セレブも大好き!暗闇で行う新感覚フィットネス「Soul Cycle」レポ

新語を生むジム

新しい言葉は毎日生まれ、言葉の新しい意味も日々生まれていきます。最近LA(ロサンゼルス)の一部で熱心に囁かれているのが”add a touch” や”tap back” 、また “do a double”などの言葉。ロサンゼルスの新聞『L.A. Times』でも取り上げられたこれらの言い回しはSoul Cycle(ソウルサイクル)というジムで使われているものです。

CIMG5343

Soul Cycle(ソウルサイクル)とは?

Soul Cycleは「スピニング」というサイクリングマシンを使ったエクササイズ専用のジムです。足をくるくると高速で回す(=スピンする)ので「スピニング」というのですね。単なるスピニングのクラスであれば、通常のジムにもあるのですが、このSoul Cycleは独特の魅力を持ち「やめられないんだ!」と中毒気味になっているセレブも多い模様。

Andrea Raffin / Shutterstock.com

Andrea Raffin / Shutterstock.com

s_bukley / Shutterstock.com

s_bukley / Shutterstock.com

ジェイク・ギレンホール、ジェシカ・アルバ、ブルック・シールズ、クリントン元大統領、その他多くのセレブが一般人に混ざって汗を流しているとのこと。

NY(ニューヨーク)はマンハッタンのアッパーウェストサイドにオープンし、その後、高級スポーツジムEquinoxと提携して、これまでNYエリアだけにあったこのジムが、LAに上陸したのを皮切りに続々と店舗展開し続けてきました。Soul CycleはLAエリアに数点あり、常に注目を浴びています。さあ、いったい何がそんなに特別なのでしょうか?

二人の女性が創設したスピニング専用ジム

Soul Cycleは二人の魅力的な女性によって生み出されました。LAで映画業界のマネジメントをしていたジュリーと、インドや京都などさまざまな土地に滞在していたこともあり、スピリチュアルなことに興味があるエリザベス。忙しい映画業界で働きながら、いつも運動する時間がないと考えていたジュリーは、スピニングが自分のライフスタイルに合っていると思っていました。しかしNYに引っ越した後、自分が求めるようなジムがなかなか見つからないことに気づきました。フィットネス業界に興味があったエリザベスと知り合い、何かをスタートしたいと熱意を持った二人は、単にカロリーを消費してくれるだけではなく、心にも働きかけて、参加した人が楽しく、気持ちよくなれるようなエクササイズを目指してSoul Cycleを始めました。Soul(魂)Cycleという命名にはそんな思いが込められていたのですね。

ソウルサイクル体験

スタジオに早速取材に。LA第一号店として選ばれたウェストハリウッドは以前取材に行ったCRUNCHというジムもあり、他にもセレブが買い物や夜遊びなどでよく目撃されるクールなエリア。ビバリーヒルズとハリウッドの間に位置し「LAのトレンドはここから始まる」といっても過言ではないような土地なのです。

ジムの外観は黄色でPOPなモダンな雰囲気。来ている人も皆オシャレです。

ジムの外観は黄色でPOPなモダンな雰囲気。来ている人も皆オシャレです。

靴はペダルにカチッとハマる専用のものをレンタルました。初回はレンタル無料ですが、2回目以降はレンタルに3ドルずつかかるようです。もちろん自分専用のものを買うことも可能です。

スタジオに足を踏み入れると、そこは……なんと真っ暗!インストラクターの周りに置かれたキャンドルの炎によって、かろうじて、室内の様子がうかがえ、自分のマシンまでたどり着くことができましたが。音楽が大音量でガンガンに鳴り響くという、なんとも独特な空間になっています。このアロマキャンドルは色がSoul Cycleの黄色であるのみならず、なんとグレープフルーツの香りがついたアロマキャンドルでもあるのです!そのせいか通常のジムとは全く異なる、さわやかな香りがほのかに漂っています。また暗いせいで、あまり周りを気にせずに自分の動きに集中することができました。

室内での写真撮影が禁止でしたので、こちらはプレス用に頂いたエクササイズ中のイメージ写真です。実際はもっと薄暗く、なんとも言えない雰囲気です

室内での写真撮影が禁止でしたので、こちらはプレス用のイメージ写真です。実際はもっと薄暗く、不思議な雰囲気です

「もっと速く、もっと速く、もっと速く!!」駆り立てるようなインストラクターの声に合わせてペダルを漕いで回していきます。

ソウルサイクルで採用されているスピニング用のマシンは、一度回転が速くなると、そこで足の力を抜こうとしても、一定の速度で周り続け、しかも靴がペダルと一体化しているため、足を止めて休むことができず、一度スピードがあがると否が応でも漕ぎ続けるしかない!という強制サイクリング状態になるのです。

全身から汗が吹き出してきた後は、シートから腰をあげる「Tab back」という動きで足の筋肉を鍛えたり、ペダルを漕ぎながらハンドルに対して腕立て伏せのような動きを行ったり、上半身だけを使って振り付けをしたり、最後には軽め(約450グラム)のウェイトを使って、自転車をこぎながら腕の筋力トレーニングをします。記事の冒頭でご紹介した謎の英単語の数々はこの独特の動きを指す言葉だったのです。

筋トレの専門家からは「この程度の軽い筋トレを取り入れても、筋肉の増強のためには負荷が足りないし、また上半身を動かすことで、自転車漕ぎの動きが鈍ってしまい消費カロリーも落ちてしまう」などと指摘もされているSoul Cycle独特のこの動き。確かに純粋な筋トレとして考えるとやや負荷が足りない気もします。

しかし、個人的にはず~っと同じ動きでサイクリングをし続けると飽きてしまうので、このように「ミニ腕立て」などの動きがプラスされることで集中力が途切れずに続けることができました。また、全ての動きの最中ずっとペダルを漕ぎ続けるため、運動量もものすごい!タオルで拭いても追いつかないほど、汗が吹き出てくるのには驚きました。

「皆、まだ大丈夫~?」
「イエーイ~!」

肉体的にはとても大変なのですが、大音量&暗がりのおかげで何か妙なテンションになっていて、約45分間のセッションを乗り切ることができました。SoulCycleで消費される平均カロリーは450カロリー~700カロリー。消費されただろうなという満足感はもちろんのこと、何より音楽に合わせて踊っているような気分で楽しめました。

インスタラクターのチャーリーさんにインタビュー

セレブも大好き!暗闇で行う新感覚フィットネス「Soul Cycle」レポ

セッションの終わりに、インストラクターのチャーリーさんにお話を伺いました。チャーリーさんはNYのSoul Cycleで教えていましたが、LAスタジオのオープンと同時にこちらに教えに来たそうです。全身引き締まっていてカッコイイ!

–NYとLAでSoul Cycleの雰囲気の違いなどはありますか?

「やはりNYにはもっと強いSoul Cycleコミュニティーがあるわね。NYには今6箇所Soul Cycleがあって、一回あたりの値段もLAよりも高めなのだけれど、それも全部あっというまに満員になってしまいます」

–SoulCycleはセレブにも人気だと聞きました。彼らはやはり別室でプライベートセッションを受けるのでしょうか?
「いえ、セレブも皆に混ざってやっています。多くのセレブリティーがクラスを受けにきましたよ!」

–チャーリーさんの引き締まったボディは、やっぱりSoul Cycleのおかげですか?他に何か運動をされていますか?
「はい。そうです。ヨガもやっていますが、エクササイズはスピニング中心です!」

Soul Cycleは、南カリフォルニアだけでも13店舗。全米で展開しています。日本に進出する日も遠くはないかもしれませんね。常にもっと楽しく、もっとオシャレに進化を続けるフィットネス先進国アメリカのエクササイズ事情。次は一体何が出てくるのでしょう?

参考サイト(英語)

http://www.newbeauty.com/dailybeauty/entry.aspx?id=5959
http://www.soul-cycle.com/

この記事を書いたライター

Editor / Staff Writer

アメリカ発の新しい美容法&美容グッズ好きが高じて、美容製品を日本に紹介するため渡米。趣味はアロマテラピーとサイクリング。精油の自然な香りの魅力とパワーに魅せられています。いつまでも美しくアクティブな女性でいるための秘密を求めて今日も取材に走ります!!

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事