冬は体も肌もカラカラ。十分な水分補給を

お客様からのご相談

最近、朝起きると顔がカサカサでつっぱっています。また、喉も渇いています。乾燥が原因なのでしょうか?

ビーグレンからのアドバイス

冬の空気は、一年の中で特に乾燥しています。この乾いた空気が、肌にとって大切な水分を奪っていきます。そして、寒い部屋の中では暖房がかかせません。ただでさえ空気が乾燥しているのに、暖房を使用することで、部屋の湿度はさらに低下していきます。暖房により部屋の温度が高くなっているのに、湿度が低いという状況は、肌の水分がもっとも失われやすい状況です。

また、朝起きた時に喉がカラカラになっているのも、乾燥が原因と考えられます。喉がカラカラということは、肌もカラカラの状態で、乾燥ダメージを受けていると考えられます。

この季節は、暖房によって失われた分、身体にも肌にも十分に水分を補給してください。冬は乾燥を防ごうとクリームを使う量が増えますが、クリームに頼るあまり、基本の水分補給が疎かになってしまう傾向があります。スキンケアの際は、ローションをたっぷり使い、十分にうるおいを浸透させ、油分で薄くヴェールを作る保湿・保護を心がけてください。

おすすめ製品
化粧水

 QuSomeローション

17時間「とどまり続ける」うるおいで、 健やかな美しい肌をつくり上げる高機能化粧水

この記事を書いたライター

Skincare Consultant

効果的にしっかりケアすれば、若々しい肌を取り戻せます。 マッサージセラピストとしての経験を生かしながら、スキンケアにプラスして取り入れやすい美容テクニックのご提案を含めた美肌づくりのサポートをさせて頂きます。どんなに小さなことでもお気軽にご相談くださいませ。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事