90’sリバイバル!再注目のヘアアクセを使ってヘアアレンジ

バレッタ、コームヘッドバンド、ヘアクリップ、ヘアピン、シュシュなど、90’s(1990年第)に大ブレイクしたヘアアクセが再ブームの兆しです!ここ最近はパリコレなどの各コレクションでも多く使われ、セレブやファッショニスタも愛用中。90’s ファッションやカルチャーが再ブームの昨今、簡単なヘアアクセ使いで、トレンドを取り入れてみてはいかがでしょうか?

ハイブランドのキャットウォークでも90’sヘアが目白押し!

先日行われたNYコレクションでは、アレキサンダー・ワン、ドルチェ&ガッバーナ、マックス・マーラはじめ、多くのハイブランドがモデルに90年代風のヘアアクセサリーを使用したヘアアレンジを行い、ひときわ脚光を浴びていました。モデルが身につけていたものは、ヘアクリップ、バレッタ、グリッター付ヘアピン、コームヘッドバンドなど。今風のアレンジで大人の愛らしさを演出していたランウェイは、ひときわ脚光を浴びていたのです。

火付け役となったセレブのアクセ使いをチェック!

コレクションと連動して、最近はトレンドセッターも90’sヘアアクセサリーを愛用しているのが目立ちます。さっそく、セレブのヘアアレンジを見てみましょう。

アレクサ・チャン

モデルでファッションデザイナーのアレクサ・チャンは、前髪をサイドパートにしてイミテーションパールが付いたバレッタを重ね付け。90’sムービーに出てきそうなスパイファッションとマッチしていますね。

キム・カーダシアン

続いては無敵のトレンドセッター、キム・カーダシアンも彼女のコスメティックライン「ケーケーダブル・ビューティー(KKW BEAUTY)」のウェブでバレッタ使いを披露。前髪をセンターパーツにしてシンプルなバレッタで両サイドを留めるだけ。シンプルなヘアアレンジですが、これだけで90’s風に即変身できます。

アリアナ・グランデ

大人気の歌姫、アリアナ・グランデはステージだけでなく普段のおしゃれにも90’sヘアアクセを愛用しているようです。サイドで分けた前髪をきっちりコーミングしてスナップピンをオン。低い位置で結んだポニーテールはボウタイ付きのゴムで結んでポップに仕上げています。

ヘイリー・ボールドウィン

先日、ジャスティン・ビーバーとの電撃入籍が話題となった人気モデルのヘイリー・ボールドウィンは、シュシュでポニーテールを結んでスポーティーに仕上げています。赤いリップで90’sテイスト満載。まるで昔のグウェン・ステファニーのようでとってもクールですね。

90’s風ヘアアクセを取り入れたアレンジヘアを格上げするプラスα

より洗練されたスタイルが完成させるために、アレンジヘアとマッチするプラスαの味付けをご紹介します。

1.しっとりモイスチュアヘア

スタイルがガーリーなだけに、アレンジをする前にヘアに保湿剤などをつけてしっとりさせてから、コーミングをし、きっちり感を出すのがポイント。しっかり櫛目をつけてからアクセをつけると大人のアレンジヘアに仕上がります。

2.立体感のある眉

2019年の眉のトレンドは自毛を生かした立体感のある眉。キム・カーダシアンのようにさらにくっきり描くと、幼くみられがちなバレッタ使いのスクールガール風ヘアもゴージャスに演出できます。

3.目尻を意識したアイライン

アイラインも眉毛同様に90’s風ヘアには必須要素です。キム・カーダシアンほど派手に描かなくとも、アレクサ・チャンやアリアナ・グランデのように目尻をやや長くすることでフェミニンかつクラシックな印象に。

4.赤いリップ

90’sといえば赤いリップを思い出す方も多いのでは?少しオーバー目に塗ることで女優っぽく仕上げるのが粋。先にご紹介したシュシュで結んだポニーテールがクールなヘイリー・ボールドウィンも赤いリップでスポーティーなスタイルを格上げしています。

5.チョーカー

90’sヘアアクセとともに90年代に流行したのがチョーカーです。チョーカーとは首にタイトに巻いたネックレスのようなもの。革紐やヴェルヴェットのリボンでも代用されることが多く、手持ちのアイテムで簡単に取り入れることができます。先ほど紹介したアリアナ・グランデのインスタグラム上の写真でも、首に細いチョーカーが巻かれています。

LA在住のトレンド高感度女子が伝授! 簡単な90’sヘアアレンジ

LA(ロサンゼルス)在住のトレンド高感度女子2人に最近お気に入りのヘアアレンジを披露してもらいました。使用したのは、いずれも色味を抑えたシンプルなヘアアクセサリー。大人の女性にもためらいなく取り入れやすいヘアアレンジです。

90’sリバイバル!再注目のヘアアクセを使ってヘアアレンジ

左:やや長めのヘアピン。日本ではアメリカンピンという名で親しまれています。中:シンプルな3色バレッタ。右:べっ甲模様のスナップピン。3点とも「コンエアー(CONAIR)」社のもの。

読者モデルA:クリステンさん(41歳)

普段はラフなセンターパートのクリステンさん。ビーチガールだけにいつもはややドライでラフなスタイルが基本。

アメリカンピンのヘアアレンジ

90’sリバイバル!再注目のヘアアクセを使ってヘアアレンジ

90’sファッションを楽しむ際は、ややサイドパートにして両サイドの前髪はヘアピンを重ね付けしました。仕上げに革紐のチョーカーを首に巻いて。

90’sリバイバル!再注目のヘアアクセを使ってヘアアレンジ

オーガニックを好むクリステンさんは、保湿剤の代わりにココナッツオイルを髪の表面につけてコーミングして、櫛目をつける。はじめに前髪を90度に下ろしてサイドに流します。

90’sリバイバル!再注目のヘアアクセを使ってヘアアレンジ

サイドパートに流した両サイドの前髪にヘアピンを2〜3本重ね付けします。ピンは同感覚につけるとエレガントに見え、ランダムにつけるとストリート感が増します。

読者モデルB : ティファニーさん(30歳)

ヘアスタイルはワンレングスのロングヘア。普段はナチュラルなダウンスタイルが基本ですが、最近はヘアアクセを使ったアレンジを取り入れているそうです。

バレッタのヘアアレンジ

90’sリバイバル!再注目のヘアアクセを使ってヘアアレンジ

バレッタを多数使いしてポニーテール風にしたエレガントなアレンジ。バレッタで留めている部分はきっちりタイトにコーミングし、下ろした毛先は空気感を出してラフに仕上げるのがコツです。

モイスチャー系のヘア剤を全体に薄くなじませ、ブラッシングの後、コームで表面に櫛目をつけておきます。

コームでトップから縦に4つのパートに分け、上からバレッタを順に留めていきます。毛先の毛束を指で割いてエアリーに仕上げます。

スナップピンのヘアアレンジ

90’sリバイバル!再注目のヘアアクセを使ってヘアアレンジ

サイドパートにしてスナップピンをサイドで留めてイノセントな雰囲気に。毛先はラフに仕上げてAラインシルエットにすることで小顔がさらに強調されます。

モイスチュア系のヘア剤を全体に薄くなじませ根元からブラッシング。

サイドパートにして、スナップピンをこめかみ近くに2箇所留め、毛先は指で毛束を割いてふんわりさせれば完成。

簡単なヘアアレンジで90’s風

ヘアの世界にも過去10年間ほど、ナチュラルやオーガニックなどというキーワードが浸透していましたが、最近ではフューチャリスチック(未来的)とクラシックなテイストが融合した90’s風スタイルが取り入れられています。分かりやすくいうと「ゆるい」雰囲気から「スタイル」のあるカチッとしたヘアへと移行しつつあるのです。このヘアアレンジにはネイルやメイクも、レッドやメタリックなカラーが似合います。ヘアアクセサリーを使ったヘアアレンジは意外にも簡単。これまでのナチュラルなヘアスタイルに変化をつけるためにも、特別な日だけでも、シンプルなヘアアクセサリーを使った90’s風ヘアアレンジで気分を一新してみてはいかがでしょう?

この記事を書いたライター

東京でフリーランスの編集・ライターとして女性誌で執筆活動ののち、6年前に渡米。現在はビーグレンイッシュの他に、 LAを拠点にメンズファッション誌やライフスタイル誌、サーフィン誌などで執筆中。サーフィンで焼けてしまったダメージ肌をいたわるために、いつもレモンキューカンバー・ウォーターとココナツオイルを常備。ココナツオイルは食べて、肌にもつけて、さらに香りもいいのでフレグランス代わりにも利用しています!

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事