部屋別クリスタルで、自宅をパワースポットに!

以前からアメリカでもクリスタル(水晶などを含むパワーストーン全般)を取り入れたライフスタイルを好む女性は多いですが、それが昨年になって、ファッション、美容、ネイル、インテリアとさまざまなジャンルで話題になり、より多くの女性が気軽にそのパワーを楽しめるようになりました。知識のある一部の人が愛好するというよりは、日常生活レベルでより楽しくヘルシーなライフスタイルを築くためのアイテムの一つという身近な感覚で人気を集めているのです。アメリカの大型ホームセンター「Home Depot(ホームデポ)」でもクリスタルやソルトランプなどのインテリアグッズの扱いが始まったことも、その大衆性が伺えます。

クリスタルグッズの幅広い展開

この背景には、アメリカ女性のなかで「目に見えないエネルギー」を支持する傾向が広がってきたことにあります。瞑想はもちろん、鐘の音や霊気のパワーなど、アジア地域に住む人の方が聞き覚えのあるカルチャーに傾倒する女性たちが増えているのです。ヨガと同じように、精神を整えることが健康に繋がるという考え方が築かれているのだといえます。2018年はそれらの流れがますます勢いを増して、ヨガや瞑想を自宅で実践する人もさらに多くなるとのこと。そんな女性たちのニーズに応える形で、自然のエネルギーを放出してくれるクリスタルのインテリアグッズが人気を集めています。

A post shared by SoulMakes (@soul.makes) on

天然石を輪切りしたようなコースターは、実用的にパワーストーンを楽しめます。

ストーン模様のカーペットまで登場!石のパワーが持続するかは不明ですが……。

パワーストーンにはそれぞれ「性格」がある

「クリスタルは大自然が作った芸術品、それを家に持ち込めばそこには大自然が現れる」と語るのはニューヨークのクリスタルエキスパート、ルーク・サイモン氏。「一つ一つが地球の神秘によって作られた特別なクリスタルであり、それぞれの石が異なる感情やパワー放っている」とのこと。だからこそクリスタル一つで部屋の雰囲気やエネルギーをガラッと変えることができるといわれており、さらにルーク氏は「部屋に合ったストーンを置くことで、最大の効果を得ることができる」と説明しています。今回はそんなルーク氏がガイドする「部屋別のクリスタルの選び方」をご紹介していきたいと思います。

仕事スペース、デスク周り:アメジスト

思考の場所となる仕事スペースやデスク周りにおすすめなのが、紫色のクオーツ「アメジスト」。そのパワーは癒しや安らぎ、精神の安定に加えて、インスピレーションや創造性を高めるとされています。またマインドをオープンにしてくれるパワーもあり、新しい考え方や斬新なアイディアに導いてくれそうです。

中でも塊状のアメジストは複数の人が集まるオフィス向き。数多くの突起の集合体になっていることから、よりたくさんのポジティブなエネルギーを発してくれるそう。

ベッドルーム:ローズクォーツ

A post shared by SoulMakes (@soul.makes) on

一日の始まり、一日の締めくくりでもあるベッドルーム。文字通り最も「休まる」場所である寝室には「ローズクォーツ」。ビジュアルの可愛さから持っている人も多いかもしれませんが、実はベッドルームが最適な置き場所なのです。ローズクォーツは、自分へのいたわりとして使われることも多く、体の疲れを和らげ、傷を癒してくれる効果があるようです。また美を象徴する石であることから、しわを減らしハリのある肌を導いてくれるともいわれています。実際に昨年からローズクォーツを使ったスキンケアなどが話題になっているのは、それが理由の一つ。また、ローズクォーツは優しさや思いやりの心を高めるとされているので、朝が始まる部屋を素敵なエネルギーで包むためにもぴったりのクリスタルです。

A post shared by SoulMakes (@soul.makes) on

見た目にも可愛いローズクォーツは、石やランプ、キャンドルホルダーの選択肢も豊富。花と一緒に飾るのもお洒落なアイディアです!

キッチン、ダイニング:カルサイト

通常キッチンやダイニングは食事を準備し、人々が食卓を囲む場所として、温かみがある和やかな空間です。そんな部屋にぴったりなのが「カルサイト」。なかでもオレンジやイエローなどの暖色系のカルサイトがおすすめです。クリスタルを選ぶとき、その石が持つカラーも実は重要な要素の一つ。カラーそのものが持つ意味と相乗する形で、石が発するそれぞれのエネルギーを受け取っているからです。鮮やかなオレンジやイエローはそれだけでも生命力があり、食欲を刺激するカラー。そしてカルサイトは浄化作用を併せ持った優しいエネルギーを発しているため、愛情とぬくもりに溢れたキッチンやダイニングにプラスの効果をもたらしてくれるそう。またオレンジカルサイトなどはその色の特徴から、アメリカでは秋ごろにハロウィンやサンクスギビングなどの飾り付けとともに使われることもあります。

何だかおいしそうなこちら。実はこのキャンドルの中にカルサイトが入っています。

リビングルーム:セレナイト

起きている間、多くの時間を過ごすリビングは感情やムードもさまざま。家族でもそれぞれが違うことをしているなど「個」が出やすい空間でもあります。そこで必要になってくるのが、真っ白な色が特徴の「セレナイト」。心を落ち着かせて調和へと導いてくれる存在です。全体的に穏やかで優しい空気感の中で、いろんな感情や出来事のバランスを取ってくれるので、多くの人が集うリビングにはぴったりです。

A post shared by SoulMakes (@soul.makes) on

リビングに馴染みやすいプランツホルダーも真っ白のセレナイトで。

バスルーム:クリアクォーツ

A post shared by SoulMakes (@soul.makes) on

体をキレイにするバスルームには、不必要な毒素を排出してくれる「クリアクォーツ」をぜひ置いてみてください。何かをプラスしていくという考え方と相反し、余分な汚れ、考え、気持ちを削ぎ落としていく空間を作り上げることがポイントです。水のように透明なクリアクォーツは、一日で積み上がった要らないものを清め洗い流してくれるパワーを持っているそう。ホワイトセージなどと一緒に浄化していくのもおすすめです。

A post shared by SoulMakes (@soul.makes) on

クリスタルのかけらをそのまま置くだけも、不思議とインテリアとして溶け込みます。

最初は少しの変化でいい

英語には「It doesn’t hurt」という表現があり、場面によっていろいろな解釈がされますが、その一つに「とりあえず損は(害は)ないでしょう」という意味合いで使われることがあります。パワーストーンに関しても、私のような初心者にとっては、まさにその一言に尽きるかなと個人的に感じています。「目に見えないパワー」を信じるか信じないか、それは人それぞれです。パワーストーンはキャンドルホルダーなどの小さいものでも、その効果を発揮するともいわれています。小さいアイテムは取り入れやすいので「やってみて損はないかな」と思っています。見た目もお値段も可愛いらしく、実用的なアイテムも出揃っている今年は特に試しどき。「ザワザワとした時期が続いたから、ちょっと変化が欲しい」と思って購入したベッド横のローズクォーツのおかげで、ふと心地のいい睡眠が取れるかもしれません。「もっといい仕事がしたいな」と願って何となく買ったアメジストで、仕事のやり方が変わるかもしれません。それは、少しの変化が欲しいという前向きな気持ちから始まるものですよね。そんなちょっとした変化がライフスタイルを変えるほどの大きな出会いとなるかも……。私ももっと素敵な記事を皆様にお届けできるように、早速アメジストのキャンドルホルダーを購入してみました。

協力

https://www.wellandgood.com/good-home/wellness-trends-2018-healthy-home-woo-woo-design/
https://www.wellandgood.com/good-advice/crystals-for-every-room-guide/

この記事を書いたライター

東京でファッション誌の編集・ライターとして活動後、渡米。LAではセレクトショップのバイヤーに。妊娠、出産を機に退職した後はフリーランスのライターとして活動再開。Newスポットの探索、本屋巡り、図書館でお籠り、ハワイへの逃避行が大好き。娘の笑顔とアイスクリームさえあればとりあえず幸せな30代女子です。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事