アサイーボウルやスムージーボウルに端を発し、“ボウル”1杯で栄養バランスの取れた朝食が、もはや定番となりつつあるLA(ロサンゼルス)。それが最近では、朝食だけでなくランチやディナーにまで進出し、グレイン(穀物)ボウルやベジーボウル、ポケボウルなど、バラエティーに富んだボウル料理が次々に登場しています。

ヘルシーなのはもちろん、ワンディッシュで完結する手軽さや、思わずインスタグラムに投稿したくなるようなカラフルでフォトジェニックなビジュアルも人気の秘密。そこで今回は、LA周辺の人気カフェで提供しているボウル料理をご紹介します。

アサイーボウル at ヴェニス・フレーク

ボウル料理をメジャーにした先駆け、サンバゾン社のアサイーを使ったアサイーボウル。ちなみに、ブラジル原産のスーパーフード、アサイーを全米や日本にすっかり浸透させた同社は、カリフォルニア発ということで、ヘルシー志向のカリフォルニアならではの一品といえます。さっぱり食べられるけど、意外とボリューム満点です。

アサイーボウル at ヴェニス・フレーク

インドカレーボウル at カフェ・グラティテュード

ヤム芋やココナッツの漬物がゴロっと入ったカレー風味のボウル。スパイシーなトマトのジャムと、ホウレンソウがうまく絡んで、なんともエスニックな味わいです。肉は入っていないけれど、食べ応えのあるヴィーガンフードで、具材の下には玄米かキヌアを選べます。ちょっと甘めのラッシー(インド風ミルクシェイク)との相性もバッチリ。

インドカレーボウル at カフェ・グラティテュード

スシボウル at カフェ・グラティテュード

ちらし寿司を思わせる、ヴィーガンのスシボウル。魚の代わりに、しっかりした食感を楽しめるアボカドや海藻を使い、細く切ったケールやエシャロットなどが盛り付けられています。和風のごまわさびドレッシングが美味!こちらも、下地には玄米かキヌアを選べます。

スシボウル at カフェ・グラティテュード

ポケボウル at メインランド・ポケ・ショップ

ハワイの伝統料理で、マグロの切り身をオリジナルのたれに漬けこんだ「ポケ」(ポキとも言う)。それをたっぷりのせたボウル料理がここ数年LAでトレンドになっており、専門店が次々に登場しています。こちらは、海藻、枝豆、マンゴーなどの具材を足して、カスタムしたボウル。下地は、白米・玄米・野菜から選べます。

ポケボウル at メインランド・ポケ・ショップ

よく考えてみると、いわゆる丼(どんぶり)もので、日本人には実はすでに身近なこのボウル料理。今回はカフェのメニューを紹介しましたが、好きな具を切って盛るだけなので、自分で作るのも簡単ですね。見て楽しい、食べておいしい。そんなボウル料理で、ヘルシーに美しくなりましょう。


【今回ご紹介したお店】
ヴェニス・フレーク
Venice Flake
http://veniceflake.com/
観光スポットとしても知られるベニスビーチにほど近い、ローカル御用達のカフェ。小さくておしゃれなカフェの点在するローズ通り沿いの一角にあり、週末には行列ができる人気店です。

カフェ・グラティテュード
Café Gratitude
http://cafegratitude.com/
ボウル料理人気の火付け役となったといわれている、人気のヴィーガンカフェ。ランチ向けの“おかず”ボウル料理に定評があり、その種類はベーシックなものからユニークなものまでさまざまです。

メインランド・ポケ・ショップ
Mainland Poke Shop 
http://www.mainlandpoke.com/
昨年オープンしたポケスタンド。ロサンゼルスのなかでもハイエンドなカフェやブティックの並ぶサードストリートに位置し、カジュアルなイメージのポケをおしゃれに楽しめるとあって話題になっています。

この記事を書いたライター

Writer

東京・LAでの出版社勤務ののち、フリーランスのライターに。中米コスタリカの常夏ビーチリゾート地でのスペイン語学習+バケーション+時々仕事の生活を経て、再びLAにて活動中。屋外ワークアウトが最近のお気に入り。ハイキングや公園&ビーチヨガをリフレッシュと体型維持のために続けています。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事