これがビューティーグッズに!?あると便利な意外なアイテム

普段のメイクアップやネイルケアなどに使うグッズには、すでに人それぞれお気に入りがあるかと思います。今回はちょっと視点を変えて、その道のプロが、ビューティーグッズとして使える意外なアイテムの思わぬ使い方を披露。日常に転がっているDIYビューティーのヒントをご紹介します。

シリコンテープ

これがビューティーグッズに!?あると便利な意外なアイテム

シリコン素材のテープは通常、補修や、医療用などに使われているアイテムです。これが活躍するのが、アイラインで目尻の外ハネをひく時。適度な長さに切ったテープを目尻の際に貼り、テープの淵に沿ってアイラインを引きます。テープにはみ出ても大丈夫。少し乾かしてからテープをはがすと、真っ直ぐかつ左右の角度が対称のきれいなラインを引くことができます。テープの角度は、下まつ毛の際から目尻、こめかみに向かって貼るイメージ。セロテープなど他のテープでも代用できますが、このシリコンタイプの方がはがす時に肌に優しいのです。
(コスメブランドMAC Cosmeticsのメイクアップアーティスト、クリスチャン・シリアーノさん)

パンチ穴補強シール

これがビューティーグッズに!?あると便利な意外なアイテム

これは、学生の頃に使っていた人も多いのではないでしょうか。ルーズリーフや穴開けパンチで作った穴を補強するシールです。実はこれが、フレンチネイルを作るのにピッタリのサイズ感。シールをネイルの幅より少し長めにカットしてネイルに貼り、爪の先からシール部分までをネイルカラーで塗ります。半乾きの状態でシールをゆっくりはがすと、完璧なラウンドのフレンチネイルが完成します。
(ネイルブランドZoyaのネイリスト、サンシャイン・アウティングさん)

べビーワイプ(赤ちゃんのお尻拭き)

これがビューティーグッズに!?あると便利な意外なアイテム

保湿力があり低刺激のベビーワイプは、足と手の指先のケアに大活躍。まずは、足と手の指先を拭いて、うるおいを保ちつつクレンジングします。キューティクルオイルを塗ってマッサージをした後、またワイプで軽く拭くと、みずみずしい肌感を得られます。
(ネイルブランドMorgan Taylorのネイリスト、ジーナ・エドワーズさん)

ツイーザー(毛抜き)

これがビューティーグッズに!?あると便利な意外なアイテム

メイク道具としては必需品のアイテムですが、ここでは別の使い方をご紹介。いつもより凝ったヘアスタイルに挑戦している時、途中でヘアピンを指すところを間違えてしまった。やっと完成したヘアスタイルだけど、ちょっとだけお直ししたい。でも、ヘアピンをうまく引き抜かないと、髪の毛がついてきてスタイル全体が崩れてしまう……。なんてこともあるのではないでしょうか。それを解消するのが、このツイーザー。ヘアピンを1本ずつきれいに抜き取るのにピッタリなのです。ヘアピンまわりの髪を軽く押さえて、ピンの刺さっている角度に合わせてシュッと抜き取ります。
(ヘアケアブランドCatwalk by TIGIのクリエイティブディレクター、トーマス・オズボーンさん)

いかがでしたでしょうか?余談ですが、乾燥肌の気になる私は、サランラップをリップマスクに代用したり、オーガニックコットンのフェイスタオルを濡らしてサランラップで巻いてレンジで温めたフェイスマスクを、スキンケアの前に使用するなど、保湿に効きそうなビューティーDIYをいろいろと実践しています。なにより重要なのは、自分に合うかどうかということ。求めている効果に合わせて、手持ちの日用品を使ったオリジナルの方法を発掘するのも楽しいかもしれません。

参考

16 Weird Items You Should Have in Your Makeup Bag
http://www.popsugar.com/beauty/Weird-Beauty-Tools-38400693#photo-38400693

この記事を書いたライター

Writer

東京・LAでの出版社勤務ののち、フリーランスのライターに。中米コスタリカの常夏ビーチリゾート地でのスペイン語学習+バケーション+時々仕事の生活を経て、再びLAにて活動中。屋外ワークアウトが最近のお気に入り。ハイキングや公園&ビーチヨガをリフレッシュと体型維持のために続けています。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事