Shutterstock.com

Kathy Hutchins / Shutterstock.com

すっきりした小顔に整った顔立ちは、女性の憧れ。いまLA(ロサンゼルス)で流行中の“コントアーメイク”は、まさにそれを実現するべく、顔を小さく立体的に見せるメイクアップ方法です。ハイライトとシェーディングの差を下地からはっきりつけることで、頬骨や顔の輪郭をスッキリ、目元を大きく、鼻筋を高く見せてくれます。

そもそも、「コントアー」とは「輪郭」を意味する言葉。顔の正面・横・斜めなどさまざまな角度から見た輪郭を美しく立体的に見せるこのテクニックですが、最近ではそれをヘアスタイルにも応用するセレブリティが増えています。メイクアップと同様に「目の錯覚」を利用したヘアカットやアレンジで、うまくメリハリのある小顔づくりをしているようです。具体的には、髪で顔の一部分をさりげなくカバーしたり、髪のボリュームを調整したりすることで、メイクアップでいうハイライト(強調する)とシェーディング(隠す)の効果を取り入れています。今回は、そのなかでも人気の6スタイルをご紹介します。

スリークボブ

少し厚めで、やや前下がりにカットされたボブのこと。髪が顔周りをやさしく包みこみ、輪郭をシャープに見せてくれます。ここ数年でダントツ人気のボブヘアのなかでも、特に注目されているスタイルで、実際に取り入れているセレブも多数!しっかりストレートにブローして。

Debby Wong / Shutterstock.com

Debby Wong / Shutterstock.com

常にトレンドの最先端をいくリアーナが火付け役ともいえるこのヘアスタイル。

Kathy Hutchins / Shutterstock.com

Kathy Hutchins / Shutterstock.com

すっかりボブスタイルが定着しているジェシカ・アルバも前下がりにカット。

Dan Kosmayer / Shutterstock.com

Dan Kosmayer / Shutterstock.com

特に丸顔が気になる人は、前下がりの部分を長くするとさらに輪郭がスッキリ見えます。

Kathy Hutchins / Shutterstock.com

Kathy Hutchins / Shutterstock.com

ハリウッドでもおしゃれ度の高さで知られるバネッサ・ハジェンズも取り入れているカット。

ベンディボブ

こちらは、“ベンディ(曲がった)”と名付けられているように、結んだ髪をほどいたときにできるような、大き目のウエーブがついたボブ。パッツンと切られた厚めのボブに動きをつけたスタイルで、顔周りのシルエットをうまく隠してくれます。前髪でさらに小顔&目元を大きく!

Twocoms / Shutterstock.com

Twocoms / Shutterstock.com

よく変わるヘアスタイルが注目を浴びているジェニファー・ローレンスも!

Tinseltown / Shutterstock.com

Tinseltown / Shutterstock.com

バレイヤージュとの併せ技で、重めのボブをさらに軽やかに見せています。

Tinseltown / Shutterstock.com

Tinseltown / Shutterstock.com

テイラー・スイフトのアイコニックなボブも、ベンディを取り入れて今っぽく。

Tinseltown / Shutterstock.com

Tinseltown / Shutterstock.com

ダークカラーのぱっつんボブも、動きをつけると飽きのこないスタイルに。

ピクシーカット

小顔に見せるヘアスタイルといえば定番のスーパーショート、ピクシーカット。ハリウッドでも、過去に女優のジェニファー・ローレンスや、アン・ハサウェイなども取り入れていたスタイルです。アレンジ次第で、カジュアルにもドレッシーにも対応できます。

JStone / Shutterstock.com

JStone / Shutterstock.com

サイドはすっきり、トップにボリュームを持ってくるアレンジが主流な様子。

A post shared by KATY PERRY (@katyperry) on

ロブスタイルからばっさりピクシーカットにしてインスタで話題になったケイティ・ペリー。

Kathy Hutchins / Shutterstock.com

Kathy Hutchins / Shutterstock.com

長らくブロンドのピクシーカットがトレードマークになっていたマイリー・サイラス。

Tinseltown / Shutterstock.com

Tinseltown / Shutterstock.com

ワントーンのダークカラーでも重たく見えないのが、ピクシーカットの良いところ。

サイドパートレトロカール

顔の半分にかかる、くっきり強めのカールが顔の面積を小さく見せてくれるヘアスタイル。それでいて反対側の顔は隠れていないので、影が入り過ぎることなく、すっきりと清潔感のある印象に。カールはなるべく大きめにするのが、小顔効果をさらに高めるポイントです。

Kathy Hutchins / Shutterstock.com

Kathy Hutchins / Shutterstock.com

1950年代のハリウッド女優のような、レトロかつセクシーなヘアスタイル。

JStone / Shutterstock.com

JStone / Shutterstock.com

ボブでも応用できるアレンジ。サイドの分け目をこめかみ辺りから作ってカールを大きく。

DFree / Shutterstock.com

DFree / Shutterstock.com

ボーイッシュなイメージのカーラ・デルヴィーニュも、ヘアスタイル効果で大人っぽく変身。

A post shared by Selena Gomez (@selenagomez) on

分け目を変えて、カールのボリュームを片側に持って来るだけの簡単アレンジです。

マーメイドカール

頬骨の辺りからゆるやかにカールした、ナチュラルなロングヘア。あご周りをすっきり、かつ髪のボリュームで顔全体を小さく見せるスタイルです。最近はすっかりロブスタイルに人気が集中していますが、美しいロングヘアをキープしている方にはおすすめ!

Jaguar PS / Shutterstock.com

Jaguar PS / Shutterstock.com

やや丸顔のクリッシー・テイゲンも、髪で顔の両サイドをカバーしてすっきりした輪郭に。

Denis Makarenko / Shutterstock.com

Denis Makarenko / Shutterstock.com

ゆるやかなカールが、ドレスアップしていても肩肘の張らないリラックスした印象を与えます。

FashionStock.com / Shutterstock.com

FashionStock.com / Shutterstock.com

あえてトップはボリュームをおさえ、頬辺りから下に動きをつけるとあごがシャープに。

DFree / Shutterstock.com

DFree / Shutterstock.com

まさに人魚なスーパーロング。毛先辺りにはレイヤーを入れて、軽やかに仕上げています。

バレリーナ風おだんごヘア

頭の一番高いところで、大き目のおだんごを作るのがポイント。一度タイトに作ったおだんごを手でほぐすとボリューム感が出ます。また、ホットカーラーなどを使って、元の髪をふんわりさせてからまとめるのもグッド。ある程度の長さがあればできる簡単アレンジです。

Featureflash Photo Agency / Shutterstock.com

Featureflash Photo Agency / Shutterstock.com

顔よりもおだんごの方が大きいくらいのボリューム。まさに目の錯覚で顔が小さく見える!

Kathy Hutchins / Shutterstock.com

Kathy Hutchins / Shutterstock.com

さりげないおくれ毛は、顔周りを隠すのではなく動きを与えて、目線を輪郭からそらします。

Tinseltown / Shutterstock.com

Tinseltown / Shutterstock.com

前髪を作ると、さらに顔の面積が小さく見えます。おくれ毛効果も合わせて活用!

ヘアカットもアレンジも、ちょっとしたテクニックが顔の印象を大きく変えるようです。まずは、自分の顔のカタチをもういちど鏡でよく見ながら、シュミレーションしてみるのも良いかもしれません。例えば丸顔であればスリークカット、面長であれば前髪ありのベンディボブなど、自分にぴったりのテクニックを、ぜひ取り入れてみてくださいね。

参考

15 Hairstyles That Contour Your Face
https://www.yahoo.com/beauty/15-hairstyles-contour-face-162414842/photo-p-nary-internet-reading-woman-photo-162804438.html

この記事を書いたライター

Writer

東京・LAでの出版社勤務ののち、フリーランスのライターに。中米コスタリカの常夏ビーチリゾート地でのスペイン語学習+バケーション+時々仕事の生活を経て、再びLAにて活動中。屋外ワークアウトが最近のお気に入り。ハイキングや公園&ビーチヨガをリフレッシュと体型維持のために続けています。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事