2018年に行きたい!セリカのハワイ旅行

こんにちは、ハワイ・アイランド料理研究家の藤沢セリカです。

私に力と安らぎを与えてくれる特別な場所「ハワイ」。年に2回は足を運びますが、今度の旅はいつもと大きく異なります。最大イベントは一人息子のウェディング!さらに彼のおばあちゃん、『特別な想いの母娘台湾旅行』にてお伝えした、 82歳の私の母も連れて行くという大胆な旅行を敢行しました。もちろん、ハワイのクリスマスから新しいスポット、スイーツやレストランも併せてたっぷりとご紹介します 。こちらは『2018年に行きたい!藤沢セリカのハワイ旅行』と題したシリーズの中編。これを読めば、2018年のハワイ旅行は万全です!

発見!オシャレなレストランのおいしいイッピン

おいしいものは数多くありますが、「オシャレ」というキーワードも含まれると、なかなか見つけるのも難しいですよね。私の旅行記らしからぬオシャレ路線のレストランも攻めてみました!

オーガニックカフェ「ARVO(アーヴォ)」

まずは、カカアコで大人気、オーストラリアンスタイルのオーガニックカフェ「ARVO(アーヴォ)」。オープンテラスがなんともオシャレで、訪れる人も店に負けずに素敵。ここは食べることができる花を使ったオープンサンドが人気。日本の芸能人もたくさんインスタアップしているそうです。女子の心をくすぐる盛りつけも含め、食べてキレイになる雰囲気がいっぱいです。

店名のサインも外観もオシャレ(左)。薄いカンパーニュにクリームチーズ、ルッコラ、サーモンをのせた一品(右)。

オーシャンフロントのレストラン「Michel’s(ミッシェルズ)」

記念日に行きたいゴージャスなレストラン「Michel’s(ミッシェルズ)」。ミッシェルズはオーシャンフロントでサンセットを楽しめるレストラン。解放感があり、静かな大人のハワイを感じられるお店です。ロケーションがロマンチックなので、大切な人と行きたいですね。

開放感のある店内(右)。上品なハワイアンプティング(左)は、甘過ぎずあっさりしたデザート。

http://michelshawaii.com/

フュージョン料理のレストラン「THE PIG AND THE LADY(ザ・ピッグ・アンド・ザ・レディー)」

チャイナタウンとダウンタウンの境目辺りにある「THE PIG AND THE LADY(ザ・ピッグ・アンド・ザ・レディー)」はフレンチとベトナム、タイをフュージョンした料理を出す店。入口はハワイでは一般的な定食屋さんのような店構えですが、扉を開ければ、まるで都会のバーのような空間が広がる不思議な店内。ベトナム料理のフォーが有名ですが、他の店とは一味違い、なんともクセになる美味しさ。

店構えと店内のイメージが違います(左・中)!グリーンカレー味のフォー。麺の太さが絶妙で、辛さもさほどなく、ココナッツの風味が効いて美味しいです(右)。

http://thepigandthelady.com/

名物料理がおすすめ!スポーツバー「Yard Houses(ヤードハウス)」

ワイキキのビーチウォークにあるスポーツバー「Yard Houses(ヤードハウス)」の名物は、ポケナチョス。揚げたてのトルティーヤにポケとピリ辛のハラペーニョをトッピングしたビールに合う一品。ビールを何杯でも飲めてしまいそうな歯止めの効かないおつまみです。

2018年に行きたい!セリカのハワイ旅行

http://www.yardhouse.com/locations/hi/honolulu/waikiki-waikiki-beach-walk/8316

無国籍料理が絶品「Tommy Bahama Restaurant, Bar (トミーバハマレストランバー)」

今回の大ヒットはおなじみ「Tommy Bahama Restaurant, Bar (トミーバハマレストランバー)」。ビーチウォークの入り口付近、ハードロックカフェの隣にあるトミーバハマストアの屋上にあるレストラン&バーは、シチュエーションがとてもステキで料理も素晴らしかったです。トミーバハマといえば、大人のリゾートをテーマにウエア―から雑貨まで展開しているブランドですが、レストランもそのイメージ通りに作り込まれています。ワイキキ店は一部に白砂を敷いて、ビーチバーを演出していますが、なによりも無国籍風なお料理が素晴らしいのです。アジアンテイストを取り入れた新しいハワイアンキュイジーヌで、生の魚(ポケなど)の扱いも一級。ワイキキの雰囲気を、おいしい料理で楽しみたい方にはおすすめです。

ポケもさることながら、下のキャベツのマリネがマグロを引き立て美味しいポケタコス(左)。グリーンカレー風味のホタテとエビのソテーは中央のジャスミンライスが香り高く、食をそそります(中)。ベビーバックリブはグアバで味付けされた珍しい一品。柔らかくてとろける食感がたまりません(右)!

ロイヤルハワイアンホテルのマイタイ

やはりハワイといえば「マイタイバー」ですよね。ピンクパレス(ロイヤルハワイアンホテル)のビーチフロントにあるバーで飲むマイタイは格別です。思いっ切り酔ってしまいましょう!

ビーチ沿いで飲むマイタイは格別!

https://www.royal-hawaiian.com

ここ数年のマイブームは「ハワイの火鍋」

ハワイの伝統料理店を探し食してきましたが、「こんなに美味しいものがあるなんて‼︎」と目からうろこが落ちた火鍋を紹介します。「Little Sheep Mongolian Hot Pot Honolulu(リトルシープモンゴリアンホットポットホノルル)」、ワードセンター4の2階にある店です。ほとんど日本人観光客が訪れず、ローカルな雰囲気を楽しみたい人にもおすすめです。数年前、最初に現地の友人に誘われたとき、「ハワイで鍋?それはないでしょ?」と思いながらも食べた火鍋が、今や私のハワイの定番になりました。

白湯と火鍋、ハーフ&ハーフが私の定番。広い店内に取り放題の薬味&ソースがあるため、たっぷり入れて頂きます。

基本は食べ放題ですがスープも選べます。スープは薬膳料理で、この調合が出来る人はハワイに一人だけとか。私はいつも二種類のスープにして、肉や野菜を食べたい放題注文します。体は温まるし、疲れも吹き飛びます。現地の友だちは「疲れたり風邪を引いたりしたら、この鍋を食べれば回復する」と言っていました。確かに、食べた後に体が喜んでいるのが実感できます。

https://www.littlesheephotpot.com/

日本食ブームに沸くワイキキの食堂街「ワイキキ横丁」

今どきのワイキキは日本食が大ブーム。焼き鳥屋、寿司屋、ラーメン店などぞくぞくとオープンしているなか、大人気なのは「丸亀製麺」。いつでも行列ができています。その影響を受けてなのでしょうか、「ワイキキショッピングプラザ」の地下1階に、和食店が集まった食堂街「ワイキキ横丁」がオープン。寿司、天ぷら、おにぎり屋さんといろいろありますが、ラーメン屋が一番人気の様子。日本人や現地の方はもちろん、ワイキキに訪れている外国人旅行者も多く参戦しています。私が食べたのは「豚骨火山」の肉みそ野菜ラーメン。日本ではめったにラーメンを食べない私ですが、これは美味しかったです。

肉みそ野菜ラーメンはたっぷり野菜が嬉しい。

https://waikikishoppingplaza.com/

いよいよ次回は「2018年に行きたい!セリカのハワイ旅行」後編です。お楽しみに!

こちらも併せてお読みください。
2018年に行きたい!藤沢セリカのハワイ旅行〈前編〉

この記事を書いたライター

1961年2月4日生まれ、水瓶座O型。料理研究家。ハワイ、バリ、タヒチなどのアイランド料理研究家でもある。TV、ラジオなどメディアでの情報発信、ケータリングなど、食に関して幅広く活躍中。著書に『ハワイごはん』『湘南ごはん』『海ごはん』『ホノルル食堂』など。オフィシャルホームページ「ALOHA DELI

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ビューティー・ライフスタイルの最新記事