桜の花に込める、ビーグレンの思い

sakura

桜の季節ですね。桜と言えば、日本の春を象徴する花ですが、実はアメリカにも多くの桜があり、人々の目を楽しませています。

桜の季節にワシントンDCで開催される「全米桜祭り」はアメリカで最大の日本文化祭りであり、他にも全米の多くの都市で、桜の咲く季節には「桜祭り」が行われます。

IMG_5191

ビーグレン本社のあるカリフォルニア ハンティントンビーチ市でも、去る3月20日に「桜祭り(Cherry Blossom Festival)」が開催されました。ハンティントンビーチ市と、姉妹都市である愛知県安城市の絆を記念したものです。

ビーグレンは、アメリカに存在する日本企業として、『アメリカの人たちにもっと正しく日本を理解してもらいたい、たくさんの人に日本を好きになってもらいたい』という願いを胸に、昨年に引き続き、本フェスティバルのメインスポンサーを務めました。

当日は、 昨年にも増して多くの参加者が集い、和太鼓、歌舞伎、空手、民謡、日本舞踊など、さまざまな日本文化の展示やパフォーマンスなどが行われました。他にも 日本文化が体験できるさまざまなブースが出展され、人々を楽しませていました。

IMG_5313

ビーグレンも、ブースにてサンプルを配布しながら、スキンケアコンサルタントがスキンケアカウンセリングを提供するとともに、開始したばかりの新事業「ビーグレンデンタル」のご紹介もいたしました。

IMG_5391

また、ハンティントンビーチ市近郊にお住まいのビーグレンのお客さま方に、イベントへお誘いをさせていただいたところ、カタログを持参してくださったお客さまがいらっしゃいました。お客さまとのつながりを大事にしたい私たちにとって、お客さまに直接お会いできたのは、とてもうれしく、心温まる時間でした。

本当にありがとうございます。

IMG_5290

日米だけではなく、国際的な世界で、「スキンケア」を通じて、人々の笑顔が増えるように願っているビーグレン。これからも、国際的な視点を持ちながら、国際交流、そして日本文化のために貢献を続けていきたいと思います。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

イベントの最新記事