寒いのに、肌のテカリが気になります

お客様からのご相談

肌のテカリが気になります。夏、暑い時に汗ばんでテカってしまうのはわかりますが、寒くなってきたのに、相変わらず肌がテカるのは、どうしてでしょうか?

ビーグレンからのアドバイス

冬の寒さにも関わらず、肌が脂っぽい、テカリが気になる……。「寒い気候なのに、どうして?」とご相談をいただくことが増えてきました。これは、肌が「インナードライ」の状態になっていると考えられます。最近よく耳にする「インナードライ」。実際に肌では何が起こっているのでしょうか。

「インナードライ」とは、肌の中が乾燥している状態をいいます。肌のうるおいは、角層の存在と密接に関係しています。健全な角層はうるおいを守る3つの要素、皮脂膜、NMF(天然保湿因子)、細胞間脂質によって水分を保持しています。しかしこの3つの要素は、洗顔や紫外線によるダメージによって奪われてしまうのです。そしてこの3つの要素が不足してしまうと、角層の保湿機能は低下し、水分が不足してインナードライ肌の原因となります。また、バリア機能も低下していくので、バリア機能が低下した角層を補修しようと、どんどん新しい細胞がつくられ、角層へと押し上げられていきます。そうすると、肌のターンオーバーのサイクルが急激に短くなり、肌本来のメカニズムが乱れてしまいます。インナードライ肌は、未熟で本来の機能を持っていない細胞が次々と押し上げられていくため、角層の構造が乱れ、保湿機能やバリア機能も低下することが原因で起こってしまうのです。紫外線からのダメージ、強すぎる冷暖房の空調による乾燥、皮脂を取り過ぎる洗顔などによって肌が受けるダメージは想像以上に大きく、インナードライ肌を招いてしまいます。

では、インナードライ肌のケアはどうしたらいいのでしょう。大切なのは「やさしい洗顔」と「保湿強化」です。

洗顔は、肌への負担が少なく優しいクレイウォッシュで汚れを取り除いてください。肌に必要な皮脂を残すことで皮脂膜、バリア機能を守ります。そしてQuSomeローションで角層に水分をしっかりと補充してください。お手入れの最後にはQuSomeモイスチャーゲルクリームQuSomeモイスチャーリッチクリームなどで、与えたうるおいを逃さないようにしましょう。このようなケアで成熟した角質細胞を育ててください。ゆっくり育った細胞が角化すると水分を充分に保持できる美しい角質となり、きめの整った肌となっていきます。

インナードライ肌は、脂性肌、混合肌と特徴が似ているので、気づきにくい場合が多いのです。肌の皮脂、テカリが気になるからといって、皮脂を取るケアをして、インナードライ肌を進行させてしまっているかもしれません。この時期、肌の皮脂、テカリが気になるというときは、インナードライ肌に陥っている可能性があります。「あれ、最近肌が脂っぽい?」と感じたら、洗顔と保湿を見直してみてくださいね。

おすすめ製品

クレイウォッシュ
洗顔料

クレイウォッシュ

詳細を見る
QuSomeローション
化粧水

QuSomeローション

詳細を見る
QuSomeモイスチャーゲルクリーム
ゲル

QuSomeモイスチャーゲルクリーム

詳細を見る
QuSomeモイスチャーリッチクリーム
クリーム

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

詳細を見る

この記事を書いたライター

Skincare Consultant

「スキンアドバイザー」の資格を持っています。一人でも多くのお客様に、「ビーグレンに出会えて良かった」と思っていただけるよう心のこもったサービスのご提供と長年の経験を活かしたスキンケアアドバイスができれば幸いに思います。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事