毛穴の開きや黒ずみ、何とかしたい!「ゲル」と「クリーム」はこう使う!

お客様からのご相談

オイリースキンの私は、毛穴の開きや黒ずみに悩まされて、ただ今毛穴ケアの4点(クレイウォッシュ、QuSomeローション、Cセラム、QuSomeモイスチャーゲルクリーム)を使用中です。QuSomeモイスチャーゲルクリームはさっぱりとした使用感で、とても気に入っているのですが、年齢的にQuSomeモイスチャーリッチクリームも気になっています。QuSomeモイスチャーゲルクリームQuSomeモイスチャーリッチクリームに変えてお手入れをしても、同じ効果は得られますか?

ビーグレンからのアドバイス

ますはじめに、QuSomeモイスチャーゲルクリームQuSomeモイスチャーリッチクリームの、それぞれの効果についてご案内いたします。

QuSomeモイスチャーゲルクリームは、水分を角層の奥まで引き込み、肌が自らうるおいを作り出す力をサポートします。ビーグレン独自の複合成分「QuSome®ハイドレーションコンプレックス」を採用することで、内側と外側からうるおいをチャージ。保水力を長時間キープし、ハリのある素肌へ導きます。軽く爽やかなテクスチャーのゲルです。

おすすめ製品
ゲル

 QuSomeモイスチャーゲルクリーム

うるおいの連鎖を巻き起こす保湿ゲル。
みずみずしさの頂上へ

QuSomeモイスチャーリッチクリームは、深いしわやたるみなどのエイジングサインを押し返し、肌を支える力をサポートします。ビーグレン独自の複合成分「QuSome®エイジリカバーコンプレックス」が、乾燥や肌質の低下が気になる大人の肌に、豊かなハリと弾力を与え、トラブルから守ると同時に透明感のある肌を目指します。コクのあるリッチなテクスチャーのクリームです。

おすすめ製品
クリーム

 QuSomeモイスチャーリッチクリーム

エイジングサインに待ったをかける濃厚なクリーム。
よみがえる肌活力

このように、2つの製品では働きが異なります。QuSomeモイスチャーゲルクリームは、保湿を強化することで、乾燥によって起こるトラブルを防ぎます。一方でQuSomeモイスチャーリッチクリームは、特に加齢によって起こる肌トラブルに働きかけます。毛穴悩みの種類に応じて、適した製品をお選びください。

毛穴の開き、黒ずみ、角栓などでお悩みの場合は、これまで通りQuSomeモイスチャーゲルクリームのご使用をおすすめします。オイリーにかたよりがちな肌のテカりを抑えて、気になる毛穴を引き締めてくれます。ゲルのみずみずしいテクスチャーのように、たっぷりと水分を蓄えたプルプルの肌で、毛穴が目立たなくなります。

頬などの毛穴が、しずく型でお悩みであれば、たるみによる毛穴の開きであることも考えられます。この場合は、QuSomeモイスチャーゲルクリームとともに、QuSomeモイスチャーリッチクリームのダブル使いもご検討ください。年齢を問わない毛穴の悩みも、年齢肌特有の毛穴の悩みにも両方に働きかけてくれますよ。

肌の悩みに応じて、製品を選ぶことはもちろん、そのとき、そのときの肌の状態に応じて製品の組み合わせを変えることも大切。ぜひ、お気軽にスキンケアコンサルタントにご相談ください。

この記事を書いたライター

Skincare Consultant

ビーグレンに勤務する前から製品のファンだった私が、製品によって悩みが救われたという経験や毎日たくさん伺うお悩みのご相談のなかから、お客様の最適なスキンケア製品との出会いに少しでもお役に立てたらうれしいと思っています。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事