ひきしめ効果抜群の顔層筋マッサージ!フェイスリフト編

顔にはたくさんの筋肉があります。それをまとめて顔層筋と呼びます。たるみやしわの老化現象は、加齢によって新陳代謝が衰え、成長ホルモンの分泌量が減ってしまうと、筋肉が凝って固くなり、だんだん縮まって短くなってしまうことが大きな原因です。りんごの実がしぼむと表面にしわができてしまうのと同じですね。

そこで必要なのが筋肉の深い部分のストレッチ。筋肉の深い部分に働きかけて、柔軟性のある若い筋肉を増やして、老化の原因を取り除くと、肌が持ち上がるだけでなく、美肌効果までも得られます。

ひきしめ効果抜群の顔層筋マッサージ!フェイスリフト編

リンパマッサージは表層だけなので、時間が経つと元の状態に戻ってしまいます。それに対して顔層筋マッサージは、筋肉に対して垂直に動かすことによって筋肉のコリをほぐし、柔らかくします。また、ストレッチすることによって筋肉が太く柔らかに再生され、リンパ管も同時に動き血液の流れもよくなるので効果も持続するのです。

さらに、栄養が肌のすみずみまで運ばれることで、シミやくすみなどの改善にもつながります。加えて、酸素を豊富に取り込めるようになるので、代謝や細胞の再生力まで高まるのです。今までのマッサージにはない小顔と若返りが期待できます。肌を擦ったりはしないので、肌が伸びてたるみの原因になるなど、負担をかけることもありません。

顔層筋マッサージは、一日分の老化や疲れがたまった夜に行うのが効果的です。その日のコリはその日のうちにリセットしてしまいましょう。

では、実際にやってみましょう。

「ダメージ筋」の探し方

– 顔の左右を一緒に触ってコリコリしていたり、痛いと感じる部分が、ダメージ筋です。

あごのたるみ

両手を首の前でクロスし、耳の下から鎖骨に向かって下ろします。

左右同時に筋肉を前後に10回動かします。

あご右半分に親指を押し込み、左右に10回動かします。

左半分も同様に。

やや強めの圧力をかけるのがポイント。

頬のたるみ

頬骨の下から口角まで、3本の指で前後に10回動かします。

こめかみ部分を10回グルグル回します。

強く押し込むような感じで動かすのがポイント。

顔層筋マッサージはこちらもご覧ください。
目力のあるパッチリした魅力的な目元をつくる顔層筋マッサージ

この記事を書いたライター

Skincare Consultant

効果的にしっかりケアすれば、若々しい肌を取り戻せます。 マッサージセラピストとしての経験を生かしながら、スキンケアにプラスして取り入れやすい美容テクニックのご提案を含めた美肌づくりのサポートをさせて頂きます。どんなに小さなことでもお気軽にご相談くださいませ。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事