この春、ハリウッドのメイクアップトレンドは“目の下ハイライト”

いまハリウッドセレブの間で人気なのが、目の下にシアー感たっぷりのアイシャドウをハイライト代わりに入れること。日本ではすでにメジャーな、いわゆる「涙袋」のメイクアップですが、ハリウッドでは新しい流行として、にわかに注目されています。その理由が、目元をもっとパッチリ華やかに見せるから、というのは日本と同じ。とにかく目の下を明るく、ぷっくり見せるメイクが主流な日本と違うのは、ダークカラーやパステルカラーなども駆使して、あくまでもさりげなく仕上げるところ。よく見てみないと気づかないけれど、ひとたび意識し始めると、どのセレブリティも最近の目元メイクは皆そのようになっているみたい?!今回は、写真とともにそのテクニックを検証してみましょう。

ケンダル・ジェンナー

Ovidiu Hrubaru / Shutterstock.com

Ovidiu Hrubaru / Shutterstock.com

目頭にはハイライトを入れ、そこから目尻にかけて、ゴールド→ダークブラウンとグラデーションにした目の下メイクアップ。華やかながら、派手になり過ぎない上品な目元が完成します。

ジジ・ハディッド

Tinseltown / Shutterstock.com

Tinseltown / Shutterstock.com

こちらも目頭にはハイライトを入れながら、目の際から涙袋全体にまぶたと同じピンクブラウンのアイシャドウをのせて、目元を強調。さらに涙袋の中央にさりげなくハイライトを足して、立体感を出しています。

マンディ・ムーア

Helga Esteb / Shutterstock.com

Helga Esteb / Shutterstock.com

細かいパール入りのシャドウを使って、目の下にナチュラルなツヤ感を演出。ほとんど色味はないものの、この一手間で、目をうるっと若々しく見せてくれます。

ブレイク・ライブリー

Helga Esteb / Shutterstock.com

Helga Esteb / Shutterstock.com

まぶたと同じオレンジのアイシャドウを、そのまま目の下にもオン。アイライナーを使うのと違って、やわらかい印象になる囲みメイクです。明るい色のアイシャドウは、目の下ハイライトにも使える便利なアイテム。

エマ・ストーン

Helga Esteb / Shutterstock.com

Helga Esteb / Shutterstock.com

あえてまぶたのアイシャドウと色味の異なる、パーリーなローズゴールドを目の下ハイライトに使用。春夏にぴったりのカラフルな目元に。

このように、目の下のメイクアップにのみ注目しただけでも、バラエティ豊か。すでに手持ちのアイシャドウやハイライトを流用して、真似できそうなテクニックが多いので、気軽に挑戦できそうですね。次第に暖かなくなり、気分も高揚するこの季節、普段のメイクをさらに華やかにするために、ぜひ参考にしてみて下さい。

参考

https://www.yahoo.com/beauty/l-obsessed-brassy-undereye-why-173000465.html

この記事を書いたライター

Writer

東京・LAでの出版社勤務ののち、フリーランスのライターに。中米コスタリカの常夏ビーチリゾート地でのスペイン語学習+バケーション+時々仕事の生活を経て、再びLAにて活動中。屋外ワークアウトが最近のお気に入り。ハイキングや公園&ビーチヨガをリフレッシュと体型維持のために続けています。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事