生理時の辛い症状を悪化させる7つの食べ物とは?

日々どんなに美容に気を使って全身のお手入れをしていても、女性の体は毎月、生理によって引き起こされる変化を避けて通ることができません。それは頭痛や体のむくみ、吹き出物、腹痛、倦怠感、極端な気分の浮き沈みなど、さまざまな形で襲ってくるもの。何に悩まされるかは人それぞれで、私自身は10代の頃から生理痛が酷く、特に辛い時は、ヘアやメイクに時間をかける余裕がなくなるほどでした。でも、健康に目を向けて少しライフスタイルを変えただけで、この辛さから大分解放されるようになったのです。それは、生理の前後は特に口に入れるものに気をつけるということ。

最初に私が生理痛に関係していることに気づいたのは、カフェインでした。長年の間、1日3杯以上飲み続けていたコーヒーを緑茶に変え、カフェインの摂取量を減らしたことで、私の生理痛は激減しました。コーヒーを止めることにしたのは寝付きが悪かったからなのですが、偶然にもコーヒーが生理痛に影響していたことに気づき、私は思ったのです。

「悪いのは生理ではなくて、生理痛を悪化させてしまう食べ物かもしれない」と。それ以来、生理前は緑茶も控えるようにしています。でも実はカフェイン以外にも、控えた方がいいとされている食べ物があるのです。

1. 乳製品

管理栄養士のイザベル・スミスさんによると、「乳製品に含まれるアラキドン酸(高度不飽和必須脂肪酸)はプロスタグランジン(ホルモンのような物質)を刺激し、生理痛を悪化させます」とのこと。プロスタグランジンには子宮筋収縮の作用があるのだそう。チーズやヨーグルト、牛乳や生クリームが大好きな人は、生理前だけでも抜いてみるといいかもしれません。

2. 赤身肉

 

生理中に体力の低下を感じる人は、鉄分が多く含まれる食べ物を食べるといいという話を耳にしたことがあるのではないでしょうか。でも、赤身の肉には乳製品と同じようにアラキドン酸が含まれているため、生理痛を悪化させる可能性があります。牛肉ではなくサケの切り身などで鉄分を補給するように心がけてみましょう。

3. カフェイン

カフェイン

「カフェインは血管を収縮させます。それは子宮に流れる血管も同様です。このため、生理痛がより酷くなります」と、イザベルさんは言います。私はチョコレートが大好物で、生理中は余計に食べたくなるのですが、チョコレートにもカフェインは含まれています。コーヒー、お茶、コーラ、エナジードリンク……カフェイン好きがカフェインを抜くのは大変なことですが、コーヒーから緑茶に変えただけでも私は効果を感じられたので、まずはカフェイン抜きのコーヒーにするとか、できそうなことから始めてみるといいかもしれません。

4. 塩分の多い食べ物

「生理前になると、体は塩分と水分を蓄え始めます。すでにむくんでいる体に塩分を加えると、さらに水分がたまります」と、イザベルさん。

5. 炭水化物ばかりの食事

栄養学アカデミー (Academy of Nutrition and Dietetics)のスポークスパーソンで管理栄養士のアリッサ・ラムジーさんは、炭水化物を取り過ぎると良くない理由を次のように説明しています。

「生理の1、2週間前はホルモンのレベルが変化します。エストロゲンのレベルが増加し、プロゲステロンのレベルが減少することによって、体が普段より水分を貯えるようになります。塩分と同様、炭水化物の取り過ぎは体のむくみを酷くする可能性があります」

6. お酒

「アルコールを大量に飲むと胃の中が空になる速度が遅くなるため、すでにむくんでいる体が、よりむくみや重みを感じることになります」
その上、アルコールを飲んだ後の体は脱水症状を埋め合わせるために体内の水分を保持しようとするので、より体がむくんでしまうのだそう。

アリッサさんは一日のアルコール摂取量を1〜2杯に抑え、飲んでいる間にコップ1杯の水を同時に飲むことを勧めています。

7. 砂糖入りの食品

「ケーキやクッキー、チョコレートバーに炭酸飲料、といった砂糖をふんだんに使った食品は、エストロゲンとテストステロンのレベルを変化させ、セロトニン(不安やイライラを抑えて気分を安定させる物質)を減少させます。さらに砂糖は血糖値を急上昇させて急降下させるので、それと相まって異常な気分の変化が引き起こされます。それに砂糖は、ただ取り過ぎただけで倦怠感を感じるものです」と、アリッサさん。

 そうは言っても生理前や生理の時こそ、甘いものが食べたくなってしまうものですよね。控えたいけれど我慢できない、そんな時には乳製品、動物性脂肪を一切使用していないヴィーガン・スイーツがおすすめです。ヴィーガンなんて興味ないと思っている方も、忙しくて昼夜コーヒーが手放せない方も、月に1度は自分の体を思いやり、いつもと違うものを食べる/飲む生活を心がけてみると、何か気づくことがあるかもしれません。

毎月付き合っていかなければならない女性ならではの悩みですが、ほんの少し食べ物に気をつけてみることが、毎日のあなたの美に違いをもたらしてくれると思います。

参考

7 Foods That Make Your Period Worse
http://www.eatthis.com/worst-period-foods

この記事を書いたライター

Writer

洋楽専門誌編集部に勤務したあと、1999年、カリフォルニア州ロサンゼルスに移住。フリーの音楽ライターとしてライナーノーツ執筆・取材・ライブレポートなどを数多くこなす。ファーマーズマーケットで仕入れる地元の食材を使ったナチュラルな生活と音楽ライブがエネルギーの源。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事