「特別な想いの母娘台湾旅行」第4回目

こんにちは、ハワイ・アイランド料理研究家の藤沢セリカです。

躍動的で人々のパワーに溢れたインターナショナルな島、台湾。美食とアンチエイジングの宝庫であり、多くの観光客で溢れる国です。台湾生まれの台湾育ちながらも戦後引き上げて以来、70年間も台湾に足を踏み入れていなかった母を伴って、台湾を旅しました。米寿(80歳)を過ぎた母と行く「母娘台湾旅行」第4回目となる最終回は、さらに美食を味わいながら、台湾の人々の優しさに触れます。

美食を味わう!その二

何を食べてもハズレのない台湾。ならば味わうしかないでしょう。第3回目の「美食を味わう!その一」に続き、日本びいきのオーナーが振る舞う四川料理から、元祖「杏仁豆腐」まで食べ尽しました。

パンチの効いたオリジナリティー溢れるメニューが人気の四川料理

四川料理が食べたいなら断然「KIKI(キキ)」がおすすめ。この店は、私が去年台湾を訪れた際に、ふらふら歩いていて偶然見つけました。オシャレな外観にクロネコのマーク。あれ?お気づきの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そう、この店のオーナーは宮崎駿監督のスタジオジブリ映画『魔女の宅急便』が大好きで、なんと店名を映画の主人公の名前であるKIKIにしてしまったそうです。

四川料理なので、唐辛子がたっぷり。辛さはその都度調節してくれるので、激辛料理の苦手な方でも安心です。カプサイシン効果で代謝の良くなるメニューばかりが揃っています。何をオーダーしてもハズレなく美味しいのですが、特に四川風肉そぼろの「招牌 蒼蠅頭(ザオパイ ツァンイントウ)」や厚揚げ、パイナップルとエビの炒め物や麺などが私のお気に入りです。かなりの人気店のため、事前に予約することをお忘れなく。

パイナップルチキンマヨ。全体的に味のバランスが良く、添えられている生のパイナップルと一緒に口にすると美味しいです。

パイナップルチキンマヨ。全体的に味のバランスが良く、添えられている生のパイナップルと一緒に口にすると美味しいです。

これはKIKIの看板メニュー。手前は蒼蠅頭、「ハエの頭」と書きますが、黒豆に塩を加えて、発酵させ水分を減らした調味料の豆鼓(トウチ)がご飯と相性抜群! 写真奥は卵豆腐の厚揚げです。こちらは辛くなく、ホッとする味。

これはKIKIの看板メニュー。手前は蒼蠅頭、「ハエの頭」と書きますが、黒豆に塩を加えて、発酵させ水分を減らした調味料の豆鼓(トウチ)がご飯と相性抜群!
写真奥は卵豆腐の厚揚げです。こちらは辛くなく、ホッとする味。

四川料理屋であるものの、とってもマイルドな優しい麺。20分以上煮込むので注文はお早めに。

四川料理屋であるものの、とってもマイルドな優しい麺。20分以上煮込むので注文はお早めに。

KIKI
http://www.taipeinavi.com/food/141/

問屋街「迪化街(ディーホアジエ)」にある元祖「杏仁豆腐]

迪化街の一角、見過ごしてしまいそうな屋台です。ぜひ、探してみて!

迪化街の一角、見過ごしてしまいそうな屋台です。ぜひ、探してみて!

乾物、高級食材、漢方薬などの老舗が軒を連ねる、台北で最も古い問屋街である「迪化街 (ディーホアジエ)」。この問屋街にある屋台から「杏仁豆腐」は生まれたそうです。日本のコンビニなどで販売されているものとは全く異なる杏仁豆腐。冷たくて香り高く、甘さは控えめです。その上品な味がとても美味しかったです。

スタンダードな杏仁豆腐は上に蜜をかけるもの、その他にも緑豆や小豆入りもあり、どれにも杏仁豆腐の上に目の粗いかき氷をドサッと入れます。蒸し暑い日には体に染み入るようで、ついつい口にしてしまう冷たいスイーツです。どうも台湾の人たちは、一般的に薄味を好むように思えます。そのため、極端に太った人がいなく、皆スリムなのかもしれませんね?

さっぱりしてスーッと口に入ります。熱い日にぴったり。

さっぱりしてスーッと口に入ります。熱い日にぴったり。

迪化街
http://www.taipeinavi.com/miru/184/

人とのふれあい、心が温まる台湾

さて、いかがでしたか?台湾には美味しいものがいっぱい、しかも美容にいいものが溢れるほどあります。ツバメの巣やフカヒレは、少々お値段が張りますが、庶民的な料理やスイーツにも体にいい、アンチエイジングに効果的な美味しいものがたくさんありました。電車やタクシーを上手く組み合わせれば、足の悪い人でも、さまざまな場所へ観光に行くことができることも今回の旅行で分かりました。

年老いた母と訪れた台湾は素晴らしい旅となりました。このような旅行が実現できたのは、台湾の人たちの優しさ、ホスピタリティーがあったからこそ。電車に乗っても、街を歩いていても、お年寄りから若者まで、見ず知らずの人たちが母を気遣ってくれました。言葉は通じませんが、その優しさは視線や態度で十分理解できます。台湾人の友人も、いろいろとスケジュールを組んで無駄のないように配慮してくれました。

想い出の地を訪ねて

美食三昧の旅の中で、母の想い出の地をいくつか訪ねました。母が子どもだった頃の遠い日にタイムスリップするようでした。そのひとつが母の通っていた小学校です。日本の小学校同様に、台湾の小学校でも、普段は安全のために部外者は入ることができませんが、事情を説明したところ、快く迎えてくれました。さらに、母がこの小学校に通っていた頃の写真まで見せていただきました。

母が通っていた小学校。名前も変わり、建て直されてはいましたが、残されているものもたくさんありました。

母が通っていた小学校。名前も変わり、建て直されてはいましたが、残されているものもたくさんありました。

母が泳ぎを覚えた学校のプールの写真です。

母が泳ぎを覚えた学校のプールの写真です。

この旅の中で、奇跡のようなことが何度もあり、「あぁ、母は台湾に呼ばれて来たのだな」と実感しました。

素晴らしいホスピタリティーのホテル

最後に宿泊したホテルについて皆様にお伝えして、「特別な想いの母娘台湾旅行」の筆を置きたいと思います。

滞在中に82歳の誕生日を迎えた母ですが、観光からホテルの部屋に戻ったとき、部屋のテーブルにホールのケーキが置いてありました。ハッピーバースデーのカードとともに。 予想もしていない、ビッグサプライズです!また、母がちょっとした事故に遭ったとき、ホテルの支配人から従業員の方まで親身になって対応してくれました。病院にまでずっと付き添ってくれ、素晴らしいホスピタリティーに大感激しました。その後ホテルの方々とはさらに親しく、仲良くさせていただきました。

今まで私は、さまざまな国を旅してきましたが、こんなに素晴らしい従業員たちがいるホテルは生まれて初めてです。私は再度台北を訪れることがあったら、必ずこのホテルに宿泊します!場所は台北の真ん中、台北駅の前です。どこに行くにも便利で、部屋も清潔でキレイ。何と言っても、従業員の方々が皆素晴らしく、筆舌に尽くし難いほどです。また、3階の中華レストランも絶品でした。 このホテルに足を踏み入れたときから、帰国する最後のひとときまで、台湾の人々の温かさに触れることができます。そんな優しさに溢れたホテルとして皆様におすすめします。

誕生日に部屋に置かれたケーキにとても喜んだ82歳になった母。少しは親孝行できたかな?

誕生日に部屋に置かれたケーキにとても喜んだ82歳になった母。少しは親孝行できたかな?

シーザーパークホテル
http://taipei.caesarpark.com.tw/

「特別な想いの母娘台湾旅行」第1回目
「特別な想いの母娘台湾旅行」第2回目
「特別な想いの母娘台湾旅行」第3回目
「特別な想いの母娘台湾旅行」第4回目

この記事を書いたライター

1961年2月4日生まれ、水瓶座O型。料理研究家。ハワイ、バリ、タヒチなどのアイランド料理研究家でもある。TV、ラジオなどメディアでの情報発信、ケータリングなど、食に関して幅広く活躍中。著書に『ハワイごはん』『湘南ごはん』『海ごはん』『ホノルル食堂』など。オフィシャルホームページ「ALOHA DELI

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事